mion music school
鼻声

ボーカル講師の岡田です。
歌うと鼻にかかったような声になってします、なぜか声がこもってしまうという方に読んでいただきたいお話です。
鼻声になってしまう自覚はあるし、なんとなく気持ち悪いけどどうすればいいのか分からないとお悩みの方も多いようです。

鼻声って?そして歌声が鼻声になってしまう原因とは

歌うと鼻声になってしまうという方の特徴としては、
・「ま行」や「う」「ん」が詰まって発音しづらい
・言葉が聞き取りづらい
・声量が出ない。声が喉や体にこもって外に気持ちよく出ない、抜けの悪い声になる
・喉声になりやすく、疲れやすい
などが挙げられます。
鼻声になってしまうのは発声自体に原因がある時と、発声以外の要因が絡んでいる場合とがあります。

鼻炎や風邪による鼻声の場合

風邪をひいてしまった時に鼻が詰まってしまった経験は誰でもあると思います。
また慢性的な鼻炎や花粉症などの場合も同様に鼻づまりに悩まされますよね。
そういった症状が出ている時には炎症により、鼻にかかった声になります。
病院などで検査・治療を受けることで鼻づまりは改善、それだけで声の抜けが良くなり、鼻声も改善されることが多いです。
最近では耳鼻咽喉科の中でも声を専門に扱った病院もあります。私のかかりつけの病院もそうです。いざという時のためにかかりつけを見つけておくといいでしょう。

発声が原因で鼻声になっている場合

歌声がこもってしまう、鼻声になってしまう方は何かしらの原因で息の通り道、気道を塞いでいるためにそういった声になっている場合が多いです。
口の開き方、舌の位置、姿勢、顎に力が入っているなど直接的な原因は様々。正しい発声ができているかセルフチェックも必要です。

鼻声改善するためのボイトレ

口の開き方で鼻声改善

まず一番最初に考えられる発声上の原因は口の開き方です。
口の中が狭いためにこもってしまうのが原因です。
vocal046
わかりやすい発声練習としては「あいうえお」の母音での発声。
発音によってそれぞれ正しいフォームというのがありますが、まずはしっかり開けて発声練習をすることです。
そして鏡を見ながら発声練習をしてみましょう。
この母音での発声。
やってみるとわかりますがだいたい人それぞれに癖があって「い」が苦手な人、「お」が苦手な人、いろいろなタイプがあります。
vocal047
vocal048
これは日常生活での会話など、習慣による癖もあるので一概には言えませんがこの母音発声をやると自分でも得意な発音、苦手な発音がわかるので気をつけるようになります。
もし、いつもこもるわけじゃないけど特定の発音でこもるという人にもすごく効果的な練習方法です。

ハミングで鼻腔共鳴を磨く

ハミングはボイトレの定番的な練習方法ですが、このハミングでの練習で一番と言っていいほど大事にしたいのが「鼻腔共鳴」。
vocal049
正しい発声でハミングができてくると、この鼻で響かせる感覚が備わります。
これにより、芯のある抜けの良い声が生まれます。
地道にハミングでのボイトレを続けることで最も鼻声に効果があるといっても過言ではない練習メニューです。

鼻声改善には舌の正しい位置を覚えて鍛える

鼻声やこもる声になってしまった時の口の中の原因で多く挙げられるのが「舌の位置」です。
息や声が出てくる時、口から出る直前で息を塞ぐものというのが舌だからです。
この舌が力んで浮いてしまうことにより、喉が締まった発声やこもった発声になってしまうのです。
まず、基本となる発声時の舌の正しい位置は「下の歯の裏側に添えている程度」と言われています。
これは舌の長さや骨格にもよるので人によって違いますが一つ基準にしてみるといいでしょう。
その位置からブレてしまうと喉も締まり、こもってしまうのですが発声時の緊張などでなかなか位置を安定させるのは大変です。
舌を鍛えることで緊張時も舌が力みにくく、発声はブレにくくなります。
効果的な練習に「舌回し」というのがあります。
唇を閉じたままにします。次に唇と歯の間に舌を通します。
そのまま大きく外周りにゆっくりと回していきます。
何周か回したところで反対周りにもやってみましょう。
顎や首の裏側が痛くなってきませんか?
これは顎などが痛いわけではなくて、「舌根」が疲れてくるからです。
名前の通り舌の根の部分で普段は使っていない舌全体を使うことで鍛えられ、柔軟になります。
この練習は滑舌も良くなり、声の通りも良くなるため、日常的に行なっていただきたいボイトレメニューです。

鼻声改善すれば歌が劇的に変わる

前述した鼻声改善ボイトレ法を実践していただければ確実に鼻声改善していきます。
鼻声が改善することはメリットだらけです。
歌にとってのメリットを挙げると、
・喉声になりにくい
・音程が外れにくい
・高音が出しやすくなる
・声量が上がる
歌に限らず、日常生活においても
・滑舌がよくなる
・日常会話で聞き返されることがなくなる
など、もはや生活が変わるレベルです。
鼻声についての悩みはボイトレ初心者の方に多いですが、
正しい発声で今日お伝えしたようなメニューをこなしていけば確実に改善できます。
気になる方は試してみてください。

