mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.03.20

ボーカルレッスンをおすすめする理由は?ボイトレ、独学かボーカルレッスンで習うか

今日も元気に。ボーカル講師の岡田です。
vocal16
今日はボイストレーニング、独学でやるのがいいのか、習った方がいいのか、についてです。
普段、ボーカルレッスンをしているともちろんそこには習っている生徒さん達で溢れているわけですが、習わず独学でボイトレに励んでいたという方の話もたくさん見聞きしています。
最近はボイトレの教則本や教則DVDに加え、ネットの普及により、動画でも簡単に調べることができるようになりましたし、選択肢は増え、ボイトレをするには便利になりましたよね。

ボイトレ独学のメリット、デメリット

まず、最初にボイトレ独学のメリットといえばお金がかからないという点があります。独学でやる理由の大半を占めるのではないでしょうか。そして自分のペースで出来る、という点も大きなメリットかもしれませんね。
それではデメリットは?
それはやはり独学だとあっているのか間違っているのか判断が付けづらいということでしょう。
間違った発声法や変なクセがついてしまい、後々習った時には癖を取り除くのに苦労した、なんてことも多々あります。そうゆう方もたくさん見てきている分、私の立場としては出来ることならちゃんと習った方がいいですよ!と声を大にして言いたいところですがそこはご自分で判断してください。
特に今からボイトレを始める、という基礎固めも含めてこれからという方は凝り固まってしまう前に多かれ少なかれ習う期間を設けた方がいいとは思います。

ボーカルレッスンに通ってボイトレを習うメリット、デメリット

vocal17
専門のスクールでボイトレを習うという最大のメリットは自分の発声や歌い方を客観的に見てもらえる、ということではないでしょうか。
あなたは歌った声を録音して聴いたことがありますか?録音した自分の声を聴いた経験のある方は分かると思いますが歌っている時の自分の感覚と後で録音を聴いた印象は大きく違うでしょう。
自分の録音した声を聴いてげんなりしてしまったり、気持ち悪いとかんじてしまったり。
楽器の演奏以上に歌は客観的に聴けなくなる楽器だと私は思っています。
基本的な発声法はもちろん、実際の歌の表現やニュアンスなどの細かい部分も含めて客観的に見てもらう利点はとても大きいと感じています。
そして、ボーカルスクールで習っていると同じくレッスンに来ている生徒さんなど、ボイトレ仲間もできるのでボイトレに対する意見交換や交流も生まれて刺激を受ける機会が自然と増えていきます。一人でやるよりもモチベーションが高まります。
デメリットとしてはもちろん定期的に時間を作らなくてはなりませんし、お金もかかります。そのデメリットを除ければ、習うという選択肢の方が確実で間違いないでしょう。

喉は消耗品。間違えた発声が染み着く前に…

vocal18
声を生み出している声帯を私はよくギターの弦に例えます。アコースティックギターの音が出る仕組みと声が出るメカニズムがとても似ているためです。
ギターの弦というのは弾いてるうちに錆びてしまったり、切れてしまったりします。そうなった場合、ギター弦を張り替えます。
しかし、歌は「替えることができないギター弦」のようなものです。
もちろん独学でも発声が身につき、上達できる方もいらっしゃいます。独学で学ぶにしても、ボーカルスクールで習うにしても、正しい発声を学んでほしいと思います。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み