mion music school
選曲

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

皆さんはボイトレで練習する曲をどのように選んでいますか?
好きな曲を歌いますか?
簡単だと言われている曲を選びますか?
ボイトレで歌う練習曲をどう選ぶかで歌の上達のスピードが全然変わってくるんです!
今日は自分のボイトレでどのように曲を選べばいいのか、選曲のコツをお話したいと思います!

 

ボイトレ、曲選びのポイントは?

いろんなジャンル、たくさんの曲があってボイトレの課題曲選びって迷っちゃいますよね!
今回はボイトレ曲選びのポイントを挙げていきます!

 

歌いたいジャンルから選曲するのが鉄則!

何よりボイトレに使用する練習曲選びで一番大事なことは自分の歌いたいジャンル、好きな音楽ジャンルから選ぶということです!

 

歌上達のためにまずは簡単な曲から・・・といっても音楽の授業で習ったような童謡を歌いますか?
それが歌いたいジャンルならそれで良いのですがやっぱりボイトレするなら楽しいほうが良い!上達に一番大切なのはモチベーションです!
迷ったら好きなジャンルを歌いましょうよ!

 

そしてさらに言うと音楽ジャンルによって歌唱法はまったく違います。
声楽では良いとされている歌唱法もロックなジャンルでは不向きだったりします。

 

音楽ジャンルによる歌唱法の違い一例)

ポップス・ロック=マイクを使った歌唱を前提にしているためはっきりした地声寄りの発声を求められます。音域も高低差があり、広いです。

 

声楽=広い会場で、アンサンブルをバックに歌っても遠くまで生声で響く声が求められます。
「喉は消耗品」という考え方が昔から定着していて練習時間にも制限が設けられることが多いです。

 

R&B=パワフルかつ情感のある歌い方が特徴です。
響きも豊かでなおかつ声質の変わりすぎないはっきりした歌声を求められることが多いです。
ミックスボイスで歌われることが多く、歌唱力を求められるジャンルだと言われています。

 

今挙げたのはほんの一例ですが自分が歌いたいジャンルの中で選曲して、学んだほうが最短で上達できます。

 

音域はちょうど良い?ボイトレ時の音域設定のコツとは?

なんとなくお察しかと思いますがボイトレ練習曲選びでこれもチョー大事!
自分の音域から明らかにかけ離れたキーの曲を選ぶのは危険!
音域はボイトレで鍛えることができますし、正しく練習すれば確実に音域は拡がります。

 

だ・け・ど!

 

音域が拡がるには時間がある程度かかるんです。
「この曲、音程が高すぎて、今は明らかに歌えないけど練習してるうちに出るかも」
なんて甘い考えはやめましょう!
もし、出たとしても無理やり出してしまったりして喉を痛めてしまう場合もあります。
どのくらいの音域の曲が自分のボイトレ曲に適しているのか?

 

練習曲の音域を考えるときに大前提にしていただきたいのが「音階練習でしっかり出せる範囲内で選ぶ」ということです。

 

実際の曲は音階練習よりも複雑なリズム、不規則な音程で作られています。
発声の基礎音階練習で歌えない音域の曲は最初からボイトレ練習曲の候補から外してしまいましょう!
低い声、高い声でしっかり歌えるようになった!音域が拡がった!と自信がついた時にトライしましょう!

 

リズムが難しい曲はOK!テクニック要素が難しい曲は△!

そして音域に続いてですがテクニック的に難易度が高い曲は避けたいです。
これいきなりアバウトで分かりづらいですかね。笑
例えばミックスボイスやビブラートなどの高度なボーカルテクニックを駆使して歌われているような複雑な曲から始めてしまうと長期間かけて練習する羽目になります。
これめっちゃテンション下がります。
最初にも話しましたがモチベーションが大切です!笑
歌はパッションです!
自分の気持ちを大事にしましょう。笑

 

難易度が高く、あらゆるテクニックを駆使しているボーカリストの一例
(例)マイケル・ジャクソンやマライアキャリーetc

 

リズムが多少難しくてもそこは大丈夫です。
リズムはコツを押さえて練習すれば短期間で上達できるので前述した通り、音域が適正であれば大丈夫です。

 

【音域】と同じ理由ですが高度なボーカルテクニックは自由に歌いこなすまでには時間が必要です。
まずは音域が適性で、リズムの理解を深められる曲を選ぶと良いでしょう。

 

ボイトレ課題曲の選び方で大事にしたいこと

ここまでいくつかボイトレ課題曲選びのポイントについてお話してきましたが正直なところ、なんでも良いです!笑
ボイトレを始めるとついつい発声練習に重点を置いてしまいがちですが基礎練習ばかりでなく、実際に『曲を通じて歌を学ぶ』という姿勢を何より大切にしてほしいのです。

 

曲から『特定のポイント(一つ)』だけ学べるということはありません。
歌は音程やリズムだけでなく、とても様々な要素が入り混じって出来上がっています。
どんなに簡単な曲であっても、その練習曲を通じて自分の歌にはいろんな良い影響を与えてくれます。

 

今日の選曲のコツを参考にしてもらいつつ、

①自分の好きなジャンルで、

②無理のない音域で、

③テクニックも複雑すぎない、

そんな曲をボイトレ課題曲を選んで楽しく長くボイトレを続けていってください♫

 

