mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.04.29

これがオススメ!歌うと音程が高く外れる人こそ知っておきたい原因からボイトレ法まで

ボーカル講師の岡田です。

歌っていて音程がなかなか合わないと悩んでいる方は非常に多いです。
ボイトレに興味を持ってミオンミュージックスクールでレッスンを受講されている生徒さんにも音程で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
その中でも今日は具体的に「音程が高く外れる」という方への高く外れる原因を解説し、練習法までをアドバイスしたいと思います!

歌の音程が高く外れる原因

音程が高く外れやすい人にはいくつかの特徴や共通点があります。

音程が高く外れやすい人の特徴

・声が大きい

・声を張り上げるような曲調が好きでそういう曲を歌うと気持ちいい

・高い声で歌いたい、キーの高い曲が好き

・ロックなどの激しいジャンルの歌が好き

・音程が急に下がると音程が取りづらく感じる

・リズムが走りやすい方だ

どうでしょうか?
音程でお悩みの皆さんはいくつ当てはまったでしょうか?

音程を高く外してしまうという方は「高い音を出そう」という気持ちが強すぎて多く息を吐いてしまいがち。
吐く息の量が多くなりすぎて声帯を閉鎖した時に予定の音よりも高く出てしまうというわけです。

それでは次に、音程を合わせるコツと効果的なボイトレ法について解説していきましょう。

歌の音程感を安定させるコツと効果的な練習法

それでは今回は数ある効果的なボイトレ法の中から「音程が高くなりがちな方向け」の練習についてお伝えします。

歌の音程トレーニングはやっぱりハミングが最強



腹式呼吸の練習や歌のウォーミングアップにも用いられるハミング。
ハミングは音程トレーニングに効果的なボイトレ法として知られていますが特に「音程が高くなる人」にはオススメです。
ハミングで歌うと口を開いて歌うよりも音程が取りづらいため正確な音程を身に付けることができます。
そして音程が高く外れてしまうという方の多くが「自分の出している声の音程がよく聴こえていない」という点があります。
これは

前述した音程が高く外れやすい人の特徴にもある「声が大きい人」や「リズムが走りやすい」などの項目を見ていただければ納得ですね。
ハミング発声がオススメの理由は、口を閉じて発声するため「自分の声がよく聴こえる」ということにあります。
冷静に自分の出している音程が聴こえるので鍵盤で正しい音を弾きながら歌う練習をするだけで随分と音程が安定してきますよ。

リラックスするだけで音程は安定する




音程が外れる原因は技術的な面だけに限ったことではありません。
メンタル的な面も影響しています。
音程が高く外れやすい特徴で挙げた「声を張り上げるような曲調が好きでそういう曲を歌うと気持ちいい」や「高い声で歌いたい、キーの高い曲が好き」などに当てはまった方はメンタル的な面が影響している可能性があります。
気持ちが高ぶって興奮したり、逆に緊張したりすることで体がこわばり、顎や首、肩などに力が入ってしまい、音程が高く上ずってしまうのです。
あまり気張らずに、軽快にリズムを取りながらもっと気楽に歌うようにすると良いでしょう。
どうしてもジッと構えて歌ってしまうと力みます。
プロの歌手の方もリズム取ったり、身振り手振りを加えたりして動きをつけることでリラックスしながら歌っているのです。
ボーカルレッスンでよくやる緊張緩和した発声の練習に「首を回しながら歌う」というのがあります。



歌っていて最初に緊張してくるのが首なのでこの練習でリラックスした発声を身に付けてください。

腹式呼吸が出来ていないと音程も安定しない




これはやはり歌を上手に歌うには欠かせないでしょう。
腹式呼吸や正しい発声は身に付いていますか?
基礎が身に付くだけでも音程、リズム、声のニュアンスなど歌全体が安定していきます。

以前紹介した腹式呼吸についてのブログ記事が役に立つと思います。
自分が正しい呼吸や発声が出来ているか参考にしてみてください。
リンク

音程を正確に合わせるのはそもそもとても難しい!

音程が合わないと悩まれている方は多いのですがそりゃ音程合わせて歌っていること自体かなり器用なことをしているんですよ!
音程は音の振動数で決まります。
例えば「hiA(鍵盤でいうとラ)」の音を出す時に声帯は震えてなんと1秒間に440回も振動しています!



そんな精密なコントロールをしていると思うと人間すごいなと思いますが。笑
例えば以下の曲の最高音がその「ラ」なんです。

例)チェリー(スピッツ)



この曲のサビ「愛してるの響き」の「き」がhiA(鍵盤でいうラ)の音になります。
上の動画だと1分6秒当たり。
もちろん曲中に音程は上がったり下がったりどんどん変化していますからその度の声帯の振動数を変えているんです。
人体って不思議ですよねー。笑
正確に音程を取るのは難しいですし、プロの方でも外すことはあります。
今日お伝えしたようなボイトレメニューもやっていただくと少しずつ精度は上がっていきます。
気長にやってみてください。

東京の初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

身体の使い方で本当に歌が上手くなるの?と疑問に思われる方にこそ体感してもらいたい。そんなレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み