mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- コラム&ニュース

ボーカル 2017.02.08

ボイトレの初心者とは!?定義は何?

ボーカル講師の岡田です。

ミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室

ミオンミュージックスクールは業界初の「初心者専用音楽スクール」なのですから、ボーカリストとしてボーカリスト初心者の定義について改めて考えてみました。

ボイトレ初心者とは!?

ミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室

まず、始めにピアノやギターなど楽器には必ず「初心者」という時期があります。鍵盤でドがどこにあるかすら分からない、ギターの弦を押さえてもちゃんと音が鳴らない。

では、ボイストレーニングにおける「初心者」とは?

結論からいうとボイトレ初心者の定義は非常に難しいです。

というのも、矛盾しますが私も実際にボーカルレッスンで「歌に初心者なんていない!」なんて声を大にして言っちゃってますし。笑

物心ついた頃には大抵の人が歌を口ずさむ程度は歌えるようになっていたと思いますし、音程が取れない、声が小さいなどの大なり小なりの悩みはありつつも楽器のように一つも音を出せないということはないでしょう。

では、私がどんな人たちを「ボイトレ初心者」として思ってレッスンをしているのか。

声が小さい?音痴?リズムがとれない?ボイトレ初心者の定義は様々。

では、私が思うボイトレをしたい初心者の定義はいくつかあって一部が以下のようなパターンです。

  • カラオケに行っても人前で自信持って歌えない ミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室
  • 歌うと疲れてしまう、声が枯れてしまう ミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室
  • 話し声が通らないでよく聞き返される

     

    ミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室

    ザッと挙げても上記のようなことに該当する方。挙げればもっとあります。

    上記に該当する方に共通して言えることは、「正しい発声」を身につければすべて解決するという点です。

    ボイストレーニング(ボイトレ)によって本当に驚くほど変わる

    カラオケに行っても自信がなく歌えない、歌いたくない。そんな方は正しい発声を身につけてください。自分の声が好きになり、自信を持てるようになります。

    歌うと疲れてしまって声も枯れてくる、という方も発声を学んでみてください。喉への負荷を最低限にできるため今まで以上にうまく歌えて、さらに喉も強くなり枯れなくなります。

    話し声が通らないという悩みをお持ちの方も、発声の基礎を学ぶことで解決します。声をただ張るのではなく、声の通りがよくなるためしっかり前に言葉が通るようになります。

    一言でいうと、基礎の発声についていまいち理解できておらず、正しい発声が出来ていないという方は初心者と位置づけていいと思います。

    実際にボイトレを始めて、基礎発声や腹式呼吸が身についた方は上記すべて解決してしまいます。

    基礎発声が身についた時点で歌える幅や、やれることが一気に増える、という意味では他楽器と同じ考えなのです。

    はじめにしっかり発声の基礎固めをすることでその後の上達もまったく違います。

    ミオンボーカルスクール|ボイストレーニング|教室

    これからボイトレに足を踏み入れる方は始めが肝心!しっかり取り組んでみてください♪初心者専用ミュージックスクールとしてたくさんの初心者の方に触れる中でその考えが確信に変わった今日この頃。

  • \ この記事をシェアする /

    • facebook
    • googlePlus
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • socialButton
    We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
    ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
    • 体験レッスン 詳細はこちら
    • 体験レッスン お申し込み