mion music school
ボーカル

昨年12月、ミオンミュージック毎年恒例のイベント『クリスマスパーティー&忘年会』が荻窪カフェジュノンにて行われました!


今年はクリスマスパーティーと忘年会、合わせて過去最多の100名の方に参加していただきました!

普段はクラシック、バンド、アコースティックと別々の発表会に出演されている方が一堂に集まる貴重な会となりました。

もちろん演奏以外の楽しい企画も盛りだくさん!ビンゴ大会、プレゼント交換、特製ミオンクリスマスケーキ!

そして!新ボーカル講師、MUTA先生の講師演奏!!!

B’zの「いつかのメリークリスマス」を披露してくれました!

最後はジョンレノンの「Happy Xmas (War Is Over)」を参加者のみなさんで演奏しました!

2019年もたくさんのイベントを計画中ですのでお楽しみに!!


ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

ボーカル

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

いつかライブハウスで歌ってみたい!と憧れているボーカル生徒さんも多いです。
今日はこれからライブハウスに出演したいと思っているボーカルの皆さんに知っておいてほしいライブハウスでのマナーについてお話したいと思います!

 

ライブハウスで歌うなら知っておきたいマナー

ライブハウスに限らず、マイクや本格的な機材を使って歌う会場ならではのマナーがいろいろあります。
マナーをきちんと守ってライブをすることでみんなが気持ちよく、楽しいライブにすることができます!

 

リハーサル時のボーカリストマナー

まずは本番前のリハーサル!
ライブハウスがオープンする前にその日出演する出演者のリハーサルが行なわれます。
そのリハーサルの時に気をつけておきたいことをまとめてみました!

 

ライブハウスには早めに集合

あらかじめ出演者の集合時間が決まっています。
集合時間はリハーサルの時間によって違うため、出演者ごとに違います。

 

ただリハーサル前のウォーミングアップやセッティングの準備などもあるでしょうし、当日電車が遅れたり…なんてこともあります!
ライブハウスには早めに到着するようにしておきましょう!

 

あいさつはしっかりと!

これはライブに限った話でもないですが、ライブハウスに到着したらスタッフさんたちに元気よく挨拶しましょう!
スタッフさんたちは当日、本番の音量調節や照明などあらゆることでお世話になります。
元気よく挨拶した方がお互い気持ち良いスタートが切れますからね!

 

セッティングシートは大きな字で読みやすく!マイク持ち込みならそれもちゃんと書いておく!

リハーサルが始まる前に、事前にその日の構成表(曲順やセッティングなど)を用紙に記入します。
このセッティングシートを元にスタッフさんたちが本番の音響や照明を調整してくれます。
ライブハウスは、いざライブが始まったら客席やPA席は暗いものです。
パッと見で分かるように大きく読みやすい字で記入しましょう!

 

ボーカルマイクの取り扱いに注意!

 

これはリハーサル中に限らずですが、マイクの取り扱いには十分注意しましょう!

 

マイクを叩いたり、息を強く吹きかけたりするのは絶対に止めましょう!
スタッフさんに確認せずに勝手にマイクとケーブルを抜き差しするのもNGです!
マイクが壊れる原因になるためです。

 

マイクの音量が出ているかどうかは実際に声を出して確認し、抜き差しする場合は必ずスタッフさんに確認しましょう!

 

リハーサル中も本番どおりに歌う!

リハーサルをウォーミングアップだと思って軽めに歌うボーカルの方もいますがリハーサルは本番のための音調整の時間です。
本番通りのテンションで、本番通りの音量で歌わないと意味がありません!

 

ウォーミングアップはリハーサルが始まる前に済ませておいてリハーサルは本番どおりに歌いましょう!

 

ライブ本番中のボーカリストマナー

それではライブ本番中のボーカリストマナーについて。

 

飲み物は必ずフタ付きペットボトル!

 

ステージで飲む飲料水について。
いわゆるステージドリンクですね。

 

これは缶やコップではなく、必ずフタ付きのペットボトルにしましょう!
万が一ひっくり返っても大丈夫なようにです。
ライブハウスのステージ上は精密機器や高価な機材だらけ!
水やジュース、お酒などが万が一ひっくり返ったら故障します…!

 

盛り上がったからといって機材を乱暴に扱わない!

 

これもステージドリンクと同じくです。
ライブ本番ともなるとリハーサルよりも盛り上がっちゃいますよね!
いや、盛り上がるのは結構!ウェルカムなんですよ!

 

ただモニタースピーカーに乗ったり、マイクのケーブルを引っ張ったり、機材を乱暴に扱うのはやめましょ〜!
機材は大切に!

 

自分のお客さんには最後までライブを楽しんでもらおう!

ライブや発表会には、自分のお客さん、お友達やご家族を呼んでいたりしますよね!
せっかく来てくれたお客さんには自分の出番だけじゃなくて、その日のライブを最初から最後まで一緒に楽しんでもらいましょう!
その方が終始盛り上がってイベント自体も楽しいものになりますよ!!

 

ライブマナーを守って楽しく歌おう!

楽しくライブしたいじゃないですか!
気持ちよく歌いたいじゃないですか!
そのためのライブマナーです。

 

ライブハウスでのマナーは弾き語りでもバンドでも関係ないです。
今日は特にボーカルの方の目線でライブマナーについて考えてみました。
今日の記事を参考にマナーを守って気持ちよく、楽しくライブをしましょう♪

 

ボーカルレッスン受け放題プランについての詳細やお問い合わせは以下、HPからどうぞ!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

 

 

ボーカル

こんにちは!
最近ハワイに行きたすぎる、東中野ボーカル講師の大平です。


ハワイに行きたすぎて先日、とあるハワイアンカフェに行きました。
そしてその後にはフラダンスを踊りました。
ハワイアンミュージックは心を癒やしてくれます。ハワイアンな休日♪


さて、今月から本格的にミオンのクープカフェにてボーカル受け放題レッスンが開講されます!
新しい生徒さんとの出会いに、私自身もワクワク!

そして、そんなクープカフェで!私、大平は
ミオンベーカリーをはじめることになりました!!!

パン作りは私の趣味!というか特技!
(というか、仕事でした。笑)

今回は特別にパン作りの工程を紹介していきます♪

生地のベースは牛乳多めの白パン寄りにしました。

生地作りからこねこね。
美味しくなれ~とちゃんと心を込めました。
沢山こねればこねるほど、もちもち生地になります。

一次発酵が終わり、
空気を抜いて、作りたいパンの材料を使いながら成形。

この作業がとても楽しいのです!
大好きなチョコパンには、チョコをたーっぷり入れました!!

