mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.04.28

ボーカルレッスンの評判を生徒さんに直接聞いてみた

最近買ったマスクがお気に入り。ボーカル講師の岡田です。



私はミオンミュージックスクールでボーカル科講師として、長らくボーカルレッスンをさせていただいています。

私がボーカルレッスンでいつも大事にしていることはニュアンスだけでは伝わらない、
でもその傍ら音楽はニュアンスも大事!ということです。
なんだか訳が分からないことを言っているようですが今までのボイストレーニングの考え方がどうもしっくりこなくて自分なりにいろいろ考えていました。
今、考えるとボイストレーニングでよく言われる「遠くに声を飛ばすように」とか、



「〜のイメージで」



というニュアンス先行の表現がどうもしっくりこないんだな、と妙に納得しているところです。
確かにニュアンスで伝わればもちろんそれが一番良いです!
手っ取り早いし、やっぱり感覚で覚えたものはなかなか抜けませんからね。
ボイトレもやはり最後に大事なのはニュアンスです!

ただ、ニュアンスで分からない時にどうするか、という次の手段として私はイメージではなく、もっと具体的で10人いれば10人全員が分かるような別の視点からのアドバイスが出来ればなーと思いながらあれこれメソッドを考えてきました。

今ではヨガを取り入れたり、マイクの代わりにペットボトル持たせたり、レッスンで急にガム噛んでもらったり。笑



私のレッスンを受けていないと謎だらけの一見「本当に歌の練習なの?」って疑問を持たれるであろう練習メニューをたくさん取り入れているんですがこれがまた分かりやすいと言っていただけるものだから、このミオンメソッドを今更やめるつもりもないわけです。笑

とはいえ、こんな変わったボーカルレッスンを受けていただいている生徒さんたちは実際のところ、ミオンのボーカルレッスンをどう思っているんだろう?ということで!

今回、実際にボーカルレッスンに通われている方に直撃インタビュー!
もうお世辞とか抜きで生徒さんにぶっちゃけてもらおうという企画を敢行!!

ボーカルレッスンについて評判を聞いてみよう!生徒さんの声

今回インタビューに答えてくれたのはボーカルレッスンに通ってもうすぐ3年になる小宮山さん。

そんな小宮山さんもレッスンを始めた当初はボイトレ初心者の方でした。
それでは率直な意見を聞いていきたいと思います!

ボーカルレッスンを受けるようになったきっかけは?歌のどんなことが悩みでしたか?

岡田先生:それでは早速、小宮山さんにズバリいろいろお聞きしたいと思います!

小宮山さん:最初は友人の紹介でした。

友人たちとコピーバンドをすることになりボーカルになったのが音楽のきっかけ

小宮山さん:ボーカルレッスンに通う前もコピーバンドを組んでいて6〜7年バンド活動していたんです。

音楽はもともと好きでよくライブハウスにも観に行ったりしていたのですが友人たちとバンドを組むことになって自分でもライブを始めることになりました。

ライブをするようになり独学の限界を感じてボイトレに通うことを考えるようになる

小宮山さん:ライブをするようになり、プロの人たちの歌を聴いて自分と比べるようになり、明らかに違うと痛感してしまったんです。
これはもう独学ではどうにもならないなと感じていた矢先に新しいバンドを組むことになったのですが、そのバンドメンバーがみんな自分より遥かに上手い人達だったんです。

足を引っ張ってはいけないという思いもあり、良い機会だしボイトレを受けようと考えました。

急に歌が上手くなった友人の勧めでミオンのボーカルレッスンを受けることに。

小宮山さん:ボイトレを受けようと考え始めた時にとあるライブを観に行ったんです。
そのライブは何年も通っているバンドのライブでそこのギターボーカルの方が明らかに以前より歌が上手になった、歌が変わったと思って驚いたんです!
それで話を聞いたら「良い先生がいるよ!」とミオンミュージックスクールを紹介してもらったんです。

私も何かが変わるだろうなと期待してミオンミュージックスクールに入学しました。

歌に抑揚がなく、叫んでしまう発声に悩んでいた。

小宮山さん:歌に抑揚がないところ。
そしてバンドで長い間、歌っていたんですが声をとにかく張り上げて叫んでしまっていたのでもっと楽に抑揚もつけながら歌えるようになりたいと思っていました。

ボイトレに通った人から失敗談も聞いて心配だったが実際は・・・

小宮山さん:ボイトレに実際に通った友人が何人かいたのですが失敗談もいろいろ聞いていたんですね。
先生と合わないとか、歌いたいジャンルを歌わせてもらえないとか、思った歌い方と違う歌い方になってしまったとか。

それもあってなかなかボイトレに通うことに足踏みしてしまっていたんですがミオンを紹介してくれた友人が「ここの先生は自分の声の良さを残しつつ、磨いてくれるよ」と言っていたので迷わず体験レッスンに行きました。

岡田先生:そこを心配する方はすごく多いですね。
ボイトレを受けると自分の声の良さもなくなっちゃうんじゃないか、個性がなくなっちゃうんじゃないかって。
それでボイトレ受けたいけどどうしようかなーって躊躇してる人は多いと思いますね。

小宮山さん:そうなんですよ。
まさにそれで私の友人もボイトレを辞めた人がいます。
岡田先生の場合は自分のやりたいジャンルでどんどん磨いてくれるし。

でも、最近はいろいろ余裕が出てきて先生に曲やジャンルも選んでもらってますよね。
先生に選んでもらった曲をレッスンで歌うと自分の新しい一面や弱点も見えていいのであえて課題曲を選んでもらってます。

ボーカルレッスンでバランスボールやヨガをすることになるなんて・・・!

