mion music school
音域

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

先日の音域についての記事、男性編に続いて今日は『女性の音域』についてです。
一般的に男性よりも女性の方が喉声になりやすく、喉を痛めやすいと言われています。

 

・喉を痛めず、楽しく歌うために。

・自分に合ったキーを知るために。

 

今日の記事がボイトレをさらに楽しむためのヒントになればと思います!

 

女性の音域はどのくらいまで出るもの?〜ロック・ポップスの場合〜

 

女性の音域ってどのくらいが目安になると思いますか?
男性編でも触れたように今日は音域の目安をロックやポップスといった多くの人が慣れ親しんでいるジャンルで考えてみました。

 

女性の平均的な地声の音域

それでは女性の地声の音域について。
ここでいう地声とは「話し声のようにはっきりした声」のことを指します。

 

ボイトレでトレーニング中に出す女性の地声の音域目安は、

「mid1F〜hiC#」ほどです。

ただ、実際に歌う時の音域としてはそれよりも狭くなります。

実際に地声で歌うなら「mid1G〜hiC」ほどで考えると良いでしょう。

さらに元々声が低い人はもう少し下げる、元々地声が高い人はもう少し上げるといった具合に調整して自分に合った音域を探っていきましょう。

 

実際に歌唱時に使える平均的な音域の音源を載せておきます。

mid1G〜hiCまでの音程がコチラ!
最初に鳴る音がmid1Gで、最後の音程がhiCになります!

 

女性の平均的なファルセットの音域

それでは次に女性の裏声音域についてです。
ここでいう裏声とは「息抜けの多い声」を指します。

 

地声では高すぎて歌えない高さも裏声では簡単に出せるものです。
(地声とは声帯の使い方が違うためですがこれについては過去の記事をご覧ください)

 

一般的に裏声は地声よりも高い音域になります。
実際に歌う時もそうですね。

 

ボイトレでトレーニングとして出す女性の裏声の音域目安は、

「mid2F〜hiF」ほどです。

こちらも実際に歌う時の音域としてはそれよりも狭くなり、

実際に裏声で歌うなら「hiB〜hiE」ほどで考えると良いでしょう。

 

実際に歌唱時に使える平均的な裏声の音域も音源にしてみました。

hiB〜hiEまでの音程がコチラ!

最初に鳴る音がmid1Gで、最後の音程がhiCになります!

 

女性のボイトレにオススメ!音域別アーティスト

音域別にオススメの練習アーティストをいくつか挙げてみましょう。

 

私は声が低いという女性にもオススメ!練習アーティスト例〜最高音がhiA(ラ)までの曲

 

最高音がhiA(ラ)というと声が低い女性にとっても優しい音域だと思います。
ボイトレの参考にどうぞ〜!

 

松任谷由実
(卒業写真、Hello, my friend、etc)

誰もが知る名曲も多数あり、ファンも多いユーミン。
音程をとるのが難しい曲もたくさんありますがキー自体は低めでとても歌いやすい曲が多いです。
歌いやすい音域でついつい口ずさんでしまうというのも親しまれている理由かもしれませんね!

 

PUFFY
(MOTHER、これが私の生きる道、etc)

私の生徒さんもPUFFYは先日のバンド発表会に向けてレッスンで歌っていたんです!
おかげで聴く機会も増えましたが音域の幅も狭くてとっても歌いやすいです!
初期の曲は特に音程も取りやすいですからボイトレ始めには良いと思います!

 

女性曲の平均的な音域です!オススメの練習アーティスト例〜最高音がhiC(ド)の曲

女性のボイトレでまず目安にするのがこのhiC(ド)という高さなんです。
生徒さんに人気のポップスもだいたいこの高さくらいで作られている曲が多いなーという印象です!

 

いきものがかり
(曲名:ありがとう、さくら、帰りたくなったよ、etc)

カラオケでも常に人気の『いきものがかり』は音程が高い曲から低い曲までさまざまな楽曲があります。
ただ比較的に歌いやすく、女性にはちょうどいい高さの曲もたくさんあります。
上記に挙げた以外にもhiCの高さの曲がたくさんあったのでオススメです!

 

Every Little Thing
(fragile、UNSPEAKABLE、jump、etc)

ELTも時期によって曲の音域が違うものの比較的歌いやすい楽曲が多かったです。
ただデビュー初期の頃の曲はもう少しキーが高くて大変そうな曲もチラホラ。笑
まずは上記に挙げたような曲で練習してみてください〜!

 

aiko
(カブトムシ、蝶々結び、etc)

ミオンの弾き語りやバンドでも人気のaikoさんの曲は素敵な曲がたくさんあるのに関わらず、実際に歌おうと思うとかなり音程取りづらいです。笑
音の高低差が絶妙に取りづらいんです!
ただ音域に限っていえば女性が選ぶ曲としてはとても妥当なラインなのでお好きな方はぜひトライしてみましょう!