クープカフェには、
本格的なオーブンとホイロがあるので、出来上がりがワクワク♪
ピアノの小林先生もお手伝いしてくださいました!


焼き上がりました!!!

出来たての美味しさは格別です♪
熱々のパンを黒沼先生と試食。

※チーズ入れすぎて溢れすぎました。笑

出来たパンは、翌日の会議で講師全員で試食会をしました。
一晩経って冷めてもふわふわ美味♪

今回作ったパンたち★
・ソーセージロール
・くるみパン
・チョコパン
・メロンパン
・チーズパン
・プレーンクッキー(メロンパンの余った皮で作りました)

にしむぅ先生、やまやん先生はソーセージロールを激推し!
チーズ命のオカピー先生は、子供のように嬉しそうにチーズパンを頬ばっていました!
他の先生方からも大好評で、試食会ではありましたが朝から幸せな気分になれました。

この日まで、先生方全員に美味しいと思っていただきたく、
味や硬さ、見た目などすべてにおいて失敗しながらも何度も試行錯誤を繰り返しました。
無事に講師全員のハートを掴むことが出来、嬉しい限りです!
音楽もそうだけど、何事も諦めず継続することが大切だと改めて感じました。

教室で入れた本格コーヒーと本当によく合います。
あなたはどのパンが食べたいですか(^^)?

今後、生徒さんも教室でパンが食べられるようになります!
日替わりや、季節限定商品なども開発していきたいと思います。
リクエストも出来る限り受け付けますよー!
講師の名にかけたパンも登場したり♪(例 栗原先生のくりぱん、黒沼先生の黒糖パンとか)

レッスンの前後や合間に、美味しいパンとコーヒー、
癒やしのハワイアンミュージックでほっと一息つきませんか?
音楽ができて、仲間ができて、カフェ利用だってできちゃう!
クープカフェはとっても素敵な場所です♪
音楽好きさん、パン好きさん、大集合!!!

皆様のご来校お待ちしております!!

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

ボーカル

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

先日、ミオンミュージックスクールのクラシック系発表会『クラシカルコンサート』が祖師ヶ谷大蔵のサローネ・フォンタナにて行われました!
私も観に行きましたが生の演奏ってやっぱり良いね!
楽器の響きがダイレクトに耳に入ってきて、とても心地良い素敵な時間でした。

 

さて、皆さんはライブ本番、バッチリ歌えてますか?満足いくステージになっていますか?
本番ってなかなか練習通りにいかなくてもどかしいですよね。

 

ライブを経験したことがある方はご存知かと思いますが本番当日に『リハーサル』やります。
実は本番で納得いく歌が歌えるかどうかはこの『リハーサル』をどう過ごすかで大きく左右されるんです!
今日はボーカリストのためのライブ当日リハーサルのコツをお伝えしたいと思います!

 

ボーカリストにとってリハーサルの重要性とは?

 

ではどうしてライブ本番前にリハーサルをやるのでしょうか?
リハーサルは、演奏者が本番で良い演奏をするため、そしてお客さんも心地よく演奏を聴けるようにするためのサウンドチェックの時間です。
このリハーサルで各楽器の演奏のバランスをとっていきます。

 

「私たち演奏者のためであり、お客さんのためでもある大切な時間」なんです。

 

うまく歌える!リハーサル前後の過ごし方

ではまず、ライブ本番当日の「リハーサル前後」の過ごし方についてです。
こんなこと気をつけると上手くいくよ〜ってことをまとめてみました。

 

リハーサルまでに喉のウォーミングアップは入念に!

 

ライブリハーサルの日は極力、喉を使わないようにしましょう。
喉は消耗品ですので本番前に練習しすぎると疲れちゃいます。
でも、だからといってリハーサルで「いきなり声を出す」のはオススメできません!

 

リハーサルというのは音量バランスを整えたり「本番を想定したリハーサル」ですので本番と同じように歌う必要があります。
その日まったく声を出していないのにいきなり全力で歌ってしまってはそれこそ喉を痛めてしまうだけです。
本番前にしっかりストレッチをしたり発声練習をしたりして十分にウォーミングアップした上で望むようにしましょう。

 

満腹も空腹もNG!

 

満腹だと苦しくて歌えないですよね!

 

満腹で歌うと腹式から胸式呼吸に変わりやすくもなります。

 

そしてボーカリストのやっかいなところは空腹でも上手に歌えなくなるんです!
力が入らないし、集中力もなくなる。

 

このバランスってすごく難しくて、私の周りのボーカリストの方も本番前に唐揚げの入ったおにぎりを一つだけ食べるとか、何も食べないとか。
中にはとんこつラーメンを食べに行く強者もいましたね。笑

 

私もいろいろ試しましたが最近はシュークリームを一ついただきます。笑
とにかくリハーサルや本番前には適度な満腹感をもって臨めるのが望ましいです。

 

歌う前は厳禁!冷たい飲み物はナンセンス!

 

歌う時の飲み物についてはカフェインは良くないとか、ウーロン茶はダメだとかいろいろありますが、一番良くないのは冷たい飲み物!
声を出す時に冷たい飲み物という組み合わせは一番NG!
喉を冷やしながら歌うというのは絶対やめた方がいいです!

 

とはいえ、熱すぎる飲み物も刺激物となり、喉には良くありませんので可能な限り飲み物は「常温の水」にしておくのがベターです。

 

マスクがあれば尚良し!乾燥はボーカリストの大敵!

 

歌う人にとって喉の乾燥は大敵〜!ってこの冬もずいぶん言ってきた気がしますが、本番の会場として考えられるライブハウスや普段の練習で使うリハーサルスタジオなどは防音設備がしっかりしている分、乾燥しやすいです。
本番に限らずですがマスクを活用して喉の湿度を保つように心がけましょう。

 

これでバッチリ!リハーサルのチェックポイント

それでは続いてボーカリストが本番で上手くいくためのリハーサル時のコツについて。

 

楽器演奏はバランス良く聴こえているか。

あなたがバンドで歌っているのでしたら最低ドラム、ベース、ギターが各一人ずついるでしょう。
多ければさらにギターがもう一人いたり、キーボードいたり。

 

メンバーの演奏はバランス良く自分に聴こえていますか?

