mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.04.30

表情で歌唱力が変わる。表現力を最大限にするオススメのボーカルテクニック

ボーカル講師の岡田です。



ボイトレに取り組んでいると歌唱力向上に重点を置きがちですが歌と表情の関係性もかなり高いです。
表情がそのまま声に直結します。
表情がいかに歌の表現に影響を与えるか、実践でも使えるボーカルアプローチを交えながら解説していきましょう。

表情で歌が変わる。顔が鳴り方を決める。

表情はどんな声を発するかを決める重要なポイントです。
ギタリストでも「ギターは顔で弾け」と言われることもあるのです。
ということは歌は自分が直接鳴り物なのですから当然、表情で声色は大きく変わるのです。



歌うということを楽器に例えてみよう

歌うということはアコースティックギターに例えられることが多いです。
口の中がアコースティックギターのサウンドホールの役割をしており、どう楽器として鳴らすかを決めています。
当然、口の中が広くなるように大きく開ければ音はより共鳴して大きな声を生み出します。
そしてギターはサウンドホールの真上を弾くのかネック側(ギターの先端)を弾くのか、弾くポジションで音は変わります。



これも同じように声を出す時に「どこに空気を押し当てているか」「どこで鳴らしているか」などいろんな要因が関連して声質は変わっていきます。
これが表情のある歌を歌えるヒントになります。

歌うということを日常会話に置き換えてみよう

歌うことを日常のシーンに置き換えてみましょう。

人の話し声って不思議なものでその時、どんな気持ちなのか声に現れるものなのです。
楽しげに話していたりすると自然と聞こえてくる声は明るくなり、悲しんでいると聞こえてくる声も当然暗くなります。






表情でその人の「声」は大きく変わるのです。

表情筋の使い方でどう歌が変わるのか

表情筋を上げて歌うと、



・声が明るくなる
・クリアではっきりした声になる
・高音が出しやすくなるが、低音は出しにくくなる
・柔らかい印象の声になる

などの変化が起こります。

そして、表情筋を上げずに歌うと、



・声が暗くなる
・音域によってはこもって聴こえる
・高音が出しやすくなるが、低音が出しにくくなる
・硬い印象の声になる

というような声の変化を感じます。
表情を上げるのが必ずしも正しいとは限りません。
場合によります。
歌手の方は、曲調や歌詞、シーンによって使い分けています。
ボイトレを始めたばかり段階では「表情筋をあげよう」とよく言われるのは初心者の方など発声にまだ慣れていない人は意識しないとなかなか表情筋を上げるという動作ができないものなのです。

日常的に生活していると表情筋を上げる状況というのもなかなか少なく、上げていない時の方が圧倒的に多いですからね。

ボイトレ初心者から上級者まで習慣にしたい表情筋トレーニング

表情筋を上げる、柔らかくするトレーニングを積むと表現力が身につく以外にも、

・舌が浮きづらくなるので喉声になりにくくなる
・声の通りが良くなる
・喉が疲れにくくなる
・高音が出しやすくなる

などの良いことが盛りだくさん!
顔回りも所詮、筋肉の固まりですから普段から柔軟にする習慣をつけたいものです。

それでは次に実際にボーカルレッスンなどでも実践している表情筋を柔軟にするトレーニングの一例をお伝えしていきましょう。

簡単で効果的な表情筋トレーニング

①大きく目、鼻、口を開きます。



②次に一気にすぼめます。


③これを1日最低10セットは行なってください。

専門学校などでも行なっているオススメの表情筋トレーニング

この練習は声優さんやアナウンス学校などでの練習にも取り入れられている万能なボイトレ法です。

①顔半分(左右どちらか)の表情筋だけを持ち上げます。



②一度おろして素早くもう片方の表情筋を持ち上げます。



③こちらの練習法も1日最低10セットは行ってください。

発声練習と同じ母音発声を無声で行なう

続いては発声練習で行なう「あーえーいーおーうー」を声を出さずに口の開きだけで再現する練習法です。

①「あ」「え」「い」「お」「う」の順番で声は出さずに口の形だけ再現します。



②この時、目も見開くように。
③各母音の形に移行する時に一つ一つ切らないように「あえいおう」を繋げて1セットで行ないましょう。
④この練習法も1日10セット行なっていただきたいです。

日頃、表情をあげる時というのはパッと思いつく限り、「笑った時」と「あくびをした時」くらいのものでしょう。
改めて口の開き方を意識してしっかり開けるようにしないと、どんどん顔周りの筋肉は固まっていきます。
表情筋が固まると声も固くなり、表現の幅も狭まります。
上手く歌えていてもどこかぎこちなく聴こえる、聴き入れる歌が歌えないという方は特に表情筋の柔軟を意識してみてください。
表情豊かに表現力のある歌声を目指して顔周りの柔軟をする習慣をつけましょう。

東京の初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

ヨガや体幹トレを取り入れた「これが歌の練習?」と思われるようなユニークなボーカルレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み