mion music school
表現力

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

去年の年末に、下北沢教室に大きなテレビを入れたんです!
おかげで意味もなくダラダラと動画を観ちゃう、観ちゃう!笑

 

サボってるわけではありません。
音楽のお勉強です、ということにしておきます。笑

 

さて今日は『歌が平坦になってしまう』という方向けに、技術的な話というよりはメリハリのある歌が歌えるようになるためのちょっとしたコツのお話です!

 

発声練習ではしっかり歌えていても実際に曲を歌うとしっくりこない、淡々とした印象の歌になってしまうという方はぜひ一読してみてください!

 

平坦な歌い方に聴こえてしまう原因

ではなぜ自分の歌が平坦に聴こえてしまうのでしょうか?
平坦に歌ってしまう方の歌い方にはいくつかの特徴があるんです!
一つずつ説明していきましょう。

 

原因①強弱がないために平坦な歌になっている。

当たり前ですが平坦に聴こえる歌には強弱がない!
強弱がないために歌が単調になっている。
一言に強弱といっても奥が深いんです!

 

声の大きさだけではなく、息の量や子音の発音、アクセントの付け方などさまざまな要因が重なり合って強弱になるのです!

 

ボーカルレッスンでも実践!強弱を付ける歌い方を身につける方法。

強弱の付け方がいまいちわからないという方は以下のような練習をボイトレに取り入れてみましょう!

 

①メトロノームを流す。

②メトロノームに合わせて表拍に「かけきこく」と8分音符で歌う。

③表拍で発音した言葉の母音をその裏拍に8分音符で発音する。

表拍にアクセントがつくように歌い、裏拍の母音は極端に小さく歌う。

 

 

 

上記の練習ができるようになったら今度は表拍を弱く、裏拍をアクセントという感じに強弱の位置を逆にして行なってみてください。

 

この練習は「か行」に限らず「た行」などでも有効です。

 

原因②歌に感情がこもっていない。

歌うと感情がこもっていない。
これもよく起こり得る現象です。
感情を乗せて歌うというのは、それができない人からするとすごくハードルの高いことのように感じるでしょう。
ですがやっぱり歌は心!
日頃から「上手に歌おう」ではなく「良い歌を歌おう」ということを念頭に練習しましょう。

 

ボーカルレッスンでも実践!歌詞を理解して感情表現を歌に乗せる。

歌にうまく感情を乗せられない方は歌詞を理解しているつもりでも、いざ歌うとなると「音程やリズム」といった技術的なところにばかり意識が向いていて単調に聴こえてしまうというケースも多く見受けられます。

 

『感情を乗せて歌を歌う』ために一番良い方法は「完コピ」です。
「完コピ」、つまり完全コピーですね。
その曲を歌っている本人が歌っているテンションや感情の起伏といった細かい部分も含めて完全にコピーしてみることです。
それとともに一度歌う視点に立って歌詞としっかり向き合ってみてください。

 

よーく聴き込めば聴き込むほどプロのアーティストさんは感情表現豊かに歌っています。
意外と気づいていないニュアンスや声を出しているものなんです。

 

『歌う視点ではなく聴き手としての視点から歌を聴く』というのは大事ですね。

 

原因③歌うと表情が硬い。

歌の感情表現がうまくいかない方と共通する部分ではありますが、歌うと表情が硬くなるというのも歌を単調に聴かせてしまっている大きな原因です。

 

『歌声をどう聴かせるか』は顔の表情でほとんど決まってきます。
表情が硬い=単調な発声になってしまうのです。

 

ボーカルレッスンでも実践!表情で歌声が変わることを理解する。

一般的に明るい表情で声を出すと明るい声色になり、暗い表情で声を出すと暗い声色になります。
表情が硬い方はどうしても歌う時にこわばってしまい、暗く重いトーンになってしまうようです。
緊張しやすい人に多い傾向があります。

 

日頃から表情の上げ下げを意識的に行なうと良いです。
顔にもストレッチさせないと!ってことですね!

 

表情を動かしたり、歌う時に表情を作る習慣を見に付けることで自然と表情のある歌い方ができるようになるわけです!

 

表情と歌の関係については以前、ブログでも詳しく書いていますので合わせてご覧ください!

表情で歌唱力が変わる。表現力を最大限にするオススメのボーカルテクニック

 

平坦な歌から抜け出すにはコツがある。継続が大事!

