mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.03.01

卒業シーズンに歌いたい曲特集

この支配からの卒業を狙っているボーカル講師の岡田です。
東京・東中野と下北沢のミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室

すっかり卒業シーズンですね。今、歌いたい卒業ソングをご紹介!
しかも今日はボイトレ練習曲にもオススメな曲もご紹介!

卒業ソングに悩んだら…絶対ウケる選曲!~男性編~

レミオロメン「3月9日」

 


卒業ソングの大定番!レミオロメンの「3月9日」は普段のボーカルレッスンでもすごく人気が高く、結構な頻度でやってます。
しかも、キーもそこまで高くないため、基礎発声がある程度しっかりしていれば歌えます。
楽器を弾かれる方は弾き語りでもいいでしょうし、カラオケで歌ってもみんな知ってて間違いない選曲ですね。

上手く歌うためのポイントは?

この曲はサビ以外の箇所の音程が低めで推移しています。
そのため、頑張ってちゃんと歌おうとしすぎて力んでしまいがちなのです。
それではせっかく情景描写される素晴らしい物語(歌詞)がまったく耳に入ってきません。
歌うというよりは「語りかける」、つまり言葉を「置きに行く」といいでしょう。
ボイトレに励んでいる人にはありがちですが上手に歌おうなんて一切しなくていいです。
一言一言をしっかり伝えるつもりで歌ってみてください。

ケツメイシ「さくら」

 


こちらも春の定番、ケツメイシ「さくら」です。
この曲の最大の特徴は、90年代後半から徐々に増え始め、現在では当たり前になったポップスとラップの融合です。
サビはみんな知ってるし、すぐに口ずさめてしまうほど耳に残る名曲ですよね。

上手く歌うためのポイントは?

サビは超シンプルなため難易度は低め。しっかり8ビートのノリを出してあげればキマります。
そして曲の大半を占めているラップですが、ラップを普段歌わない方には少々抵抗があるかもしれません。
ただラップというのは本当にリズムありき!音程はずっと同じですがリズムがしっかり出せればそれらしくなるのでしっかり聴いてやってみましょう。
ラップはほとんど日常会話に近い高さでの歌唱のため、「歌おう」とはしないように。
しゃべくり倒す、と表現した方がいいかもしれないですね。
また、ラップが絡む曲のだいたいはそうなのですが、ケツメイシも複数人で重なるように歌っているため、一人で全部歌おうとしないように!
重なるところは誰かと歌ったり、一人で歌う場合はフレーズが重なって歌えない場合はもう重なった一部は歌わなくて良いです。

卒業ソングに悩んだら…絶対ウケる選曲!~女性編~

いきものがかり「Yell」

さあ、ここからは女性編。
まずは、いきものがかりさんの「Yell」。
数々の青春ポップソングを生んできた彼女たち。残念ながら今年から活動休止になりましたが名曲揃いの人気バンド。
いきものがかりの歌を上手に歌いたいという人は多いはず。

上手く歌うためのポイントは?

ボーカルの吉岡さん、最大の特徴はしっかりはっきり、そして明るいパワフルな声。
まずは全体的に母音をはっきり発音し、口の開き方、体の使い方に注意して、教科書通りの複式呼吸で歌いましょう。
あんなにサラリと歌っていますがキー高いです。笑
この高さ、舐めたらいかんです。なんとなく歌っているすべての皆さんにしっかりボイストレーニングしましょうと言いたいです。笑
もともと声が低い方はとにかく基礎発声が身に付いて力みのとれた発声を手に入れて、長い期間をかけて声帯を鍛えることで音域も伸ばしましょう。
そして、もともと声が高い方も声はなんとか出たとして、あんなパワーを保ってあの高さの声を出せる人は女性でも早々いません。

アンジェラ・アキ「手紙~ 拝啓 十五の君へ~」


合唱コンクールにも採用されたアンジェラ・アキさんの「手紙~ 拝啓 十五の君へ~」。
この曲をモチーフに映画化もされたことでも話題になりましたよね。
全編的に語りかけるメロディラインに老若男女問わず、ボーカルレッスンでも人気があります。

上手く歌うためのポイントは?

ここまで難易度もジャンルもバラバラの曲を紹介してきましたがこの曲が最もボイトレの観点からも練習には持ってこいだと思います。
音域の幅もそこまで広くなく、リズムや音程も覚えやすいため、発声が安定していない方の発声練習にも非常に役立つ1曲だと思いますよ。
さて、歌うためのポイントですが全体的に言葉をしっかり伝える心が大切です。丁寧に言葉を発しましょう。
ちょっと最後のサビの前の転調は気をつける必要もあるのでよく音程を確認してから歌いましょう。覚えてしまえばカラオケでも好評の1曲になるでしょう。

卒業ソング、もっとご紹介したいのですがあまりに紹介したい名曲が多すぎるのでひとまず今日はこんなところで。

卒業の時期となると学校のお友達や会社の人たちとカラオケに行くという方も多いのではないでしょうか?自分が自信を持って歌える1曲を手に入れてください。
今日のアドバイスがその参考になればと思います。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み