mion music school
音程

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

音程差があった時って声が震えたり音程がズレたり、なかなか滑らかに歌えないものです。
音程を上手に歌える人には、

・音程を聴き分ける耳

・滑らかに歌うための安定した発声

などいろんな要因があります。

 

今日は根本的に歌う時に気を付けたいポイントと練習の仕方についてお話していきたいと思います!

 

音程を滑らかに歌うたい!ボイトレ時の大事な考え方は?

音程を滑らかに歌うのって難しいですよね!
何回練習してもスムーズに音程を移動できなくて「あ〜」ってなっちゃうじゃないですか。
もしかしたら、それって練習の仕方が良くないのかもしれませんよ?
音程をスムーズに移動させながら歌うためにはコツがあるんです!

 

ボーカル必須テクニック!しゃくりとは?

皆さんはカラオケに行ったら採点機能を使いますか?
カラオケの精密採点にも「しゃくり」というものが出てきますよね?
採点機能ではその曲でしゃくりをした回数が表示されたりします。

 

この「しゃくり」という言葉。
しゃくり上げるという表現からきていると思うのですが、その名の通り、低い音程から高い音程に移行する時に下からしゃくり上げて歌うテクニックのことです。
大げさにやると演歌や民謡でよく使われるこぶしになります。

 

このしゃくりを上手に使うと歌の表現力も豊かに聴こえるのですが使い方にはルールがあるんです!

 

このルールを守ってもらえれば今回のテーマ、「音程を滑らかに歌う」ことに繋がるんです!

 

歌のしゃくりを練習すると高くなる音程も上手に歌えるようになる

しゃくりは基本的に「音程が高くなる時にしか使わない」のです。
音程が下がる時にやってしまうと「音程が上手くとれていないように感じる」という特徴があります。
正確に音程が取れなくなり、よろけてしまった印象になります。

 

逆に音程が下がる時のコツや注意点は?

それでは音程が下がる時に大事にしたい考え方はなんでしょうか?
音程が滑らかに歌えないと感じている方の多くは、この音程が下がった時にそう感じることが多いのではないでしょうか?

 

音程が下がる時のコツですが「高い音程から着地するようにイメージして歌う」とうまくいきます。

 

音程が上がる時はしゃくりでもOK、下がる時はNG!

分かりやすく図にしてみましょう。

 

例えば「ドーミーソーミードー」という音階があります。
これを歌う時に最初の「ドミソ」と上がっていく時には下から上に音程が上がっていくイメージのままで歌ってもらって大丈夫です。
逆に後半の「ソミド」と下がっていく時には「ソ」の音から着地しながら歌うイメージを持っておきましょう。

 

音程を滑らかに歌うための参考イメージ)

1.音程が上がるとき

 

2.音程が下がるとき

 

 

ポルタメントで歌ってみる

音程が上がる時、下がる時にそれぞれ滑らかに歌う練習としてもう一つ効果的な方法があります。
それはポルタメントを練習してみることです。

 

「ポルタメント」とは音と音を素早く移動するのでなく、スライドさせるように徐々に滑らかに目的の音に移動するテクニックです。

 

このポルタメントはボーカルテクニックとしても使われますが、今回は音程と音程の間を滑らかに移動するための声帯のコントロールを身に付ける練習としてやってみましょう!

 

好きな音程を出してください。
続いて声を出したまま次の音階まで移動する練習です。
ピアノなどの鍵盤をお持ちの方はぜひ音を確認しながらやってみましょう!

 

どうですか?
ゆっくりと滑らかに音程を持ち上げるのって結構難しいからサクッとはいかないと思いますが焦らずやってみてください!

 

音階を高くするのはできた!という方は続いて音程が下がる方もやってみましょうか。
さっきの逆ですね。
同じく好きな音程から滑らかに音程を下げていきましょう。

 

ほとんどの人が音程を下げていく方が難しいと感じるでしょう。
音程が下がる時のイメージは「高い音程から着地するように」「上から下の音程に向かっていくように」を意識して練習してくださいね。

 

滑らかに音程を歌えるようになれば歌の幅も広がる!そして楽しい!

ジャンルに限らず、音程を滑らかに歌うのは技術が必要でとても難しいです。
音程差があればなおさら!

 

でも、滑らかに音程を歌えるようになったら今まで以上に歌うことが楽しくなります!

 

音程が上がる時と下がる時では歌う時の意識が違う!これがとても大事なポイントなのでぜひ押さえておいてくださいね!

 

それではまた書きまーす!