 


ドラムやベースなどのリズム隊が小さくてよく聴こえなければリズムが取りづらかったり拍がズレたりします。
ギターやキーボードが聴こえにくければ音程が曖昧になってしまいます。
とはいえ大きすぎるのも良くありません。

 

人によって聴力も違うため、歌いやすいバランス、聴き取りやすいバランスというのも十人十色です。
「音量バランス」に気を付けながらリハーサルの経験を積んでいくことで自分なりの歌いやすいバランスが掴めてきます。

 

自分の声の返し(モニター)は適切か。

ボーカリストならば、やはり自分の声の返し(モニター)が適切かどうかリハーサルで十分確認しておきたいですね。
これも前述した通り、聴力や声量も人によって違いますのでバランスに気を付けながらリハーサルの経験を積んでいくのがいいでしょう。

 

自分の声の返し(モニター)が小さくて楽器が大きいと「音程が高く外れる傾向があります」。
逆に自分の声が大きく、楽器があまり聴こえていないと「音程は低く外れる傾向にあります」。
このバランス感覚も注意してリハーサルを経験していけば磨かれていきます。

 

【補足】リハーサルは練習時間ではない!?

本番当日のリハーサルで皆さんよく陥ってしまいがちなのがリハーサル=練習時間になっているという現象です。
リハーサルは「本番前の最終確認」なので練習時間ではないです!

 

前日までにしっかり練習して仕上げる➔リハーサルで整える➔本番は楽しむ!

 

このルーティンを意識して本番までに練習しておきましょう!

 

意外と軽視されがちなリハーサル。
リハーサルは本番前の大事な時間です!

 

皆さんが本番で上手く歌うための大事な最終調整の時間です。
今日挙げたようなリハーサルのコツを押さえて楽しくライブ本番を迎えましょう!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

ボーカル

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

今月はクラシック系発表会『クラシカルコンサート』が開催されます!
アメリカンドラマ「GREE」が大好きでいつもはピアノの弾き語りやバンドで歌っている生徒さんが今回のクラシカルコンサートでは初めて声楽歌唱にチャレンジしたり、もともとボーカルを習っていた小学生の女の子が最近習い始めたピアノで出演されたりと、春らしく皆さんいろいろチャレンジされているので楽しみなのです♪

 

次は4月にアコースティック系発表会『アコースティックスタイル』が開催されます!
場所は音楽の街・下北沢!
コチラも詳細が決まってきて、とっても楽しみです!

 

さてさて、そんな今日はズバリ!

 

『歌が上達するライブ鑑賞のコツ』!

 


歌を上達させるために一生懸命に練習ばかりしてもダメなんですよ!
インプットも大事!
ライブを観るのはCDやiPodで音楽を聴くのとは大違い!
ライブを「目で聴く」ことも大事なんです!
その生の経験が自分の歌にもより良い影響を与えて、さらに深みのある歌が歌えるようになるんです!
歌の上達に繋がるライブ鑑賞の仕方や鑑賞時に意識すると良いことなどを解説していきたいと思います!

 

歌の上達にも効果抜群!ライブ鑑賞のススメ!

 

ライブやコンサートで生の音楽に触れるのはとても良いことです。
自分の歌にも良い影響を与えてくれます。
自分のボイトレの参考になることもたくさんあります!
どんどんライブ鑑賞に出かけましょう!

 

ボイトレに役立つライブ鑑賞の仕方

生のライブって自分が歌うのにも参考になることばかり!
せっかくライブを観るならボイトレにも役立ててほしい!ライブ鑑賞にいってこんなところに注目してほしい、こんなところに気を付けて鑑賞すると自分の歌にも役立つよというポイントを挙げてみます。

 

ボイトレで上達するライブ鑑賞のコツ①歌はやっぱり姿勢!ボーカルの姿勢に注目!

 

やっぱりまず見てほしいのは歌う人(ボーカル)の姿勢!
過去の記事でも何度もしつこく姿勢が大事〜!なんて言ってきましたけどやっぱり上手い人って姿勢から違うんです!
ライブでは歌っている人の姿勢にも注目してみてください。

 

高い音を出す時などの姿勢はもちろんですが、それ以外にも口の開け方表情の作り方といった部分にもたくさんのヒントが隠されています!自分の歌にも参考になることばかりです。

 

ボイトレで上達するライブ鑑賞のコツ②歌のステージパフォーマンスにもヒントが沢山!

 

ライブではやっぱりボーカルは花形!

 

ライブやコンサートはステージパフォーマンスも見どころだと思いますが、このステージでのパフォーマンスにも歌唱のコツが沢山秘められているのです。

 

・腰を落として歌う。

・スピーカーに足をのせて歌う。

・顔をくしゃくしゃにしながら口を大きく開けて歌う。

 

今挙げたようなシーン、よく目にしますよね?
これらはボイトレではお馴染みの「歌うコツ」と共通していますね。
改めて歌が上手なプロの歌唱を見てみるとこれらのパフォーマンス一つひとつも納得の仕草なのです。

 

ボイトレで上達するライブ鑑賞のコツ③MCも盗んじゃえ!ボーカリストが身に付けたいライブの盛り上がる進行の手法も注目!

 

普段、人前で歌ったり、ライブをするという方は曲間のMCにも注目したいものです。
MCの内容やライブの進行の答えは一つじゃありませんがやはりそこはプロ!
お客さんを楽しませる、歌っている自分たちも楽しめる術をたくさん知っています。
歌っていない時間もどのように盛り上げているのか参考にしてほしいところです!

 

ボーカリストがライブ鑑賞する時、こんなところにも注目したい!ライブトラブルの対応術!

 

最後に「ライブは生もの」。
思いもよらないトラブルもライブにはつきものですね。

 

急に音が出なくなったり、マイクがハウリングを起こしたり。
歌詞が飛んで頭が真っ白になることもあるでしょう。

 

それはボイトレに励む皆さんに限った話ではありません。
もちろんプロのライブやコンサートでもトラブルやミスはありえることです。
そんな時でも平然と場を繋げるのもプロの技!

 

もしも自分が観に行ったコンサートでそんなトラブルに出くわしたのならラッキーだと思ってその時ステージでどんなふうに対処するのか注目してみましょう。
これも音楽をやる人ならではのライブやコンサートに行った時の楽しみ方の一つだと思いますよ!

