mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.06.16

カラオケで緊張して歌えない!オススメの対策とコツ

ボーカル講師の岡田です。

皆さんGWはいかがお過ごしだったでしょうか?
私は家族の東京案内で有意義に過ごさせていただきました。
今日は「人前で歌うのは緊張する!」という方への対策やコツをお伝えしていこうと思います。


会社の付き合いで。
学校のサークル仲間と。
いろんな場面でカラオケに行き、歌わないといけないという場面に出くわすこともあると思いますがそんな時、緊張してしまい上手く歌えないと悩んでいらっしゃる方は多いようです。
歌う時の緊張を改善する対策やコツを知れば突然のカラオケでも怖くない!

緊張していつもより上手く歌えなくなる原因

なぜ歌う時に緊張してしまうのでしょうか?
歌う時に緊張する原因は以下のようなことが考えられます。
ちょっとしたアドバイスを交えながら解説していきましょう。

周りの人に歌を聴かれていると強く思うから

これについては緊張してしまうという方の多くが感じているはずです。
みんなでカラオケ、ワイワイガヤガヤしていれば、まだ良いのですが改めてじっくり聴かれるのは緊張するものです。
周りに気を取られてしまう人は曲の世界観にできるだけ集中するようにすることで多少緩和されます。
また、選曲はしっとりしたバラードではなく少しアップテンポで盛り上がるような選曲にすると良いでしょう。


カラオケで自分の声がマイクを通して直接聴こえて動揺してしまうから

普段あまりカラオケに行かないような人が会社の飲み会帰りや学校の友達とカラオケに行くことになった時にこの緊張は起きます。
カラオケボックスでは自分の声がマイクを通じてかなりはっきり聴こえてきます。


自分の歌声を聴いて自分で動揺してしまい歌どころでは無くなる状態です。
たまには一人でカラオケに行くなどして自分の声がマイクからはっきり聴こえてくることに慣れておくと良いでしょう。

自分の歌、声に自信がないから

これは上記の「自分の声が聴こえて動揺する」と重複する部分ですがこの自分の声に自信がないというのは皆さん大なり小なりお持ちかと思います。
声は多少生まれ持ったものでもあり、人それぞれ声質や音域も全然違うので人と比べてしまうのも仕方ないでしょう。
自分の歌声を日頃から録音するようにして日常的に自分の歌声を聴くようにしてみてください。
声は歌った時と録音して後で聴いた時とで違います。
録音を繰り返し聴くことで自分の声を客観的に冷静に聴けるようになりますし、録音する癖をつけると歌も上達して動揺することもなくなりますよ。

寝起き、または1日声を出していない状態でいきなり歌ったから

寝起きでカラオケをするというシーンはなかなかないと思いますが1日声を出していない状態というのはスポーツをする前にストレッチをしてない状態のようなものです。


声帯を含めて身体も固まった状態なのです。
その状態でいきなり歌うと柔軟さのない緊張しやすい歌声になります。
首を回したり表情を上げ下げしたりして少しほぐした状態で歌うようにしましょう。

突然のカラオケでも緊張しないで伸び伸び歌うための解決策

突然カラオケにいくことになった!そんな時に緊張しているあなたに有効な解決策をいくつかご紹介していきましょう!

ボイトレの観点からも柔軟は効果的!身体から緊張をとる。

歌うということは声を作る声帯周りはもちろんなのですが身体も密接に繋がっています。
声が緊張する時には特に身体の中でも足、肩が関係していると言われています。
足首を回す、肩を回すなどして身体の緊張をとることで声の緊張も緩和されていきます。


表情も柔軟にするだけで緊張緩和。

声帯だけで歌うわけではなく口を開き表情筋や舌などを動かして声を出すのです。
そして緊張とは硬直している状態です。
この表情筋などの顔の筋肉や舌などが固まってしまい上手く歌えなかったり声が出にくかったり、裏返ったりします。
この顔周りを柔軟にすることで緊張が緩和されてリラックスし、伸び伸びと歌うことができるのです。
すごくシンプルな方法ですが表情筋を上げたり下げたりするだけで良いです。




歌う時の脱力には顔周りをほぐすことが大事です。

人が歌っている時に一緒に歌う!おすすめはハミング

カラオケに行って他の人たちが歌っている最中はカラオケでのウォーミングアップにおすすめです!
他の人が歌っている曲に合わせてハミングをしてみましょう。


他の記事でも何度か書きましたがハミングはボイトレ時にはかなりたくさんの効果を発揮します。
喉声改善、腹式呼吸のマスター、脱力、声量アップなど。
ハミングの効果の一つにこのウォーミングアップというのがあります。
まだ喉が温まっていない状態で歌っても声帯は柔軟には動いてくれません。
他の人が歌っている間にハミングで一緒に歌うことで喉は柔軟になっていきます。

今日は突然のカラオケでもリラックスして歌うための対策についてお話していきました。
リラックスのコツを知れば苦手だったみんなとのカラオケも楽しいものになりますよ!
どうぞお試しあれ!

 

 

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

ヨガや体幹トレを取り入れた「これが歌の練習?」と思われるようなユニークなボーカルレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み