 

 

 

 

鼻声

ボーカル講師の岡田です。
vocal07

とても寒い日が続いていますね。
ボイトレに励む皆さんが大変なのは体調管理!
風邪をひいてしまった時に歌って良いのか、歌わないほうがいいのか。
ボーカルレッスンに来られる生徒さんもよくこの点について心配されていますのでいろいろと詳しく解説させていただければと思います。

ボイトレがあるのに風邪をひいてしまった!どうすればいい?

vocal08

人間ですから風邪くらい引きますよね。自分の体調は日々変わっていきます。日頃、私も喉の体調管理が大変です。笑
私も歌の専門家とはいえ、どんなに気をつけても風邪をひいてしまうことはあります。
そんな時に私が実践している対処法をあれこれお話させていただきます。
もちろん以下の対処法、合う合わないもありますので自分で試して合った方法を風邪などの緊急時に試していただければと思います。きっと自分に合ったケア方法があるはずです。

風邪をひいた時のボイトレ法~症状別

vocal09


・喉枯れしているとき

喉が枯れてしまっている時も意外と歌うと声は出ます。ですが喉が枯れている=「炎症を起こしている状態」ですので無理はしないでください。
声帯に負荷のかかる高音域はなるべく避けて自分の出しやすい音程でハミングやリップロールなど、口を開けずに無理なく発声できるボイトレ法を実践してみてください。
風邪をひいている時に無理のない範囲でボイトレをすることで風邪が完治した直後の発声には良い影響が出ることがあります。
風邪のように体調を崩した時に全く歌わないで完治した時に久しぶりに歌ってみると以前より歌えなくなってる…とげんなりした経験はありませんか?
しばらく歌わないというのは歌に関連した部位をまったく使わないということになりますので筋力が衰えて鈍ってしまっている状態になります。
ハミングやリップロールのような、いわゆるウォーミングアップ程度のボイトレは継続しておきましょう。
ただ、この方法での発声も「喉枯れが重度の状態」ではやらないでください。ある程度、症状が緩和してきた頃にやると効果的です。

vocal10


・鼻詰まりがある時

歌う時に鼻詰まりはきついですよねー。苦しくて堪りません。
鼻詰まりは血行を良くすることで改善されます。風邪で鼻詰まりをしてボイトレに臨む際は暖かいタオルなどで鼻を温めたりすると改善されます。即効性もありオススメです。
もし、出来るのであれば「鼻うがい」も一時的に鼻の通りを良くすることができます。
そして、実際に歌っているとある程度、血行も良くなるので鼻の通りは良くなります。
とはいえ、鼻詰まりがあると呼吸が浅くなり、長いスパンで歌うのは大変ですので、1曲を通して歌わず練習曲のサビだけを確認するように練習するなど曲の一部分だけに絞るようにしましょう。
また、風邪が治るまでの間は基礎の発声練習にしっかり取り組むのもオススメです。

風邪を本格的にひいてしまった時にボイトレをするのは有りなのか?休んだほうがいいのか?

風邪をひいてしまい、悪化しているようであればしっかり休みましょう。しっかり食べてしっかり寝ましょう。
そして出来る限り、喉を使わない無声治療が望ましいです。
風邪の治りかけや、ひき始めも同じくしっかり休むことが前提ですが上記でもお話したように症状が軽くなってきたら少しずつ声を出していきましょう。
私もよく風邪をひかれた生徒さんから「今日風邪っぽいのですがボイトレできないでしょうか?」と聞かれますがそんなことはないです。
レッスンに来られて本当に体調がきつそうであれば帰ってゆっくり休んでいただきますが、軽度であれば声を出さずに発声練習や音階練習をする、リズムトレーニングをする、など実はやれることはたくさんあります。
声を出さずに、というのがポイントですよね。例えば発声練習も口パクの要領でこれを出してるフリで息だけ吐きます。体の使い方を確認するように息だけです。
そして同じく音階練習も、鍵盤などで音を出して「声を出しているつもり」で息だけ出します。これでその音程を出す声帯の形や感覚を養うことができます。

今日は風邪をひいてしまった時の対処法に関して考えてみましたがいかがだったでしょうか?
風邪をひいてしまったら、まずは安静が一番です。
歌のエクササイズをするにしても鼻歌程度にしておき、思い切り歌わないこと。
そしてそれ以外はとにかく安静に。
できることなら喉は温め、潤っていることがベストですので温かい飲み物を飲んで回復に努めましょう。一般的に良いとされる生姜湯やはちみつも良いでしょう。
ボイトレにおいて体調管理はとても重要かつ大変ですが対処法を知っているといざという時に治りも早く、落ち着いて対応できていいですね。
自分の体と上手に付き合いながらボイトレに励んでみてください!

 

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み