 

プロの演奏を肌で感じよう!ボーカルのスキルもどんどん身につく!

ボイトレに励んでいるとついつい自分の歌にばかり注目しがちです。
でも無我夢中に練習しすぎるとかえってスランプに陥ったり、モチベーションが保てなくなったり。
そんな時にこそ冷静に、そして客観的に上手なボーカリストの歌を直接観たり聴いたりすることも大事なんです。
そうすることで自分の歌との違いにも気付けてまた自分のボイトレにも役立ちます。上達もします。

 

ライブを観るってめちゃくちゃ気持ち良いし、ストレス発散にもなりますしね!
ぜひ積極的にライブやコンサートに足を運んでみてください!

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

ボーカル

こんにちは!ここ最近ボーカルレッスンのハードロック率が高くて暑苦しいのにさらに暑苦しくなってきたボーカル講師の岡田です!
世の中はまだまだ寒いのでオールOKですよね!笑

 

さてさて今日はというと、今日はもう歌の話は一切なし!笑
ボイトレについて知りたい方は過去記事を見てください!(丸投げ)

ボイストレーニングブログはコチラ!

 

それでは今日のテーマです。
今日はボーカリストならば避けて通れない『ライブMC』について。
でも、ライブに限らず人前で喋るのは苦手・・・って方も多いと思います。
そんな私も昔はMCが苦手でした。
今日は堂々と歌の話はノータッチで『MCのコツ』についてお話していきたいと思います!

 

ボーカルとしての『MC』の役割とは?

ところでMCが何の略かご存知ですか?

MCの正式名称は、

『Master of Ceremonies』なんです。

 

つまりもともとは司会とか進行係ということですよね。
その名の通り、ライブでのMCは司会進行です!
会場を盛り上げる大事な役割です!

 

最近のバンド界隈ではボーカルは一切喋らないで他メンバー(ギターやベース、ドラムの人)がMCをするというのも売りにしたバンドも増えてきています。
でもやっぱりボーカルは花形!
しかも弾き語りとか1人でやられている方は必然的に喋らないといけないわけですから結局ボーカルがMCできて損はない!

 

でも冒頭でも話しましたけど意外とボーカルの人って人前で喋るの苦手な人って多いんですよね。笑

 

そんな人前でのMCが苦手な歌うたい達に向けたライブMCのヒントになればと思っています!

 

ライブのMCで話題にした方が良いこと、悪いこと

ライブMCで一番困るのってまず「何を喋ろう?」ってことですよね。
ここではMCの話題にするとハズレない、逆に話題にしない方が良いという代表的な例を挙げてみましょう。

 

ライブMCで話題にすると良いこと

 

まずは話題にすると良い項目を挙げていきましょう。

 

MCテッパンの話題①『曲紹介、選曲理由』

まず困ったらこれですよね。
曲間のMCで次に歌う曲についての紹介は常套手段でもありますが効果的だと思いますよ。
なぜその曲を選んだのか、どんな曲なのか、その曲にまつわるエピソードなど。
事前にお客さんに説明することで歌う曲に真剣に耳を傾けてくれます。
お客さんにしっかり聴いてもらえると歌う側としても「ちゃんと聴いてくれてる」という思いから気持ち良く歌えますよね。

 

MCテッパンの話題②『メンバー紹介しまーす!』

これはグループやバンドなどの場合に限った話ですがメンバー紹介を挟むと会場の緊張感も和んで一気にやりやすくなりますね。
メンバー紹介しながらメンバーとの会話を展開したり、パートごとの演奏を軽く挟んだり。
ステージに動きが出て会場が温まります。

 

MCテッパンの話題③『最近の出来事』

話題に困ったら最近の自分に起こった出来事を話しましょう。

「今日本番前に食べた◯◯ってお店のカレーライスが美味しかった」

とか、

「実は先週◯◯を自分へのご褒美に買っちゃいました!笑」

など内容はなんでもいいんです。

 

自分の話をしてるうちに気持ちも落ち着いてきますし、いつも人前で頭が真っ白になっちゃう!って方はとりあえず最近の出来事を振り返りながらMCに取り入れてみてください。

 

ライブMCで言わない方がいい話題

 

MCの話題に困るのは「正解がない」からということもあるのでしょう。
そうなんです。MCに正解は求めにくくてテンションが低くても話がつまらなくても、キャラクターとして成立する場合もあるんです。
ではMCで話した方が良い話題を考えるより「言わない方が良い」話題を押さえておくという方法はどうですか?
逆にMCで言わない方が良いだろうと思われることはなんでしょうか?
よくライブのMCを聴いていてもったいないなーと思ってしまう瞬間があるので例を挙げてみましょう。

 

MCで話題にしない方がいいこと①『あまり練習してない』

「あまり練習できなかった」
「練習の時間があまり取れなかった」
「メンバーのスケジュールがあまり合わなくて・・・」

これらは気を付けないと言ってしまいがちですよね?

 

演奏を聴く前からこういった発言をしてしまうと演奏をちゃんと聴いてもらえないし、もったいないです。
本番が良い演奏だったかダメだったかは聴いたお客さんに判断してもらえばいいとして練習できなかったとしても口はしない方がいいです。笑

 

MCで話題にしない方がいいこと②『下手くそだけど〜』

「下手くそだけど聴いてくれてありがとう」

「あまり上手じゃないですけど聴いてください」

 

これも言っちゃいそう!笑
でもダメです!我慢してください!
日本には「謙遜」という文化が根強いから仕方がないのかも。笑

 

ステージでは上手か下手かなんてどうでもいいんじゃないかなーと思うんですよ。
下手でも気持ちのこもった歌で聴き惚れてしまうプロのボーカリストさんもいますし、そういう人ってやっぱカッコイイです。

 

一度ステージに立ったら言い訳無用!当たって砕ける!これ大事!笑

 

緊張しやすいボーカルが実践したいMCのための準備

 

人前で喋るのが緊張してしまう人のための下準備について考えてみましょう。

 

MCも含めたリハーサルをする。

発表会に出られる方向けにボーカルレッスンでもやるんですが、登場から最初のMC〜歌い終わり〜退場までをリハーサルします。

多くの方は「歌の上達や出来」に意識を向けていると思いますが「ステージでどう展開するか」の練習も必要です。
これで本番でもずいぶん落ち着いて歌えます!喋れます!