 

ボーカルレッスン受け放題プランについての詳細やお問い合わせは以下、HPからどうぞ!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

 

 

選曲

ボーカル講師の岡田です。
今日はボイトレをこれから始める方に練習曲の選び方についてご紹介。
ボイトレを始めても最初はなかなか発声を意識して歌えない、実際に曲を歌うと発声練習通りにはいかない…そんなボイトレ初心者向けな曲もご紹介します。


ボイトレ初心者、最初は好きな曲を歌えばいい


それでは早速ボイトレを始めるとなると、まずボーカルスクールの体験のレッスンを受けます。
その時、何を歌いますか?
いざ体験レッスンが始まり、歌ってみましょうとなっても「どんな曲を歌えばいいですか?」「皆さんは最初どんな曲を歌いますか?」という質問をされる方も結構いらっしゃいます。
実際にミオンミュージックスクールに来られる方も初心者の方が多く、このケースはすごく多いです。
初めてのボイトレで無理もないですよね。
初心者の方の選曲について私の考えとしては自分が歌いたい曲、歌ってみたいと思っている曲を素直に歌っていただくのが一番良いということです。
vocal043
何故かというと、最初だからこそ普段歌っている曲を、普段聴いている音楽を実際に歌って見せていただいたほうがその人に何が足りないのか、どうすれば歌いたいと思い憧れている曲が気持ち良く歌えるようになるのかが判断しやすいからです。
最初だからこそ素直に歌いたい曲を歌ってください。


ボイトレで歌う曲選びのポイント


ボイトレで歌う曲選びのポイントはレベルによって大きく変わります。中級者~上級者の方は少し背伸びをして幅の広い選曲をオススメしますが初心者の方は、まず「ボイトレ初心者を卒業するための選曲」を心がけるといいです。
初心者から卒業、つまり基礎の発声がしっかり身につく選曲ということですね。
覚えたての腹式呼吸では実際に歌ってみたところで曲が難しいとめちゃくちゃな発声になってしまいます。発声を身につけている最中だからこそ難しく考えすぎず歌えそうな難易度の低い曲を選んでください。


具体的にボイトレ初心者向きな曲の特徴は?


・音域が狭い、あまりキーが高くない
・メロディの浮き沈みが少ない
・音数がが少なく、リズムが簡単
・地声と裏声の行き来が少ない、または全くない
・原曲のボーカリストの癖が少ない
などがあります。
続いては具体的に最近、ボーカルレッスンでやった曲の中で初心者にオススメする曲をご紹介しましょう。
もちろん自分の歌いたい曲の中から選ぶのが一番ですが迷っている方は以下を参考にしてみてください。


ボイトレ初心者にオススメしたい練習曲【男性編】


・桜(コブクロ)



日本を代表する人気デュオですね。
この曲はキーの高さも適度で、メロディもそんな音数がないため、腹式呼吸がまだうまくできない方も意識して歌いやすい構成になっています。


・世界に一つだけの花(SMAP)


この曲も音域、リズム共に決して難しくないので練習曲に適しています。
この曲に限らずですが、全般的にアイドル系の曲はそんなに難しい構成ではなく、歌い手の癖も出すぎていないためボイトレには適しています。


・奏(スキマスイッチ)



カラオケでもよく歌われる定番曲ですのでご存知の方も多いでしょう。
この曲は最後の転調を除けば、音域も低く歌いやすい曲のため、ボーカルレッスンで歌われることが多い曲です。
この曲を通じて発声が安定してくると、最後まで通して上手に歌えるようになるためレッスンでは人気の1曲です。


ボイトレ初心者にオススメしたい練習曲【女性編】


・にじいろ(絢香)



絢香さんというと日本を代表する歌唱力を持つ女性ボーカリストですが、この曲は音域も狭く、またシンプルで親しみやすいメロディになっているため非常に歌いやすいです。
ボイトレ始めの女性には持ってこいの1曲です。
朝ドラの影響もあり、現在、中学生の女の子から主婦の方まで幅広くレッスンで練習する1曲になっています。
ある程度、発声が身についてきた方は同じく絢香さんの曲で「三日月」もオススメです。
「三日月」は表現力も身につくのでボイトレ初心者に限らずオススメします。


・Story(AI)



 AIさんの曲はかなりリズムが難しい曲が多い中、初期作品であるこの曲は王道のバラードとなっていて音域も適度な高さのため、発声に意識して練習するにはオススメの曲になっています。


・ハナミズキ(一青窈)



 一青窈さんの代表曲であるこの「ハナミズキ」もボイトレ初心者には定番の1曲です。
歌のリズムが難しくないことに加え、発声自体もとてもシンプルなため基礎の発声を歌の中で習得するにはオススメの選曲ですね。

どうでしょう?ボイトレに向けた選曲はできましたか?
ボイトレを始めようと思っている方は、最初だからこそ選曲に悩む方が非常に多いように感じます。
結局、好きな曲を歌えるようになるためのボイトレなのですから自分の歌いたい曲の中から練習に適した曲が見つかればそれが一番良いです。
ボーカルレッスンに実際に通われている方は先生に相談するのも手っ取り早いです。
歌の上達に繋がる自分にしっかり合ったボイトレ練習曲を見つけてください。

 

 

ボーカルレッスンのお問い合わせはコチラから!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み