mion music school
裏声

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

この一週間に渡り、『地声』と『裏声』について解説してきましたが今日はその応用編!
地声と裏声をいかにスムーズに歌い分けるか!これ超ムズカシイですよね!
地声と裏声を滑らかに使い分けるためにボーカルレッスンでも行なっているちょっと深く踏み込んだ練習内容を解説していきます!

 

地声と裏声を上手に使い分けるコツ!

発声も上手になってきて、地声がはっきり出せるようになった。
裏声だって綺麗に出せる!
でも、いざ地声と裏声が入り混じった曲だと上手に歌えない!
滑らかに切り替えられない!
そういう悩み持ってる方、多いと思います。

 

地声と裏声の切り替えを上手に行なうためには地声も裏声もそれぞれが安定した発声で歌える基礎スキルを身に付けておく必要があります。

 

そこからさらに上手に歌い分けるために実践的な練習として、地声と裏声を交互に発声していく練習メニューを取り入れると効果的です。
地声も裏声も上手になったけどやっぱり滑らかに歌い分けができないという方のために先週の地声練習フレージ集裏声練習フレーズ集からさらに応用的な練習メニューを紹介していきたいと思います!

 

ボーカルレッスンでも実践!地声と裏声のコントロールを良くするための練習メニュー!

今日はボーカルレッスンでも実践している練習メニューから効果的だった練習方法を詳しく解説していきたいと思います!

 

地声裏声のトレーニングにはやっぱり併用した練習が一番効果的!

地声と裏声を円滑に使い分けるためにはやっぱり地声と裏声を組み合わせたボイトレが一番です!
さっそく一つずつ紹介していきましょう。

 

地声裏声エクササイズ①「スタッカートで声の瞬発力を上げる!」

 

スタッカートでの発声練習は声の瞬発力を上げるのにとても効果的です!
今回は地声と裏声を組み合わせたオクターブ音階練習です!
「ナ」の発音でスタッカートで歌ってみましょう!
地声と裏声を交互に出していく練習です!

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声裏声エクササイズ②「声を切らずに発声するトレーニング」

 

続いては声を切らずに綺麗に地声と裏声を繋げるための練習方法です。
最初は難しくて綺麗に繋がらないかもしれませんが根気強く続けてみてください。

 

上手く繋げられるようになるためのポイントは、

 

①口の形を変えない。

 

②息の量も強弱を付けすぎないで均等に吐くイメージを持って。

 

この2点に注意しながら練習していきましょう。

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声裏声エクササイズ③「地声と裏声を毎小節入れ替えるトレーニング」

1小節毎に地声と裏声を交互に使い分けていく音階練習も地声裏声の切り替えが上手になるとても効果的な練習方法です。

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声裏声エクササイズ④「地声と裏声の両方を織り交ぜた音階練習」

ここからはさらに実践的な練習です。
さっきまでの練習と違い、より滑らかに地声裏声を切り替えないと上手に歌うことができないフレーズです。

 

①1オクターブを低い音程から高い音程まで「ナ」の発音で発声していき、徐々に裏声に切り替えていきます。
②1オクターブ上の音程まで上がりきったらそのまま1オクターブ下の音程まで下がってみましょう。
下がる時は逆に裏声から徐々に地声に切り替えていきます。

 

最初は滑らかに切り替わらなかったり、声が震えたりしてしまうと思いますがこの練習を繰り返していくうちにスムーズに声を移行できるようになっていきます!

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声裏声エクササイズ⑤「発声しながら地声と裏声を切り替えてみる」

今日ご紹介する最後の練習です。
今度は同一の音程で地声を出してその音程のまま裏声に切り替えていく練習です。
この練習方法は以前『ミックスボイス』の記事でもご紹介した練習です。

 

この練習が今日ご紹介した練習で一番難しいです。
同じ音程で声だけ地声〜裏声と切り替えていくわけですからこれができれば歌もかなり安定します。

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

歌を安定させる基礎練習は奥が深い!

 

ボイトレをはじめると「腹式呼吸」ができるようになったり、「高い声が出せる」ようになったり、いろいろと歌の上達を実感できることでしょう。
ですが地声と裏声を上手に滑らかに切り替えながら歌えるようになるまでには少し時間がかかるものです。
今日、ご紹介した地声と裏声を併用したボイトレ方法を参考に気長にやってみてください♪

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

裏声

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

先日は半年に一度のアコースティック系発表会『アコースティックスタイル』が開催されました〜!今回は下北沢での開催でした!
ベテランさんはもちろん、とってもフレッシュな出演者たちも多かったのですごく楽しい一日になりました♪

 

さて先日、地声練習フレーズについて特集しましたが今日は前回に引き続き、裏声練習フレーズについて解説していきたいと思います!