 

台本を作る。

その場のノリで喋る、というのはなかなか慣れていない人にとってはキツイですよね。
だから「どうしても無理!」って人は台本作っちゃえばいいですよ!
曲間でどんなことを話すのか、とかどのタイミングで話すのか。
それを上記で話したように通してリハーサルするんです!
反復あるのみ!

 

友達に盛り上げてもらう。

ライブや発表会にはぜひ積極的にお友達を呼びましょう!
ライブでのMCが一方的なトークになってしまうと緊張も高まり、自分もお客さんも楽しめません。

 

MCでお客さんに問いかける→お客さんとして観に来てくれているお友達が率先して返してくれる。そういう環境はとても心強いです。
そしてノリの良いお友達には事前にどんなMCを振るか伝えておくのもいいでしょう。いわゆる「さくら」ですね。自分のステージ進行を円滑にするとっても大事なことですよ!
たくさんお友達呼びましょう!

 

メンバーに協力してもらう

こちらはバンドさん向け。
やっぱり一人でお客さんに向かうのは難易度高いですよ。笑
メンバーとの会話の中でお客さんも取り込んじゃえば進行がとっても楽だし、スムーズに盛り上がりますよ!

 

今日紹介したMC例はほんの一部!自分らしいMC方法を見つけよう!

今日お話したMCコツもほんの一例に過ぎません。
自分なりの緊張しないMC進行の仕方を見つけてみてください!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

ボーカル

毎日を楽しく過ごすなら、自分に合った趣味を探すことが一番!

 

仕事もプライベートも、どちらもバランス良く充実させることが、毎日の生活を楽しくさせるコツです。休みの日は、前々から計画を立てておいて朝からフル活動!休日のゆったり流れる時間を感じながらも、自分磨きに没頭すれば身も心もリフレッシュ!多少体が疲れていたとしても、充実した時間を過ごすことで何だか心地よい気分になります。

 

男性の趣味として人気の「音楽」、その中でもギターはみんなの憧れの楽器です!

 

学生時代には、部活動やサークルなどでギターを弾いていた方も多いはず。男性に人気ナンバーワンの楽器といえばやっぱりギターですね!その人気の秘密は、どこででも弾ける!という手軽さ、持ち運びやすさ、調整できる適度な音量、手頃なサイズ感、親しみやすさ、様々な演奏スタイルなどなど、キリがないほどギターはとっても魅力的な楽器なんです!

 

「大人になってからでもすぐはじめられる!」ということがポイントです!

 

楽器をはじめるとなると、「やっぱり小さな頃からやっていないと…。」「大人になってからじゃもう遅いよ…。」と思われている方も多いのではないでしょうか?でも、ご安心ください!「弾きたい!」と思ったその日から、誰でも音楽をはじめることができるんです!このことは、ミオンミュージックスクールがたくさんの生徒さんたちが実証してくれています!

 

初心者専用音楽スクール ミオンミュージックにお任せください!

 

ミオンミュージックスクールは、「大人になってゼロから音楽にチャレンジする!」という方がたくさん通っていただいています。上達に必要な課題、上達する練習方法、上達する理由などすべてミオンの講師が熟知していることはもちろん、音楽の楽しみ方、音楽で感動体験、音楽で毎日が充実、仲間との出会いなど、生徒さん一人ひとりが「音楽をはじめて良かった!」と思っていただけるように、日頃から心を込めてレッスンしております。「そんなことは言ってもやっぱり…。」と不安に感じられている方は、まず一度教室に来てミオン講師に話を聞かせてください。そして、あなたが音楽を心から楽しめるまで、とことんサポートさせていただきます!

 

【オマケ】ミオン漫画劇場〜大人になってからもう一度

 

初心者専用音楽教室
音楽を楽しく学ぶならミオンミュージックスクールへ

 

ボーカル

ミオンミュージックスクールは、東中野と下北沢に教室を構え、
生徒や地域の方たちに支えられながら、創立15周年を迎えました。

 

一人ひとりの好みに合わせた丁寧なオーダーメイドレッスン、音楽をより深く学べる本格的なアンサンブルレッスン、生徒たちと共に創り上げる感動的なステージなど、様々な角度から音楽を学ぶことができる伝統と実績のあるミュージックスクールです。豊かな感性と好奇心に溢れた幼少期〜高校生の時期こそ、良い環境で音楽と出会い、本物の感動体験を積み重ねることで、知と情をバランスよく成長させることができます。

 

私たち講師陣もチーム力を活かし、新しい世代の子たちがワクワクするような斬新な取り組みやレッスンを行うために、日頃から新しい情報やアイディアを積極的に取り入れ、定期的に全講師内で共有しています。
ミオンミュージックスクールは「音楽をとことん楽しむスペシャリスト」の集まりです。音楽のことなら、ミオンミュージックスクールにお任せください。

 

◆音楽を学ぶことのメリット                    

 

勉強と音楽をバランス良く学ぶことを意識したレッスン

レッスンは、基礎〜実践〜応用など、バランスよく行います。各テーマごとに何が重要なことかをよく考え理解することで、限られた時間の中で効率よく学べるようになります。

 

目標を持って、計画的に学ぶ習慣が身につく

課題を一つひとつクリアしていく喜びを感じながら、目標(発表会)に向かって計画的に学んでことで、日々の勉強のやり方も変わっていきます。

 

小さなことを積み重ねる大切さを学ぶ

楽器を習得するためには、小さな練習の積み重ねが必要になります。このトレーニング方法さえ身につけてしまえば、夢は必ず実現できます。

 

大好きな音楽に夢中になる

音楽が創り上げる世界観がイマジネーションを刺激し、柔軟な発想力、鋭い感性が身についていきます。

 

◆学校以外にコミュニティーがあることのメリット           

幅広い年代の人との交流

当スクールは、3〜80歳の方まで幅広い年齢層の方に通っていただいおり、音楽が大好きな者同士で楽しく盛り上がれるイベントやコミュニティーがあります。

 

人生の先輩との貴重な経験

様々な年代の方と演奏する機会があり、それぞれの人の立場に立って考え、お互いの良い面を活かし合いながら共に成長することができます。

 

アンサンブルでコミュニケーション能力を高める

音楽はまるで対話するかのように、相手のことを考えながら演奏していきます。メンバー同士でよく話し合い、力を合わせて一つの大きな音楽を創り上げていくのです。

 

学生アンサンブル、学生イベントが熱い!