 

ボーカルレッスン受け放題プランについての詳細やお問い合わせは以下、HPからどうぞ!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

 

 

音程

ボーカル講師の岡田です。

今日は音程がフラット気味になってしまうという方向けに音程がフラットしてしまう原因と改善するためのボイトレ法について解説していきましょう。
フラット気味に歌うというのは正しい音程より少し低めに歌ってしまうことです。

フラット気味に歌ってしまう方、実は結構多いです。
ボーカルレッスンに通われている生徒さんにもよくあるケースの一つなんです。

フラット気味に歌ってしまうとは?

まず、今回お話するフラット気味の定義ですが、半音階以下の音程のズレを対象としています。

半音階単位でのズレのある方は発声が不安定で音程のコントロールがままならない方か、もしくは音程のズレる箇所が特定のフレーズである場合はそのフレーズを正しく覚えていない可能性があります。
正しい発声を身に付ける、またはフレーズをしっかり覚えることで改善するでしょう。

今日は半音階以下でフラット気味になってしまう方の歌にスポットを当ててお話したいと思います。
半音階以下のズレって自分ではなかなか気付きにくく、周りの人から言われて気付くというパターンが多いんですよねー。
歌っていて「なんだか気持ち悪いなー」と感じてしまう場合は少し疑った方が良いかもしれません。
そういう時は録音して客観的に聴いて確認するようにしましょう。


音程が低くなってしまう原因と改善するためのボイトレ法

音程が微妙に低くなってしまう要因はいくつか考えられます。
よくある原因を改善方法と共に挙げていきましょう。

鼻腔共鳴が出来ていない

鼻に音を当てて響かせる「鼻腔共鳴」というのが出来ていない方というのは正しい音程を歌っているはずなのに少し低くなりがちです。
こういった現象を「ポジションが落ちている」という言い方をします。
理想的な発声というのは出来る限りいつも同じポジションで音を当てるものなのです。

鼻腔共鳴を習得するにはハミングをする習慣をつけよう

ハミングはボイトレにおいて幅広く効果を発揮します。
歌が上手な人はいつも鼻歌を歌っているような印象はありませんか?
ハミングを習慣的に行なうことで音のポジションをキープできるようになります。

口角が上がっていない

歌う時は基本、口角は上げて歌うようにします。
口角を上げずに歌ってしまうと息の通り道が確保できず、息が真っすぐ通り向けることができなくなってしまいます。
そのため頭でイメージしている音程よりも低く出てしまうのです。

口角を上げて歌う習慣をつける

歌う時に口角が上がらず音程が下がってしまう方は普段から上がっていない可能性があります。
しばらくはどんな曲調でも口角を上げて歌うようにしてみてください。
習慣になれば自然と口角の上がった発声になり、音程のズレもなくなってくるでしょう。

間違えて音階を覚えている

もしかすると音階を正確に覚えていないのかもしれません。
ドレミファソラシドは正しく歌えますか?
ドレミファソラシドくらい歌えると思うかもしれませんが意外と正確に歌えないものです。

ドレミファソラシドをガイド無しで正確に歌えるまで練習する

ドレミファソラシドを歌ってみてください。
鍵盤を用意してドレミファソラシドを弾きます。
その後に続いて歌ってみます。
自分では判断を付けにくいと思いますので必ず録音して聴き返してみましょう。
この時に音程が外れる方は音程の外れ方にも癖があることが多いです。
一般的には音が半音階になるミとファ、シとドで外れやすい傾向にありますが外れる音には個人差もあります。
録音して聴いてみて自分が外れやすい音階は間違えて音の距離を覚えてしまっている可能性がありますので重点的に練習しましょう。

しゃくり癖があり、フレーズの頭がフラット気味になる

普段からしゃくり癖がある方は音程が上がりきらずに「音が当たらない」ことが多いです。
正しい発声が出来ていない可能性もあります。

正しい発声を身に付けてしゃくり癖を改善する

音程がフラット気味になる場合は音をしゃくらずに真っ直ぐ性格に音程を歌う癖を付けましょう。
また、発声が安定していないと無意識にしゃくってしまう傾向にあります。
テクニックとして狙ってしゃくっているのなら構いませんが無意識にしゃくってしまっている場合は発声が安定していないでしょう。
発声が不安定で音程がフラットになってしまうようなら正しい発声を身に付けることで改善されます。

今日はフラット気味の発声と改善に向けたポイントについてお話しましたがフラット気味になる原因は一人ひとり違います。
しかし、正しい発声を身に付けて声の安定感を増すことでほぼ解決するようなことばかりです。
自分の発声の癖を知ることで歌上達の近道にもなります。

音程

ボーカル講師の岡田です。

歌っていて音程がなかなか合わないと悩んでいる方は非常に多いです。
ボイトレに興味を持ってミオンミュージックスクールでレッスンを受講されている生徒さんにも音程で悩んでいる方は多くいらっしゃいます。
その中でも今日は具体的に「音程が高く外れる」という方への高く外れる原因を解説し、練習法までをアドバイスしたいと思います!