 

裏声って地声以上にちゃんと出すの難しいですよね!でも安定した裏声で歌えるようになりたい!
ミオンのボーカルレッスンに通われている方も最初は結構苦戦してます!
今日はレッスンでも実際にやっている裏声練習フレーズを特別に大大大公開しちゃいます!!!

 

裏声を強化するには輪状甲状筋のトレーニングを!

裏声ってそもそもどうやって出ていると思いますか?
裏声を出すために働いているのが「輪状甲状筋」という筋肉です。
これは声を出すために閉じた声帯をさらに下に引っ張って声を高くしている役割を担っています。
ギターの弦をイメージしてもらうと分かりやすいのですが太い弦は音程が低く、細い弦は音程が高いんです。
「輪状甲状筋」が声帯を下に引っ張って声帯を引き伸ばし、高い音を出しているわけです。(輪ゴム引っ張ると細くなる的な)

 

だから裏声になると地声じゃ出ないような高さも楽に出るんですよね。
この輪状甲状筋が発達することで裏声をしっかり出せるようになったり、裏声の音域を拡げたりすることに繋がるのです。

 

ボーカルレッスンでも効果的だった!裏声を強化する練習フレーズ!

それでは実際にボーカルレッスンでも行われている裏声練習の中でも特に効果的だった練習メニューとフレーズをご紹介していきます!
今回も男女別に練習用音源を用意しましたが自分の音域に合った音源を活用してください!

 

裏声強化に適した発音で練習フレーズを歌ってみる!

地声練習の特集では地声に適した発音での練習をオススメしましたが同じく「裏声を出しやすい発音」というものもあります。
裏声が出しやすい発音を練習に組み込んでみましょう。

 

裏声練習エクササイズ①「ハ行発音による音階練習」

 

ハ行は息抜けが多く、裏声に転じやすい発音です。
以下の音程を「ホー」という発音で下ってみましょう。
大きな声で力強く声を出してしまうと地声になってしまいますのでリラックスを心がけて裏声で歌うようにしましょう。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

裏声練習エクササイズ②「ハ行でスタッカート練習」

今度は以下の音源に合わせて「ホッホッホッホッホッ」スタッカート(短く切って)発声していきます。
もちろん裏声で出します。
発声する際は、腰に手を当ててしっかり腹式で発声できていることを確認しながら練習しましょう。
この練習で輪状甲状筋の瞬発力が上がるのでとっさに裏声を出さないといけないようなフレーズでもスムーズに裏声が出せるようになります。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

裏声練習エクササイズ③「ハミングからの裏声へ」

以下の練習用音源に合わせてハミングで地声を出してみましょう。
そしてハミングで声を出したまま口を開けてみます。
「ん~あ~」という感じになりますよね。
この時、口を開けた瞬間に力強い裏声に切り替わると思います。
この練習で弱々しくなりがちな裏声をしっかり、はっきりとした発声で出せるようになります。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

裏声練習エクササイズ④「裏声の声量をコントロールする練習」

以下の音程に合わせて「出来る限り小さな声で裏声」を出していきましょう。
そこからだんだん大きくはっきりした裏声に移行してみましょう。
最初はなかなか綺麗に移行できないと思いますがだんだん声帯のコントロールが安定していきます。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

 

裏声練習エクササイズ⑤「裏声で限界の低音域まで発声してみよう」

「ホー」の発音で裏声を歌う。
そのまま練習音源に合わせて音程を下っていきます。ただこの時、地声で出さずに練習音源の最後まで裏声だけで歌ってください。

 

裏声にも音域があります。
この練習により、裏声の音域が拡がるので曲中でも安定して裏声を使えるようになります。

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

 

今回は「裏声」の練習についての特集でした!
地声練習の記事と同じくミオンのボイトレでも実践している内容ばかりでした!
次回は地声と裏声を併用したさらに難易度の高い練習方法について詳しく解説します!
お楽しみに〜♪

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

裏声

ボーカル講師の岡田です。
vocal02

今日は、裏声にフォーカスを当ててみましょう。
裏声についてはボーカルレッスンでもよく質問されるテクニックですが裏声の悩みと一言で言っても、
・裏声を出したいけど出し方が分からない
・裏声がちゃんと出ているのか自分でよく分からない
・裏声は出るけど声量、パワーが落ちて滑舌も悪くなる
・滑らかに裏声が出せない
など悩んでいるポイントは人によって様々です。
今日は裏声とは何なのか。
どうすれば裏声が上手に使えるようになるのかをお話したいと思います。
目指せ裏声マスター!