大人になる一歩手前の年代は、体力もあり、感受性も豊かで無限の可能性に満ちて溢れています。当スクールでは、この若い世代の子たちのヤル気を大切にし、全力でサポートします。

 

◆ミオンミュージックスクールならではの特徴

     

レッスン>

・初心者専用の音楽スクールだから、これからはじめる方も安心です。
・一人ひとりに合わせたレッスンで効率よく上達できます。
・レッスンは、基礎〜実践〜応用などバランスよく行っていきます。
・一つひとつ課題をクリアしていく喜びが、基礎力を高めます。
・目標に向かって計画的に学ぶ習慣で、学校の勉強方法まで変わります。

 

<アンサンブル>

・アンサンブルを学ぶことで、コミュニケーション能力が上がります。
・ご家族で音楽をはじめ、音楽がコミュニケーションツールとなります。
・様々な年代の方と一緒に学ぶことで、柔軟な思考力が身につきます。

 

<イベント>

・生涯の糧となるような貴重な音楽体験を経験することができます。
・学生限定のイベントを開催することで、よりチーム力が高まります。
・音楽合宿で出会った仲間たちと共に、様々な感動を体験できます。

 

レッスン費用について

入学金 6,000円(税抜)

レッスンコース

料金(学生割引)

30分 マンツーマン × 3回

9,000円(税抜)

60分 マンツーマン × 3回

16,000円(税抜)

90分 マンツーマン × 3回

24,000円(税抜)

 

親子限定ペアコース

料金(お一人様)

30分 ペア × 3回

大人 7,500円(税抜)

高校生以下 6,500円(税抜)

 

楽曲提供プロコース

料金

60分 マンツーマン × 3回

25,000円(税抜)

90分 マンツーマン × 3回

33,000円(税抜)

 

アンサンブルレッスンコース

料金

60分〜90分/回
各アンサンブルによって異なります

1,500円(税抜)/月
何回参加しても
固定でおトク


レッスン料のお支払いは、口座振替システムをご利用いただきます。

 

その他の費用について

 

その他の料金

料金

追加レッスン(月1回限り)

※受講されているコース以上の時間を
ご希望の場合はコース変更となります


30分コース 2,000円(税抜)

60分コース 4,000円(税抜)

90分コース 6,000円(税抜)

ユニットレッスン

30分 2,000円(税抜)
※お一人様

バンドスタジオレッスン

120分 10,000円(税抜)

※スタジオ代込み
※バンドごとの料金

発表会などのイベント参加費

2,000〜6,000円(税抜)

 

当スクールでは、クラシック・バンド・アコースティックなど様々なジャンルに対応したイベントを毎月開催していますが、参加に関しましては自由参加となっております。講師と相談しながら、レッスンの進み具合などに応じて、ベストなタイミングでイベントに参加することで、より大きな成果や充実感を得ることができます。

 

◆5つの嬉しいサービス                      

レッスン振替無料

・予約したレッスンを他の日に振替えることができます。
・レッスンを翌月に繰り越すことができます。

レッスンに使用する楽器レンタル無料

・スクール内にある楽器を自由に使用できます。

レッスンルーム使用が無料

・フリースペースや空いたレッスン室で練習できます。

2科目受講でレッスン料が10%OFF

・各楽器の専門家からレッスンを受けるチャンスです。

初回イベント参加を応援

・初参加を応援するイベントは、参加費が2,000円です。

 

教室のとある風景

幼少期の頃から私たちと共に音楽を学んでいた子どもたちは、小学校に上がると日々新しい言葉やコミュニケーション力を身につけ、中学・高校になると勉強や部活動を両立させながら、より真剣に音楽と向き合うようになり、気がつけばすっかり一人前の大人へと成長しています。もちろん、受験で教室をお休みする方もいますが、進学が決まると再び笑顔で「ただいま!」と教室に戻ってきてくれるのです。

 

ミオンミュージックスクールに通っている子どもたちが、こうして音楽やたくさんの人たちと出会いながら、知と情をバランスよく育み、立派に成長してくれることは、私たちにとってもかけがえのない喜びとなります。これからも未来を担う子どもたちに音楽の素晴らしさを伝えながら、子どもたちの笑顔であふれる夢いっぱいの音楽教室づくりを目指してまいります。

 

ミオンミュージックスクール 講師一同

 

初心者専用音楽教室
音楽を楽しく学ぶならミオンミュージックスクールへ

ボーカル

こんにちは!ミオンミュージックスクールのギター講師 黒沼です!
最近は、セブンイレブンに売っている「ジャイアントコーン 赤穂の焼塩✕こしょう味」の歯ごたえにハマっていて、よくガリガリと食べていたりします。

 

 

高田馬場で開催された「アコースティックスタイル」を観に行ってきました!

 

今回アコスタが開催されたライブハウスは、ミオン初の「四谷天窓」でした!
四谷天窓は、その名の通り元々四谷にあったライブハウスです。(2001年にオープン)

そこから2006年に場所を四谷→高田馬場へと、移転リニューアルしました。
このライブハウスの味わいある看板は、山崎まさよし直筆によるものとしても有名です。

キャパこそ50名ほどの小さな空間ではあるが、「このサイズだからこそ伝わる音」があるのではないでしょうか?
写真を見ていただければわかりますが、オーナーさんの「こだわり」でいっぱいの素敵な音楽空間でした!

 

LIVE DETA

■ イベント名 アコースティックスタイル

■ 開催日 2017年4月9日(日)

■ 開催場所 四谷天窓(高田馬場)
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-4-11 BaBa hatch
電話 03-5338-6241
http://otonami.com/yotsuya_top

 

 

子どもや学生、社会人まで!出演してくれたアーティストを紹介!

 

下北沢発!カラオケ部の工夫を凝らしたステージング!

月2回、日曜の夕方に活動するのは、ボーカル講師 岡田勇志 が率いるカラオケ部だ!

毎回ライブでは、作詞、作曲、アレンジなど、メンバーでこだわって作り上げてきたオリジナルソングを披露してくれる!
下北沢でよくある日常、ミオンでよくある日常を綴った歌詞はどれもほっこりするような言葉ばかりで、日頃からの仲の良さを感じさせられる。

しかも今回は、歌やギター以外にもCUPSも取り入れている!
日曜の午後に教室でCUPSを練習していたメンバーたちを私もよく見ていたので、今回観るのを楽しみにしていたものの一つです!