歌の音程が高く外れる原因

音程が高く外れやすい人にはいくつかの特徴や共通点があります。

音程が高く外れやすい人の特徴

・声が大きい

・声を張り上げるような曲調が好きでそういう曲を歌うと気持ちいい

・高い声で歌いたい、キーの高い曲が好き

・ロックなどの激しいジャンルの歌が好き

・音程が急に下がると音程が取りづらく感じる

・リズムが走りやすい方だ

どうでしょうか?
音程でお悩みの皆さんはいくつ当てはまったでしょうか?

音程を高く外してしまうという方は「高い音を出そう」という気持ちが強すぎて多く息を吐いてしまいがち。
吐く息の量が多くなりすぎて声帯を閉鎖した時に予定の音よりも高く出てしまうというわけです。

それでは次に、音程を合わせるコツと効果的なボイトレ法について解説していきましょう。

歌の音程感を安定させるコツと効果的な練習法

それでは今回は数ある効果的なボイトレ法の中から「音程が高くなりがちな方向け」の練習についてお伝えします。

歌の音程トレーニングはやっぱりハミングが最強



腹式呼吸の練習や歌のウォーミングアップにも用いられるハミング。
ハミングは音程トレーニングに効果的なボイトレ法として知られていますが特に「音程が高くなる人」にはオススメです。
ハミングで歌うと口を開いて歌うよりも音程が取りづらいため正確な音程を身に付けることができます。
そして音程が高く外れてしまうという方の多くが「自分の出している声の音程がよく聴こえていない」という点があります。
これは

前述した音程が高く外れやすい人の特徴にもある「声が大きい人」や「リズムが走りやすい」などの項目を見ていただければ納得ですね。
ハミング発声がオススメの理由は、口を閉じて発声するため「自分の声がよく聴こえる」ということにあります。
冷静に自分の出している音程が聴こえるので鍵盤で正しい音を弾きながら歌う練習をするだけで随分と音程が安定してきますよ。

リラックスするだけで音程は安定する




音程が外れる原因は技術的な面だけに限ったことではありません。
メンタル的な面も影響しています。
音程が高く外れやすい特徴で挙げた「声を張り上げるような曲調が好きでそういう曲を歌うと気持ちいい」や「高い声で歌いたい、キーの高い曲が好き」などに当てはまった方はメンタル的な面が影響している可能性があります。
気持ちが高ぶって興奮したり、逆に緊張したりすることで体がこわばり、顎や首、肩などに力が入ってしまい、音程が高く上ずってしまうのです。
あまり気張らずに、軽快にリズムを取りながらもっと気楽に歌うようにすると良いでしょう。
どうしてもジッと構えて歌ってしまうと力みます。
プロの歌手の方もリズム取ったり、身振り手振りを加えたりして動きをつけることでリラックスしながら歌っているのです。
ボーカルレッスンでよくやる緊張緩和した発声の練習に「首を回しながら歌う」というのがあります。



歌っていて最初に緊張してくるのが首なのでこの練習でリラックスした発声を身に付けてください。

腹式呼吸が出来ていないと音程も安定しない




これはやはり歌を上手に歌うには欠かせないでしょう。
腹式呼吸や正しい発声は身に付いていますか?
基礎が身に付くだけでも音程、リズム、声のニュアンスなど歌全体が安定していきます。

以前紹介した腹式呼吸についてのブログ記事が役に立つと思います。
自分が正しい呼吸や発声が出来ているか参考にしてみてください。
リンク

音程を正確に合わせるのはそもそもとても難しい!

音程が合わないと悩まれている方は多いのですがそりゃ音程合わせて歌っていること自体かなり器用なことをしているんですよ!
音程は音の振動数で決まります。
例えば「hiA(鍵盤でいうとラ)」の音を出す時に声帯は震えてなんと1秒間に440回も振動しています!



そんな精密なコントロールをしていると思うと人間すごいなと思いますが。笑
例えば以下の曲の最高音がその「ラ」なんです。

例)チェリー(スピッツ)



この曲のサビ「愛してるの響き」の「き」がhiA(鍵盤でいうラ)の音になります。
上の動画だと1分6秒当たり。
もちろん曲中に音程は上がったり下がったりどんどん変化していますからその度の声帯の振動数を変えているんです。
人体って不思議ですよねー。笑
正確に音程を取るのは難しいですし、プロの方でも外すことはあります。
今日お伝えしたようなボイトレメニューもやっていただくと少しずつ精度は上がっていきます。
気長にやってみてください。

東京の初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール

音程

オフの前日に食べる辛い物が至福の時。ボーカル講師の岡田です。
今日は単音なら出せるはずなのにメロディを歌っていてとっさに出てくるとなぜか歌えない音程があるという方へ。
この現象はボーカルレッスン中にもよく見受けられます。
改善するための練習法をまずはいくつかご紹介しましょう。