 

この音域まで歌えるならもうほとんどの曲を網羅できる!オススメの練習アーティスト例〜最高音がhiD(レ)以上の曲

 

ここからは一般的に女性にとっても高いと言われているアーティストさんのご紹介です!
自信がある方だけチャレンジしてみましょう〜!

 

DREAMS COME TRUE
(曲名:やさしいキスをして、決戦は金曜日、何度でも、etc)

ドリカムの吉田さんに憧れているボーカルの方はとても多いですね。
私も今、『未来予想図Ⅱ』と『大阪LOVER』をレッスン中です。笑
ボーカルの吉田美和さん、ただ音程が高いというだけでなくて音程差があっても声の太さや響きがほとんど変わらないというところがズルいです。
とても勉強になる歌い手さんだと思います!

 

広瀬香美
(曲名:ロマンスの神様、ゲレンデがとけるほど恋したい、etc)

声が高い=広瀬香美さんみたいなところあるじゃないですか!
そして、いまだに冬になると広瀬香美さんの曲のレッスン頻度が上がるという。笑
ヘッドボイスを身につけるのに一番良いアーティストさんだと思いますよ!

 

MISIA
(曲名:Everything、つつみ込むように…、etc)

MISIAさんの曲も今ちょうどボーカルレッスンやってるところです!
この方の曲を上手に歌いこなせるようになるのは大変です!
それはただ音程が高いだけでなく、サビなど最高音が連発するところだと思うんです。
発声はもちろんですがここまでくるとフィジカル!
焦らずじっくりと曲の歌い込みをしていきましょう〜!

 

ボイトレで音域は拡がる!自分の音域と照らし合わせてキー設定をしてみよう!

ボイトレで音域は拡がります!
ただ音域を拡げるためには時間もかかります。
日頃のボイトレが大事なんです!
まずは今日の内容を参考にして、今の自分に合った選曲でボイトレを楽しんでみてください!

 

ボーカルレッスン受け放題プランについての詳細やお問い合わせは以下、HPからどうぞ!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

 

 

音域

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

今週末はとうとうサマキャン!
ミオンミュージックスクールはこれだけ毎月のようにイベントを盛りだくさんでやっていますがミオンのイベントの中でもサマーキャンプは最大のイベントです!

 

サマーキャンプでは普段のレッスンで受けられない特別な講義を用意しているのでもちろん準備も最大級!笑
準備は大変だったけどサマキャン当日のことを考えるとワクワクしてきて楽しかった〜!
参加者の皆さんお楽しみに〜!

 

さて本題ですが、今日は『男性の音域』について考えてみたいと思います。

 

・どこの音程からどのくらいの高さまで歌えるのが平均的なのか?

・自分が歌いたいジャンルの曲の音域はどのくらいなのか?

・自分の音域は低いのか?高いのか?

 

こういった質問をよく受けるので皆さんのボイトレの参考に音域についてお話していきたいと思います!

 

男性の音域はどのくらいまで出るもの?〜ロック・ポップスの場合〜

 

 

女性の音域については後日改めてお話するとして、今日は男性の音域について考えてみましょう!
男性の音域ってどのくらいが目安になると思いますか?
音域についてはとても難しい部分で、ジャンルや曲調によってもずいぶん変わってきます。
今日は音域の目安として『ロック』や『ポップス』といった多くの人が触れたことのあるポピュラーなジャンルを元に考えてみました。

 

男性の平均的な地声の音域

まず男性の地声の音域について。
ここでいう地声とは「話し声のようにはっきりした声」のことを指します。

 

ボーカルの基礎練習で出す男性の地声の音域目安は、

「lowG〜hiA」ほどです。

ただ、実際に歌う時の音域としてはそれよりも狭くなり、

実際に歌うなら「midC〜hiA」ほどで考えると良いでしょう。

そこから元々声が低い人はもう少し下げる、元々地声が高い人はもう少し上げるといった具合に調整すると良いでしょう。

 

実際に歌唱時に使える平均的な音域(地声)の音源を載せておきます。

midC〜hiAまでの音程がコチラ!

最初に鳴る音がmidCで、最後の音程がhiAです!

 

男性の平均的なファルセットの音域

それでは男性が裏声を使った時の音域はどのくらいが目安になるのでしょうか。
ここでいう裏声とは「息抜けの多い声」を指します。

 

地声では高すぎて歌えない高さも裏声では簡単に出せるものです。
(声帯の使い方が違うためですがこれについては過去の記事をご覧ください)

 

裏声は地声より高い音域も歌える発声方法です。

 

ボイトレでトレーニングとして出す男性の裏声の音域目安は、

「midD〜hiD」ほどです。

こちらも実際に歌う時の音域としてはそれよりも狭くなり、

実際に歌うなら「mid2G〜hiD」ほどで考えると良いでしょう。

 

実際に歌唱時に使える平均的な音域(裏声)の音源を載せておきます。

mid2G〜hiDまでの音程がコチラ!