 

ちなみにCUPSは、このような感じでカップでリズムを刻みます!とっても楽しそう!

 

 

エレキギター1本でこれだけ表現できる!ひとりジャンガリアン

下北沢系ロック・バンド、ジャンガリアンハムスターのひとり活動プロジェクト!
ギター1本でこれだけの世界観を表現できるなんて!エフェクターも駆使して、独特なサウンドづくりも印象的でした!

 

 

大人のユニット!人生経験が物を言う、さすがのトーク&演奏!

いやー、本当に実力差を見せつけられました!
会場中が一気に彼らのムードに染まり、終始楽しいステージで盛り上がりました!
大人になればなるほど、人によって音楽表現の振れ幅がすごいです!見ていて本当に楽しい!

 

 

 

日頃からギターにピアノにボーカル!彼女のチャレンジ精神をとことん応援したい!

ミオンミュージックスクールでは、毎月イベント開催するという前代未聞のとんでもない音楽教室ですが(笑)、
このスピード感溢れるミオンイベントにとことん着いてきてくれる生徒さんもいるんです!

見た目は可愛らしい女の子、でも日頃からギター、ピアノ、ボーカルレッスンを熱心に受ける超努力家です!
ミオンのどのイベントにも出演し、回を重ねるごとにメキメキと実力を上げてきています!見ていてただただ感動です!
やっぱり音楽はステージ経験こそ、上達の近道です!それを彼女が証明してくれています!

 

 

ダンスミュージックとロックの融合、シニカルキャバレー!

これまた下北沢系ロック・バンド、ジャンガリアンハムスターのひとり活動プロジェクト!
彼の音楽の世界観を表現するのはバンドだけじゃない!たったひとりでバンドには表現できない新しい音楽の探究心がファンのハートをつかむ!

 

 

えっ?!井上陽水の名曲がダンスミュージックに一変?!

ミオンで昭和の名曲の数々を歌わせたら、彼の右に出る者はいない!
そんな彼とシニカルキャバレーが夢のコラボレーションを実現!
ちょっと待ってよ、そんな展開?!ひゃっほー!最高じゃん!
彼らの音楽は、ぜひライブ会場で直接見聞きしてほしい!次の作品にも期待!

 

 

四谷天窓、カレーライスあります!

四谷天窓には、フードメニューも充実されていました!
音楽やってる者にはカレー好きが多いということで有名だが、まさか今日も最高にカッコイイ音楽聴きながら食べれるなんて?!

 

 

なんと?!エレキギターでバック・トゥ・ザ・フューチャー!まるでド迫力映画館!

数あるギター教本、曲集が楽器店で売られているが、中でもエレキギターの教本は多彩なジャンルもあって、教則内容が様々な角度で攻めてたりするんです!
リットーミュージックから出版されている「地獄のシリーズ」なんかも有名ですよね!ギターキッズも大喜びする超絶技巧満載の教本です!

そのような数あるエレキギター教本の中には、映画音楽やゲーム音楽、アニメ音楽もよくアレンジされています。
豪華なオーケストラ音楽をバックに、コンチェルト(協奏曲)形式でエレキギター1本で演奏していくのです!
それはもう、映画の世界観そのままの音楽が表現されます!

 

 

クリープハイプ、ミオンでも人気あります!

その名のとおり、尾崎世界観の繰り広げる独特の歌詞の世界観、やみつきになりますね!
楽譜がない曲にも自分で耳コピに挑戦したり、分からない箇所はレッスンで相談したり。
今回は、アコギとエレキユニット用にアレンジして披露してくれました!

 

 

高校生とは思えない超実力派アーティスト!

大人顔負けの演奏、と言ったらもはや失礼かもしれない。
彼の作り上げる音楽は、歌声は、ギターサウンドは、すべてが熱い!そしてすべてが冷静で大人!
ミオンで様々な大人たちと接し、セッションして感じたものは、すべて音楽の糧となり彼を成長させているに違いない。

 

  

 

タッピング系アコースティックギターはご存知?

中川イサトや押尾コータロー、海外ではドン・ロスやアントワンデュフォールなど、アコースティックギターの新しい時代を切り拓いたギタリストたち!
ミオンでもタッピング系の名手といえば、ギター講師 佐藤集平 です! コレ、本当にギター?!本当に一人で演奏しているの?!まさにギターは小さなオーケストラ!

 

 

ミオンのピアノの生徒さんは、様々な演奏スタイルを楽しめることが特徴!

小さな頃にピアノをはじめた方も、学校が忙しくなっていつの間にかピアノから離れてしまったり。。
そんな方も大人になって、「子どもの頃のように打ち込める趣味に出会いたい!」と、再びピアノをはじめてくれたりします。
そして、クラシック以外にも、弾き語りをしてみたり、バンドを組んでみたり、様々なピアノスタイルを楽しんでいます!

 

 

仲間との出会いが新しい音楽との出会い!

レッスンで教室に来ると、顔を合わせて挨拶していただけの仲から、いつの間にかよく話をするようになり、いつの間にか次のライブに一緒に出演するようになってたり?!ミオンでは本当によくある光景です。
普段聴いているお気に入りの音楽を友だちに教えたり、その逆に知らなかった音楽に感動したり!そんな出会いであふれるミオンは、とっても居心地のいい場所なんです!

 

 

子どもたちも大活躍!教室で練習した成果を披露してくれました!

お父さん、お母さんのドキドキが今にも聞こえてきそう!
子どもたちはお父さん、お母さんが心配するほど緊張することもなく、レッスン通りのびのびとした演奏を聴かせてくれるものです!
この日だって、「ボクは歌わない!」と口では言ったって、本番ではちゃんと歌ってくれるんです!
みんな音楽と仲良くしながら、ちゃんとすくすくと育ってますよ!子どもや学生たちから人気のギター講師 ヤマヤヒロユキ にお任せください!

 

 

どんな世代にも愛される最高の遊びは、音楽です!

ライブを聴きにきてくれたお客さんからも、「うわー、懐かしくて最高!」、「ムチャクチャ楽しそうじゃん!」と、いろんな声が聞こえてきました!
やっぱり音楽は時代によっていろんなジャンルがあったとしても、その人それぞれの楽しみ方を見つけ出して、ぐるぐると巡り幅広い世代に愛され続けるんでしょうね!

