mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.03.24

裏声を出したい!裏声になると声量が落ちる、安定しないという人へ

ボーカル講師の岡田です。
vocal02

今日は、裏声にフォーカスを当ててみましょう。
裏声についてはボーカルレッスンでもよく質問されるテクニックですが裏声の悩みと一言で言っても、
・裏声を出したいけど出し方が分からない
・裏声がちゃんと出ているのか自分でよく分からない
・裏声は出るけど声量、パワーが落ちて滑舌も悪くなる
・滑らかに裏声が出せない
など悩んでいるポイントは人によって様々です。
今日は裏声とは何なのか。
どうすれば裏声が上手に使えるようになるのかをお話したいと思います。
目指せ裏声マスター!

裏声は、声帯の使い方も地声とは違う!?

裏声を聴いた時の印象として明らかに地声とは違うと感じませんか?
優しいとか息を多く使っていそうとか。
それもそのはず。裏声自体、声帯の動きが既に地声とはまったく違うのです。
地声というのは声帯を覆っている「閉鎖筋」という筋肉が声帯を締める首輪のような役割を果たし、声帯が閉じて擦れることで地声を生んでいます。
では裏声の場合はどうでしょうか?
裏声の場合は、声帯の下に位置する輪状甲状筋という筋肉が下がり、声帯を下に引っ張る形で引き伸ばすことで裏声を出しています。
つまり声帯自体も地声に比べると閉じ切っていません。閉鎖しているのは声帯の一部分に過ぎないのです。
それがあの裏声独特の息が多そうな声質を生んでいるんですね。
そして、地声だと高くて歌えないような音程でも裏声になると出しやすい。
これも声帯を下に引っ張り、ゴム状に引き伸ばしているため声帯も細くなり声が高くなっているためです。
vocal
ギターの弦を見てみると分かりやすいでしょう。
6弦(太い)は音が低く、1弦(細い)は音が高いです。
歌は、引き伸ばして弦の太さを変えられる1弦ギターのようなものだと考えてもらえれば分かりやすいでしょうか。


裏声を使いこなすための筋トレが必要。輪状甲状筋を鍛えよう。

それでは裏声を出せるようになりたい!上手に使いこなしたい!という方へのケース別に具体的なアドバイスに移りましょう。

裏声が出ないという方

vocal6
とても低い比率で本当に裏声が出ない方がいます。
そうゆう方は息漏れしか出なくて良いです。声にならなくてもいいのでとにかく裏声を出す練習を習慣にしましょう。
裏声が出せない方は今までに裏声を使ってきていないためにこの輪状甲状筋が弱い、いわゆる筋力不足でそもそも出せない場合が多いからです。
もし、出し方自体がよく分からないという方でしたらハミングをしてみてください。
口を閉じて声を出し、出している最中に口を開けてみてください。
その時に出てる声が裏声です。
その時にはっきり裏声が出る方、息しか出ない方、いらっしゃると思いますが裏声の正しい出し方で輪状甲状筋を鍛えることによって徐々に出るようになります。

裏声は出せるが滑らかでない方

地声と裏声の切り替えは非常に厄介です。
上記で説明した通り、地声と裏声では声帯の使い方が違うため、滑らかに切り替えるということは徐々に声帯の形を変えるという精密さを必要としています。
一番代表的かつ効率的な練習法です。
自分が出せる一番高い音から徐々に音程を下げていってください。
この時スタートは裏声で音程が下がるごとに地声に変えていきます。もちろんいきなり滑らかにとはいきません。声が震えてうまくいかないでしょう。
この時に注意してほしいことはしっかり口を開けてあくびの口をキープするということです。
鏡がある方は鏡でしっかり自分の口を見ながらやってみてください。
大抵の人がちゃんと口を開けて歌っているつもりでも地声から裏声に切り替わるとき、多少の緊張を感じ、口の形が崩れるor開かなくなっていることが原因に挙げられます。
しっかり口の中の空間を広くとって共鳴を意識して発声に取り組んでみてください。

裏声を出す時に気をつけておきたいこと

裏声は地声よりも息を多く使うため、喉への負担が大きいです。
歌っている感覚としては優しい声質のため、そのような自覚がなく、必死で練習している間に喉が疲れ、水分や油分を失い、喉が枯れてしまった、なんてことにもなりますので1日10分とか時間を決めてやるなど頑張りすぎないでください。
また、当たり前ですがしっかり水分を取りましょう。

今日お伝えした練習で、裏声が出ない方は裏声が出るように、裏声が上手に使いこなせない方は上手に使いこなせるように。そのヒントになればいいなと思っています。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み