裏声は、声帯の使い方も地声とは違う!?

裏声を聴いた時の印象として明らかに地声とは違うと感じませんか?
優しいとか息を多く使っていそうとか。
それもそのはず。裏声自体、声帯の動きが既に地声とはまったく違うのです。
地声というのは声帯を覆っている「閉鎖筋」という筋肉が声帯を締める首輪のような役割を果たし、声帯が閉じて擦れることで地声を生んでいます。
では裏声の場合はどうでしょうか?
裏声の場合は、声帯の下に位置する輪状甲状筋という筋肉が下がり、声帯を下に引っ張る形で引き伸ばすことで裏声を出しています。
つまり声帯自体も地声に比べると閉じ切っていません。閉鎖しているのは声帯の一部分に過ぎないのです。
それがあの裏声独特の息が多そうな声質を生んでいるんですね。
そして、地声だと高くて歌えないような音程でも裏声になると出しやすい。
これも声帯を下に引っ張り、ゴム状に引き伸ばしているため声帯も細くなり声が高くなっているためです。
vocal
ギターの弦を見てみると分かりやすいでしょう。
6弦(太い)は音が低く、1弦(細い)は音が高いです。
歌は、引き伸ばして弦の太さを変えられる1弦ギターのようなものだと考えてもらえれば分かりやすいでしょうか。


裏声を使いこなすための筋トレが必要。輪状甲状筋を鍛えよう。

それでは裏声を出せるようになりたい!上手に使いこなしたい!という方へのケース別に具体的なアドバイスに移りましょう。

裏声が出ないという方

vocal6
とても低い比率で本当に裏声が出ない方がいます。
そうゆう方は息漏れしか出なくて良いです。声にならなくてもいいのでとにかく裏声を出す練習を習慣にしましょう。
裏声が出せない方は今までに裏声を使ってきていないためにこの輪状甲状筋が弱い、いわゆる筋力不足でそもそも出せない場合が多いからです。
もし、出し方自体がよく分からないという方でしたらハミングをしてみてください。
口を閉じて声を出し、出している最中に口を開けてみてください。
その時に出てる声が裏声です。
その時にはっきり裏声が出る方、息しか出ない方、いらっしゃると思いますが裏声の正しい出し方で輪状甲状筋を鍛えることによって徐々に出るようになります。

裏声は出せるが滑らかでない方

地声と裏声の切り替えは非常に厄介です。
上記で説明した通り、地声と裏声では声帯の使い方が違うため、滑らかに切り替えるということは徐々に声帯の形を変えるという精密さを必要としています。
一番代表的かつ効率的な練習法です。
自分が出せる一番高い音から徐々に音程を下げていってください。
この時スタートは裏声で音程が下がるごとに地声に変えていきます。もちろんいきなり滑らかにとはいきません。声が震えてうまくいかないでしょう。
この時に注意してほしいことはしっかり口を開けてあくびの口をキープするということです。
鏡がある方は鏡でしっかり自分の口を見ながらやってみてください。
大抵の人がちゃんと口を開けて歌っているつもりでも地声から裏声に切り替わるとき、多少の緊張を感じ、口の形が崩れるor開かなくなっていることが原因に挙げられます。
しっかり口の中の空間を広くとって共鳴を意識して発声に取り組んでみてください。

裏声を出す時に気をつけておきたいこと

裏声は地声よりも息を多く使うため、喉への負担が大きいです。
歌っている感覚としては優しい声質のため、そのような自覚がなく、必死で練習している間に喉が疲れ、水分や油分を失い、喉が枯れてしまった、なんてことにもなりますので1日10分とか時間を決めてやるなど頑張りすぎないでください。
また、当たり前ですがしっかり水分を取りましょう。

今日お伝えした練習で、裏声が出ない方は裏声が出るように、裏声が上手に使いこなせない方は上手に使いこなせるように。そのヒントになればいいなと思っています。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