 



初心者専用音楽教室
ミオンミュージックスクールはこちら

 

ボーカル

こんにちは!ミオンミュージックスクールのギター講師 黒沼です!

 

ミオンで人気のバンドライブ発表会!今からでもエントリー間に合います!

年に2回のバンドのお祭り!ビートエモーションが迫ってまいりました!
ギター・ピアノ・ボーカルなどのジャンル、年代、趣味嗜好を越えたごちゃまぜ音楽フェス!
今人気のバンド、SHISHAMO、back number、Alexandrosはもちろん、
昔熱狂した往年のロックナンバー!、懐かしの昭和ソングまで、
幅広い音楽の演奏をまるごとバンドで楽しめるライブイベントです!

 

ビートエモーション2017

■ 開催日 6月3日(土)10:15-22:15

■ 開催場所 ワイルドサイドトーキョー
〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目34−13 貝塚ビルB1
電話 03-5919-8847
http://ws-tokyo.com/

 

新宿ワイルドサイドトーキョーへの行き方

会場へのアクセスですが、新宿駅から歩くと15分ほどかかりますので、
新宿三丁目駅を利用すれば、C7出口から靖国通り沿いを歩いて5分ほどの距離です。

 

ライブハウスのキャパは、150〜200名です。
煉瓦造りの壁やイラスト、無数のポスターがロック魂をくすぐります!
ステージの高さは少し高めなので、演奏者は気持ちよく演奏できそう!

 

 

このイベントも、もうかれこれ15年間開催され続けている人気イベントですから、
最近では、出演バンドのエントリー枠もあっという間に埋まってしまいます!
出演をご検討されている方は、お申込みはどうぞお早めに!

 

 

ミオン初上陸!新宿ワイルドサイドトーキョーで開催!

生徒さんに朗報!
今回ライブを開催するライブハウスは、新宿のライブハウス、ワイルドサイドトーキョーです!
ミオンでも新宿のライブハウスは初上陸ですね!ワクワク!

私的には、ワイルドサイドと聞いただけでMOTLEY CRUEを連想し、思わずニヤニヤしてしまいますが。(笑)

 

 

中野にあるバンドスタジオ・ベースオントップでバンドレッスン!

ミオンミュージックスクールは個人レッスンだけじゃありません!バンドやアンサンブルのフォローにも力を入れていますよ!
アンサンブルに必要不可欠なバランスの良い音づくりや、楽曲の各セクション解説、各楽器同士でコンビネーション共有、
そして、音が一つにまとまったときの感動まで!やっぱり音楽の楽しさはアンサンブルにあり!アンサンブルのことならミオンにお任せください!

 

スタジオリハーサル開催日

■ 開催日 6月3日(土)10:15-22:15

■ 開催場所 ベースオントップ 中野サンプラザ店
〒164-8512 東京都中野区中野4-1-1 中野サンプラザB1F
電話番号 03-5345-5825
http://bassontop.tokyo.jp/band/nakano/

 

学生バンド〜社会人バンドまで!出演するバンドを紹介!

下北沢で活動する「下北軽音部」の皆さんがライブを盛り上げます!

毎月2回メンバーが集まって、みんなの好きな曲、演奏したい曲を持ち寄って選曲会議!
その後は、みんなで話し合ってパート決め!普段演奏している楽器のパート以外にも、新しいパートにチャレンジしたり!
すべて準備万端で、いよいよ下北沢にあるスタジオで練習!軽音部顧問のヤマヤヒロユキが音楽の楽しさをトコトン教えてくれます!

 

ボーカル科プロコースの方も大活躍!

オリジナル曲でCDリリースしたMUTAさんも、ライブではみんなを圧倒するほどの歌唱力を披露してくれます!
B’zのハイトーンボーカルまでも歌いこなせてしまう実力派ボーカリストです!
しかも、今回は前々から彼の声を気に入っていた方からオファーがあり、実力派同士の夢の共演も実現することとなり必見です!

 

中学生、高校生の学生バンドのフレッシュなサウンド!

教室に通っている生徒さん同士でバンドを組んだりしているのですが、学生たちだけでもバンドを組んでいますよ!
学校は違えどすぐに会話も盛り上がり仲良しになっちゃいます!若者はやっぱり今流行りのバンドなどの話には敏感ですからね!
将来的には、ミオンに集まる学生たちだけでライブを開催したい!という夢もあるんです!

 

学校の友だちとライブ出演もできます!

ミオンに通う生徒さん同士だけでなく、ミオンに通っていない友だちと一緒にいつものバンドメンバーでライブ出演もできるんです!
学生はやっぱり勉強が第一だけど、学校の文化祭だけじゃものたりないもんね!どんどんミオンで息抜きして、学生生活を充実させてください!

 

     

出演者だけでMCを担当することもミオンならでは!

演奏者は表現者!楽器を練習するだけじゃ、面白いライブはできませんよ!
楽曲やバンドの紹介はもちろん、仲間のおもしろエピソードやとっておきの秘話まで?!
ミオンの生徒さん同士のつながりが、こんなときにも発揮するんです!

 

下北沢系ロック・バンド、ジャンガリアンハムスター!

ジャンガリアンハムスターは、ライブの度に新曲が発表され、その披露を楽しみにしているファンも多い!
揺れる!踊る!跳ねる!ジャンガリアンハムスターは、間違いなく正真正銘のライブ・バンドだ!

 

  

ロックのカッコ良さを自分たち流に演出して楽しませてくれる Crazy duck!

布袋寅泰好きが集まって結成されたCrazy duck!
布袋寅泰といえば、伝説のロックバンドBoowyのギタリスト!当然楽曲のカッコ良さもさることながら演奏するのもやっぱり大変!
でも、毎回聴いているお客さんを楽しまてくれる演出に、ファンも急増中!

 

これぞ大人のロック・バンド!

子育ても一段落したところで、同級生で集まってバンドを再結成!大人が本気で遊ぶとは、まさにこういうことを言うのでしょう!
演奏される曲も、80〜90年の黄金ロック期を築き上げた往年の名曲ズラリで、私もドンピシャ!居ても立ってもいられません!(笑)

 

ということで、今回の新宿での初バンドライブは、例年以上に盛り上がりそうですね!
今からワクワクしてきます!

 

 

初心者専用音楽教室
ミオンミュージックスクールはこちら

 

 

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み