最初に鳴る音がmid2Gで、最後の音程がhiDです!

 

音域別、男性のボイトレにオススメのアーティスト

音域別にオススメの練習曲もいくつか挙げておきましょう。

 

自分は声が低い。これからボイトレを始めるという方に!オススメの練習アーティスト例〜最高音がmid2G(ソ)までの曲

 

近年の曲は全体的にキーが高いです。
まずはもともと声が低くてキーが高い曲は歌えないという方向けにキーが低い曲が多いアーティストをご紹介します!

 

福山雅治
(曲:桜坂、家族になろうよ、HELLO、etc)

声が低い男性は、まず福山雅治さんの曲を練習すると良いと思います。
どの曲も本当に歌いやすい音域で練習曲にもピッタリです!

 

尾崎豊
(曲:I LOVE YOU、OH MY LITTLE GIRL、15の夜、etc)

尾崎豊さんはミオンミュージックスクールの生徒さんの弾き語りでとても人気のアーティストさんです。
尾崎さんの曲は一番高くてもmidGほどなのでとても歌いやすいです。

 

THE YELLOW MONKEY
(曲:LOVE LOVE SHOW、JAM、SPARK、etc)

一度解散して2016年、再結成したことで話題になりましたね。
再結成を機にミオンでもまたレッスンする機会が増えました!笑
ロックバンドの曲ってキーが高いことが多いですがイエモンはカッコよくてキーも低いから最高です!

 

森山直太朗
(曲:さくら(独唱)、生きてることが辛いなら、夏の終わり、etc)

こちらも弾き語りで人気の森山直太朗さん。
声が綺麗で高いイメージがあるかと思いますが実は地声はそこまで高く出さないんです!
裏声を多用する方なので裏声の練習にもオススメです!

 

このくらいの音域まで歌えれば十分歌えるようになってきた証だ!オススメの練習アーティスト例〜最高音がhiA(ラ)の曲

hiAという高さは男性なら大事な基準になる高さです。
一番高い音がhiAという男性曲は世の中に溢れかえっていますから!
その中から一例をご紹介します!

 

徳永英明
(曲:壊れかけのRadio、輝きながら、夢を信じて、etc)

徳永英明さんの曲はカラオケを上達させたいという方をはじめ、多くの生徒さんに人気です。
カバー曲もたくさん出されていますがhiAが最高音の楽曲多数。
ぜひ押さえておきたいアーティストさんです!

 

スピッツ
(曲:空も飛べるはず、君が思い出になる前に、チェリー、etc)

スピッツといえば弾き語りの鉄板ですよね!
スピッツは全体的にキーが高めの曲が多いのですが上記に載せた曲のようにhiAの曲も多いです。
そしてメロディがとてもシンプルなので練習曲にはピッタリ!

 

ELLEGARDEN
(曲:Missing、虹、etc)

エルレ復活が話題になり、復活ライブのチケット倍率は大変なことになっていましたね!
エルレもhiAまでの楽曲が多数あります。
ロック好きなら押さえておきたいところですね!

 

この音域まで歌えるならもう怖いものなし!オススメの練習アーティスト例〜最高音がhiB(シ)、hiC(ド)の曲

 

普通に考えたらhiB、hiCは女性が歌う高さに匹敵します!
ここからは高音に自身がある人だけ読んでください。笑

 

ONE OK ROCK
(曲:The Beginning、Re:makeじぶんROCK、etc)

キー高い、難しい、カッコいいといえば、みんな大好きワンオクですよね!
ワンオクはhiCどころじゃなく、もっと高い曲いっぱいあります。
低くてhiB!笑
これは普通の地声じゃ歌えないのでぜひミックスボイスやヘッドボイスを練習しておきましょう。笑

 

back number
(曲:高嶺の花子さん、青い春、etc)

back numberの楽曲は一見、そこまで高くなさそうに聴こえますが歌ってみると意外と高いんです!
柔らかい声質で歌っているから歌ってみないと分からないものなんでしょうね〜。
良い曲たくさんあるし、高音歌えるようになってきたな〜と思ってきたらぜひチャレンジしてみましょう!

 

秦基博
(曲:鱗、シンクロetc)

こちらも弾き語りで大人気の秦基博さん。
ドラえもんでヒットした「ひまわりの約束」もキーが高めですが秦さんのデビュー初期はもっと歌い方も力強くて、歌おうと思うと大変な楽曲が多いです。
ギターに歌に、トライしてみてください!

 

音域はボイトレで拡がる!

ボイトレで音域は拡がります!
ただ音域自体を拡げるのは時間もかかります。
今の自分の音域で無理のない範囲でボイトレを楽しんでください〜!
次回は女性編も書きますのでお楽しみに!

 

ボーカルレッスン受け放題プランについての詳細やお問い合わせは以下、HPからどうぞ!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

 

 

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み