音程は高さで見るな!距離でイメージしよう

vocal028
音程は「低い、高い」と表現します。
素直に高低差(上下)で音程をイメージしていませんか?
メロディの高低差を上下の関係で見てしまうと顎が動いてしまったり肩に力が入ってしまったり、発声は不安定になります。
その発声では、音程差があるフレーズで裏返ってしまったり、ある程度の高さから出しにくくなるものです。
正しい発声方法に「顎をひく」というポイントがありますがこれは気道をしっかり確保して息の流れがブレないために、出したいと思った声を真っ直ぐ出すために必要としていることです。しっかり守りましょう。
vocal029
顎が前に出たり、浮いたりしてしまうと声の通り道がせまくなり、声帯も圧迫するため早くに限界を迎えます。


歌を会話に例えると解決する

では、具体的にどうすればいいのか。
日常会話に置き換えると分かりやすいですよ。例えば誰かと会話をしているとしましょう。
その相手との距離をイメージしてみて声を出してみてください。
距離がものすごく近く、小さな声で話した時は声が「低く」なります。
逆に遠くにいる人を呼ぶ時には声を張ると思いますがこの時、声は「高く」なります。
高低差を滑らかに歌うためにまずシンプルに大事にしたいのは「距離感」なのです。
もし歌う時にこの距離感への意識がまったくなく、同じ距離感で歌っているとしたら日常会話に近い音域でしか正しい発声はできないと思います。


声の高さは息の量で決まる

発声する声の高さを決定する大きなエネルギー源は「呼気」にあります。
おおよそ吐き出す息の量で声の高さが決まってくると言っても過言ではありません。
vocal030
ボイストレーニングの世界で「遠くに向かって歌う」という表現を使うのはそのためです。
遠くに向かって声を出すイメージを持って歌うことで呼気は強くなり、声帯が伸びて振動数が高くなります。振動数が高い=声が高くなる、です。
結果的に出したい高さの声も楽に出るようになります。
「メロディの高低差は距離感で歌う」というイメージがしっかり身につけば今回のような悩みは大抵、解決しますね。
続いては実際に特定の曲を歌う際にチェックしておきたいポイントについてご説明しましょう。


音程が合わない曲を練習する時のボイトレポイント?


①どこのフレーズが合わないのか、正しい音程やリズムはしっかり把握できているか


まず、特定の曲、特定のフレーズの音程が合わない、リズムが合わないという場合は覚えているつもりで曲を正確には覚えていないということが挙げられます。
曲を覚えているはずなのに音程が合わないという方の原因に一番多いのはこれだと思います。
もう一度ゆっくり歌いたい曲のメロディを確認してみましょう。練習してみましょう。
これを改善するための練習法としてはスマホアプリなどを利用することをオススメします。
最近では無料アプリですら、テンポを落としたりキーを変えたりが容易にできるアプリがたくさんあります。
そういったアプリを利用してテンポをグッと落としてゆっくり一緒に歌ってみるというのはいいかもしれません。
一人でやる時にはオススメです。
ボイトレのレッスンに通う方などは先生に聴いてもらえば一発で分かります。


一例としてこういったアプリですね。

Anytune-スローダウン音楽BPM
https://itunes.apple.com/jp/app/anytune-surodaun-yin-lebpm/id415365180?mt=8

 

②歌う音程を合わせるのに目線を変えてみるといい


音程が外れる箇所が具体的に分かってきたらそこのフレーズを歌う際に「目線」の向け方に着目してみるといいでしょう。
音程が高く外れるようであれば視線を少し落としてみましょう。
逆に低くなってしまうようであれば目線を上げてみましょう。
できればこの時、表情も上げ下げできるといいですね。目線をやる先を低く、近くで捉えると音程は低く声量も落ちてきます。目線の先を遠くに持っていくと音程は高く、声量も増していく傾向にあります。
目線は、音程や声量などと密接に繋がっているのです。
よくプロの歌手の方がうつむいてみたり、目線を高く上げてみたり、辺りを見回していたりしますよね。
自分がどんな場所で歌っているのか、どんなシーンで歌っているのかを日頃からイメージしておくと良いです。そのまま声に反映されます。
これは歌の表現力を鍛えるという観点からも目線に気を遣うのは非常に有効だといえます。
曲全体で歌っている場所や聴かせる相手との距離が変わる意識を持てるといいです。
Aメロは適度な距離で語りかけて、Bメロでは狭い部屋で近い距離感で、サビはホールや野外のような広い会場で、など。
コツさえ掴めば距離感を感じて歌うということもそんなに難しいことではないので参考にしながら頑張ってみてください。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み