mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.03.07

ボイトレ初心者のための腹式呼吸完全マスター編

ボーカル講師の岡田です。
今日はボイトレ初心者、またはこれからボイトレを始めてみようかなとお考えの方に、腹式呼吸って何なの?どうすれば出来るようになるの?という点についてお話しします。
実際にボーカルレッスンでも取り入れていて、すぐに自分でも出来る内容まで詳しくご紹介します。


ボイトレの基本、腹式呼吸は何が違う?


vocal015
まず、ボイトレの話になると必ず出てくるワード「腹式呼吸」。一体どんなものなのか。
まず呼吸法の種類には「腹式呼吸」と「胸式呼吸」の2種類があります。


胸式呼吸とは?


肋骨の間の筋肉が開いたり閉じたりして肺に空気を送り込む「横の動き」による呼吸法です。
日常生活ではこの胸式呼吸がメインになります。
横に開く動きでの呼吸法になるので胸が膨らむ、肩が上がるというのが視覚上の特徴になります。


腹式呼吸は何が違う?


肺の下に横隔膜という筋肉があります。
この筋肉が下がることにより肺を下に引っ張ります。
この動きによって肺全体を使って目一杯に息が吸い込めるため、大きな声や高い声を出す必要があり、尚且つ息継ぎできる場所がある程度決まってしまっている歌においてはたくさん息を蓄えて「絞り出す」ように声を出すことが必要になります。
これはお腹で吸ってるわけではありません。
腹式呼吸と呼ばれる理由は横隔膜が肺を下に引っ張り、下がることにより、内臓が押し出されてお腹周りが張ったような膨らんだような状態になるためです。


腹式呼吸は歌にとってメリットだらけ


腹式での呼吸をマスターするメリット


・息が深く吸えて、さらに絞りながら声を出せるため息が続くようになる
・吐く息や声のコントロールがしやすい
・重心が下にいくため支えが効いて声が安定する
・息抜けの多かった声がしっかりした声になり声量アップ
・声帯への負荷が極端に減るので長時間歌っても疲れない、声も枯れないなど歌っていると気になってしまうようなあれこれが一気に解決します。


腹式呼吸をマスターして実践で使えるレベルまで身に付けるためのボイトレ法


①基本の腹式呼吸練習法


直立の状態から膝を少し曲げます。その状態で背筋の下あたりに手を当てます。
そのままゆっくり息を吸います。この時、鼻から吸うようにしてください。
息を吸い込んだら吸った時間の2倍ほどかけて吐き切るイメージで口から吐いてください。
歯の間から「すぅー」と音を立ててゆっくり吐きましょう。
吐ききったらまた鼻から吸います。吸った時に手を当てている背中側に空気が入ってくる感覚はありますか?
そして吐いた時にはもちろん空気が抜けていく感覚があります。
もし分かりづらいという方はその姿勢の状態で上半身だけ前に倒して同じ呼吸を試してみてください。
先ほどより腹筋や横隔膜に力が入れやすいため、腹式呼吸が比較的分かりやすい練習法です。


②仰向けで腹式呼吸をやってみる


普段、寝ている時は皆さん自然と腹式呼吸なんです。
仰向けになり、両膝を曲げて両手をお腹に置きます。それで呼吸してみましょう。
体の中心部分、お腹周りが膨らみ、自然と腹式呼吸になるのではないでしょうか。
実は仰向けで寝て練習するのは呼吸だけの話ではなく、実際に歌うのも良い練習になります。
無駄な力も抜けて、抜けの良い声を作りますし、オススメです。
また、逆に就寝時に横になった状態で肩を上げ下げしながら「胸式呼吸」で寝ようとしてみてください。
呼吸が浅くて苦しく、とても眠れないことでしょう。
それだけ浅い呼吸で普段歌ってしまっているということがよく分かって腹式呼吸を使った時の有り難みを感じますよ。笑


腹式呼吸ができているかのチェックポイント


それでは腹式呼吸。自分でちゃんとできているかチェックしてみましょう。


①肩や胸が動かない


鏡を用意します。
鏡で確認しながら腹式呼吸を意識して呼吸してみましょう。
胸や肩は動いてませんか?動いていたら横の動きによる「胸式呼吸」になっています。
しっかり肩の力を抜いて腰で支えましょう。


②ロングブレスをしてみる


続いてはロングブレスによる確認。
ストップウォッチを用意します。息を吐き続けられる時間を計ってみましょう。
この時、たっぷり息を吸い込んで好きなタイミングでやってください。
そして息を吐く量はそんなに気合入れて吐き出さなくていいですよ!
弱くていいです。
とにかく「1秒でも長い時間吐く」気で吐いてください。
これで10秒〜20秒程度しか続かない方、まだまだ腹式呼吸ができていないようです。先ほどの練習法を引き続き頑張ってください!
30秒以上続くようであればもうずいぶん腹式呼吸の感覚がつかめていることでしょう。


腹式呼吸ができてもまだ安心できない!継続は力なり!


腹式呼吸がある程度できてきたとしてもまだ安心できません。
覚えたてが一番危険です!放っておくとすぐ忘れてしまいます。
コツがつかめてきてもしっかり練習を続けてください。
最初のうちはせっかく腹式呼吸できていても実際に歌うと全然できない、なんてこともあります。
歌っている最中も腹式呼吸がブレないまでになるにはなかなか時間がかかります。
継続して頑張りましょう。

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み