前述した通り、平坦に歌ってしまう方にはいくつか共通点があってそれらを克服できれば誰でものびのびと、表現豊かに歌えるわけです。

 

ただ、抑揚や強弱といった歌のメリハリの部分はしっかり理解してコツを身に付けないといつまでたっても克服できません。

しかし、ポイントを押さえながら継続して練習すれば表現力は必ず身につけられるものでもあります。

 

焦らずじっくりボイトレを楽しんでください♪

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

表現力

ボーカル講師の岡田です。
vocal035
大好きな曲で一生懸命覚えたのになぜか自分が歌うと良く聴こえない。
上手な人が歌うと聴き入ってしまうほど良い曲なのに。
どこか単調なのは分かるのだけど、どうすれば心地よく歌えるようになるのか分からない。
そんな方は表現力を磨きましょう。
表現力がないと音程やリズムが上手にとれて歌えていても感情のない、いわゆる棒読みの歌になってしまいます。
今日は表現力を養い、本当の歌唱力を手に入れる練習の取り組み方についてお話しましょう。

感情表現豊かに歌える一番簡単なコツ「声の強弱をつける」

vocal050
ボイトレを始めたばかりの方、これからボイトレを始めようと思っている方は歌をいかに上手に歌うかを研究していくようになるでしょう。
そして少しでも音程やリズムが外れると気になって仕方なくなります。
しかし、音程がキレイに合うことよりもリズムが上手に取れることよりも「声の大小」を意識するだけで飛躍的に歌の印象は変わります。
上手に歌うよりもよっぽど「良い歌」が歌えるようになるのです。
今回のお悩み、単調に歌ってしまうという点について逆に言ってしまえば単調に歌ってしまう=声に強弱が出ていないとも言えます。

声の強弱は引き算で考える


この強弱の付け方について一番分かりやすいコツがあります。
それはその曲の中で一番聴かせたいところを一番強く歌う、ということです。
そして、その歌の強弱に対する考え方を「引き算」で考えてみてください。
何を言っているの?と思われているかもしれません。
強弱がつかない人のほとんどは歌い方が「足し算」なのです。
大抵の方が歌の出だしから歌いすぎてしまい、肝心のサビのここ一番というところでもうこれ以上出せない状態に陥っているものです。
自分の声のピークを一番の聴かせどころに持ってきてそれ意外をいかに落とすかという「引き算」で歌えるようになれば強弱も自然とついてきます。

歌い出しはハッキリと歌う

もう一つ簡単に強弱をつける方法として出だしをどう歌うかという点も重要になってきます。
強弱を意識し始めると今度は強弱がつきすぎてせっかくの歌詞の聴き取れなくなります。
フレーズの頭の1音はハッキリと発音するようにしましょう。
その後の強さはしっとり歌うフレーズでは弱く、派手なフレーズのサビであればそのまま強く歌うなどケースバイケースです。

歌の表現を豊かにするために歌詞のストーリーを理解しよう

続いて、根本的に歌の表現力を身につけるために絶対条件となるのがこの歌詞のストーリー理解するということ。
歌詞の世界を伝えるというのはボーカルの大きな使命だと思います。
どれだけ上手に歌っても共感できないような歌ではもったいないです。
歌詞を伝えられる表現力のある歌を歌えるようになるための考え方について触れていきましょう。

歌詞を読んでみる

vocal051
歌詞を朗読してみる。
これも立派な練習です。
この歌詞を歌わずに読み上げながら自分なりの解釈を探すということを、よく声優さんや俳優さんで歌のシーンなどがある場合の練習でやられたりしますがこれは非常に有効だと思います。
歌詞というのはメロディの上に言葉が乗っているため、どうしても「音程」「リズム」に気持ちがいきがちです。
しかし本来、言葉は言葉なので歌を聴いてくれた方の脳にすんなり入ってくる歌をうたいたいものです。
何度も歌詞を読んでその歌がどんな物語なのか、主人公はどんな人物像なのか、季節は夏なのか冬なのかを考える。
考えるとキリがないほど歌詞の世界は広いです。
当然、曲のストーリーを理解できても解釈は人それぞれ違いますし、答えは一つではありません。
自分なりの解釈ができると自然と声にも乗り、表現力のある歌になっていきます。

表現力のある歌を歌うには体や表情も作る


もう一つ手っ取り早く、しっかりと表現された歌い方になるコツがあります。
声というのは非常に身体的なものが影響してきます。
表情を暗く歌えば声は暗くなります。
笑顔で楽しそうに歌えば声も明るく楽しい響きになります。
vocal052
物語に沿って表情を作るだけで声の表現力はグッと良くなります。より情景が浮かぶ歌になります。
そして身体の使い方でも大きく声が変わります。
身体を小さく丸めるようにして視線を落として歌うことで小さな声がより小さくなり、「消え入るような声」になります。
両手を広げて視線も上げることで声は大きくなり、壮大な響きになります。
vocal053
この身体の使い方一つで聴いている人の景色すら変えてしまえるほどに声に表現力が身につくのです。
最初にもお話しましたが表現力を身につけることで歌はより立体的になり、深みが出て感動するものになります。
ボイトレを始めるとどうしても声量や音程、リズムといった技術的な所が気になってくるものですがボーカルの大きな役割は、その曲の主人公や世界の代弁者。
最後は歌唱力以上に表現力で歌の印象は左右されるほどです。
どうせ歌うなら感動できる歌を歌いたいものですね。
日頃からお気に入りの曲を聴いて、その曲が「どのように表現されているか」を気にしてみてください。
いろんなヒントが隠れていますよ。

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み