mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2018.08.08

弾き語りのコツ!歌のリズムと合わない人、必見の練習方法!

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

今日は台風がくるとかこないとか。
うん、来なくていい!!笑
最近は皆さんお盆休みをズラしてとられる方も多いからなのか、普通にお盆もレッスンに来られる方、多いですね。
それもそのはず、今月8/26(日)は弾き語り系発表会もありますから出演される生徒さんたちは追い込みの時期ですからね!

 

さてさて、そんな弾き語り系発表会が近づいてきて、今日のテーマは『弾き語りのコツ』です。
弾き語りがなかなか上手にできないという方は特に「リズム」に苦戦しているように感じます。
今日はボーカルレッスンでも教えている弾き語りをマスターするための裏技を公開しちゃいま〜す!

 

憧れの弾き語り!弾きながら歌えるようになるコツ!

 

楽器を弾くと歌のリズムが合わなくなるという方は練習の仕方を工夫して効率良く練習すれば、必ず弾き語りができるようになります!
ボーカルレッスンでも実践している練習方法を一部ご紹介します。

 

弾きながらだと全く歌える気がしないという人!まずは片手と歌だけで練習しよう!

楽器を弾きながら歌う場合、両手で弾くことがほとんどです。
それは弾き語りの楽器がピアノでもあっても、ギターであってもそうです。

弾き語りは、

①右手

②左手

③歌

の3つを同時進行でバラバラに動かす必要があります。

 

これを少し楽器が弾けるようになったから、少し歌えるようになったからといっていきなり同時にやろうというのはなかなか無謀なんです。笑

 

曲によってはいきなり同時にやってうまく弾き語りできる曲もありますが、どうしても歌と楽器が合わなくなる場合はレッスンでも少しずつ着実に弾き語りできるようになるための練習をしています。

 

ギター弾き語りの場合

 

・左手はミュート、右手だけ弾きながら歌う。

・右手は弾かないで左手のコードチェンジだけする。それに合わせて歌う。

 

ピアノ弾き語りの場合

 

・左手の低音(ルート音)だけ弾いて歌う。

・右手で和音を弾いて歌う。

 

という感じに段階的に練習していきます。
この練習は何時間もがむしゃらに弾き語りの練習をするよりよっぽど早く、上手に弾きながら歌えるようになるのでぜひお試しください!

 

いつも同じフレーズで上手に弾き語りできなくなる人はコレ!リズムを書いて視覚でチェック!

ある程度弾き語りができるようになったけど特定の曲や特定のフレーズで上手く弾き語りできないことってありますよね?

 

そういう場合はリズムだけでも譜面に書いてみましょう!
なんとなくの感覚だけで弾き語りの練習をするといつまでも曖昧なままになってしまい、難しいフレーズはずっと弾き語りできないなんてことにもなりかねません!

 

リズム譜を書いてみて、どのタイミングで楽器はどう弾いていて歌はどうに歌っているか視覚で見えるとめちゃくちゃシックリきてあっという間に弾き語りできるようになりますよ!

 

弾き語り上達のために!普段から習慣にしたいこと。

ここからは弾き語り上達のために普段から習慣にしておきたいことについても触れておきますね。
普段の練習の仕方から工夫しておくとあっという間に弾き語りマスターできちゃいますよ!

 

1人でも出来る!ドラムでリズムキープ!

これは当たり前といえば当たり前かもしれませんが普段からリズムを聴きながら、リズムに乗りながら楽器を弾くという練習はしてほしいですね。
これは楽器に限らず歌もそうなんですが!

 

リズムを聴きながら練習するというのはもちろんメトロノームでも良いですがメトロノームに合わせて練習するのって最初は結構難しいんですよ!笑
なのでドラムなどのリズムの目印が多いものから聴きながら練習すると良いかなと思います。

 

最近はドラムのパターンを鳴らしてくれる便利なアプリもあるのでぜひ活用しましょう!

※写真はiPhoneやiPadでもダウンロードできるGarageBand内のドラムマシーンです。

 

 

みんなで演奏すると楽しい!セッションがリズム上達のカギ!

これは人にもよると思いますが、もしも一緒に演奏や歌を楽しめる仲間がいる方はその人たちと生演奏する機会をどんどん作ってもらいたいですね!

 

カラオケを流して弾き語りしてもらうとできるのに一人で弾き語りしようとするとできない、誰かと合わせて生演奏しようとするとできないという方もたくさんいます。
人間の演奏はカラオケとは違います。
機械のようにキッチリとはいきません。

 

日頃から人の演奏に合わせて弾いたり歌ったりする機会をたくさん作ってほしいです!
なので私もよくボーカルレッスンではカホンという打楽器を叩きながらそれに合わせて生徒さんに弾き語りしてもらう練習なんかを取り入れています。

 

弾き語りは難しくない!コツさえ押さえればいつ始めてもできるようになる!

『弾き語りできるようになるのが夢なんです!』とおっしゃってレッスンを受けに来られる方もたくさんいらっしゃるんです。

 

でもいつもその時に「弾き語りが夢だなんて!大げさですよ!すぐできますよ!」って返しちゃうんです。笑
だってコツさえちゃんと押さえて効率よく練習したら本当にすぐできるようになるんですから。笑

 

弾き語りに憧れてボーカルレッスンを始めた生徒さんも最初は何年後かにできるようになったら良いなとおっしゃっていたのにその夢が半年後の発表会で達成しちゃったりしてるものですから僕もそんな気長に構えていないんです。

 

弾ける弾けないは練習量や曲の難易度にもよりますけど弾きながらだと歌えないってのは本当にコツだと思うんですよ。

 

今日ご紹介した練習方法を参考に弾き語りマスターを目指してくださ〜い!

 

 

ボーカルレッスン受け放題プランについての詳細やお問い合わせは以下、HPからどうぞ!

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

 

 

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

最近、冷房の効いた部屋で食べるアイスがたまらないです。まさに幸せです。
レッスン終わりの帰り道。
コンビニに寄るとガリガリ君と目が合ってしまい、買わずに帰れない岡田でした。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み