裏声

花粉対策でやたら掃除する回数が増えてきたボーカル講師の岡田です。
ボーカルレッスンに来られる方々の中でも高音を出したいという声はとにかく多いです。
ボイトレをされている方、これから始めようという方にもこの高音が出ないということで悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
世の中の曲を見渡してみても年々、音域は広く、キーも高くなっている傾向があるため、歌うたい曲が高くて歌えないという声が挙がるのは必然かもしれませんね。

vocal19
今日は高音を出したいという皆さんに高音発声の大事な考え方や効果的な練習法をご紹介します。

ハイトーンボイス、その時、声帯はどうなっているの?

vocal20

私たちが声を出している時、音程を歌っている時は声帯はどうなっているのか?声帯が閉じて擦れ合うことで振動し、声になっています。
そして音程を決めるのはその時の「振動数」。音が高ければ高いほどたくさん振動しているということです。
音程が高ければ高いほどキツくなるのも当然ですよね。
そして声帯というのは柔軟な作りになっているため、高い音を出す時は引っ張られ、通常よりも声帯は細くなり引き伸ばされます。

高音を出せるようになるために必要な鍛え方

それでは本題の高音を出すためにどう鍛えればいいか、ですが大前提に声を使うようにすることです。
ただ声を使うのではなく、低い声から高い声までしっかり声帯を使う習慣をつけることで声帯は鍛えられ、柔軟になっていきます。
明らかにひどい発声で痛めてしまうような発声ではまずいですが、正しい発声を身につけて歌うことで声は鍛えられ確実に音域は拡がります。

発声をしっかり身につけて地声の安定感を高める

無理せずにちゃんと出せる地声の音域幅を広げるのも重要なことです。
腹式発声を身につけた前提の話になりますが、現状で少し無理すれば出せるギリギリの高さの音をしっかり出せるようにボイトレに取り組んでください。
前記した通り、だんだん声帯は柔軟になっていき、キツかった音程の発声も余裕が出てきます。
できればその時の発声も支えがしっかりできていて脱力できた理想の発声で行なえると尚良いです。
そして、地声での発声がハイトーンに効果的なのは高い音程での話だけではないです。
実は低い音程、特に出るか出ないかの実際曲で出てくると使い物にならないレベルの低音を出す、というのも効果的なんです。
結局、高音を出す際には地声を出す声帯と裏声を出す声帯の両方が作用しますので低音から高音までバランスよく出すようにしましょう。

裏声を強化することで地声の音域もアップ!?


結論から言うと、裏声の音域が拡がれば地声の音域も拡がります。
これは高音の地声やミックスボイスを出す時に声帯の下に位置する輪状甲状筋を使うためです。
そしてボーカルレッスンに来られるボイトレ初心者の方の中には「裏声が出せません、どうやって出すのですか?」という方も結構いらっしゃいますが裏声の出し方を知らないというより本当にボイトレを始めたばかりの頃は出せないという方ばかりです。

・裏声が出せない人=地声が低いと悩んでいる人

これはイコールだと認識しています。
普段裏声を出していなかったなどの理由で裏声を出すための輪状甲状筋が弱いため、裏声出ない、高い声出ない、に繋がっています。

・裏声が出せない方

息しか出なくても結構です。出そうとする習慣をつけてください。不安でしたボーカルレッスンに通うなどして発声自体も身につけてください。

・裏声が出せる方

裏声で出せるギリギリの高さまで音程を上げて出してください。
直接、輪状甲状筋に負荷がかかり、鍛えることができます。
裏声の声量も増していき、気付けば地声の音域も拡がっていきます。

エッジボイスでさらにハイトーンへ!

エッジボイスという発声をご存知でしょうか?
寝起きなどに喉が乾燥していると出る「あ
~」という引っかかったような声です。
このエッジボイス、実際に歌の中でも多用される立派なテクニックでよく使われるアーティストに平井堅さんや宇多田ヒカルさんなどがいらっしゃいます。
エッジボイスは過度に息を送り込みすぎたり、声帯を締め付けすぎたりすると喉を痛めるだけの発声になってしまうので必ず指導を受けるなり、喉に負担のかかっていない正しいエッジボイスを身につけてから行なってください。
このエッジボイスは直接、地声を出す際に使う「閉鎖筋」を柔軟にして鍛える効果があります。
エッジボイスにより、この閉鎖筋を鍛えることで地声のハイトーン強化だけでなく、地声も裏声も問わず声量がアップするなど良いことだらけです。
最初にも話しましたが高い声が出したいという声、高い声が出ないとお悩みの声、たくさん聞きます。
歌はスポーツと密接に関連しています。正しく鍛えれば高い声は出ます。焦らず頑張りましょう。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み