岡田先生:ボーカルレッスンではどんな練習をされましたか?実際受けてみてどうでしたか?

小宮山さん:衝撃的で今でも鮮明に覚えているんですがいきなりバランスボールの上で横になって発声練習をさせられたんです!!

入学したばかりの頃にとにかく上半身が力んでしまう癖があってそれを改善するからといきなりバランスボールを持ち出してきたんですよ!
実際にそれで発声練習したら力みがとれるという不思議な練習でした。

岡田先生:バランスボールやりましたね!すっかり忘れてました!
でもあれは分かりやすかったでしょ!?しっかり重心がキープできて同時に上半身はリラックスできるし。

小宮山さん:バランスボールを使うかと思えば、急に別の日にはヨガのポーズで発声練習したり。笑
でも力みやすかった私にはバランスボールやヨガは本当に分かりやすかったです。
ここの力が抜けるだけで声がこんなに変わるんだとはっきり分かるようになりました。
力んではいけない所に力が入れられなくなる姿勢をあれこれ教えていただけるので不思議と楽に歌えるようになりました。

あの時の練習がすごく役立ってます!

岡田先生はどんな人ですか?

岡田先生:さてここからは自分で聞くのも聞きづらいんですが私はどんな人ですか?笑
もうこの際だから遠慮なくぶっちゃけてくださいよ!
レッスン以外のことでもいいですよ!

ボーカルレッスンはいつもとにかく明るく元気!

小宮山さん:一言で言うととにかく元気な人ですよね!
私、実は教える仕事をしているので自分の仕事とも照らし合わせたりするんです。

私も割と元気に教えてるタイプなんですけど、岡田先生のレッスンを受けて率直に1対1でこんなに元気に教えられるなんて!と衝撃を受けました。笑
でも本当にそれはすごいなと思っていて励まされます。

岡田先生:小宮山さんは日本語の先生なんですよね?
1対1で教えられることはないんですか?

小宮山さん:1対1で教えることもありますがこんなに元気に励ましながら教えてもらえるなんて・・・だからボーカルレッスンが続けられるんだなと思います。
気持ちが折れそうになっても頑張れます!

岡田先生:気持ちが折れてたら歌えないですからね!
歌は感情がモロに出るからレッスンの時はできるだけリラックスムードで歌ってほしいなーと思ってます。

小宮山さん:そうですね。
あとはとにかく岡田先生は褒めてくれる。褒めてくれるから伸びます〜。笑
私、褒められて伸びるタイプなんで!

岡田先生:そんな褒めてます?
本当に良かった時しか褒めてませんよ!笑

知らない音楽をたくさん教えてくれる

小宮山さん:あと岡田先生の印象でもうひとつは音楽の幅が広いなと思います。

自分が歌ったことがない曲や知らない音楽を私のためにやった方がいいよと提案してくれてその提案もすごく的確でこの曲を練習して良かったなといつも思います。
いざ聴いているとだんだん知らなかったジャンルの曲も好きになりますし。

初めて発表会に出た時のきっかけは?感想は?

岡田先生:初めて発表会に出た時のこと覚えてます?

小宮山さん:初めて発表会に出た時のきっかけはアコースティック系の発表会に出てみないか?と誘ってもらったことです。

今までバンドでしか歌ったことがない私に新しい経験だし楽しいよと弾き語り形態でのイベントに誘ってもらいました。
私は弾き語りはできないのでギターレッスンに通われている同世代の女性を紹介していただき、一緒に出演させてもらいました。

最初の頃より力んだ発声は良くなってきていたし、アコースティックでの演奏はやったことがなかったのでこの機会にチャレンジしてみようと思って挑戦しました。

岡田先生:その時の率直な感想はどうでしたか?

小宮山さん:とにかくすごい緊張しました!!

岡田先生:何の曲歌ったか覚えてますか?

小宮山さん:椎名林檎さんの「丸の内サディスティック」です!
あとBUMP OF CHICKENの「ギルド」でした。

でも出演して良かったです!すごく勉強になったし楽しかったです!
発表会に出てみると歌うのがすごく気持ちよかったし、自信になりました。

バンドをやっていたのでアコースティックでしっとり歌うなんて想像もしていなかったけど今はアコースティックで歌う方がむしろ気持ち良く歌えています。

今後チャレンジしてみたいことは?




岡田先生:歌もかなり歌えるようになってバンドにアコースティックにいろいろ経験されてきた小宮山さんですが今後チャレンジしたいことは何かありますか?

小宮山さん:バンドやアコースティックはやりましたけど実は新しい目標があって「一人」で発表会に出てみたいんです。
緊張しやすい性格なんですけど誰にも頼れない状況で歌ってみたいんです。
ミオンの発表会にはカラオケを流して歌う方もいらっしゃるので次は私も・・・!
先生に背中を押してもらえればやりたいと思っています。笑

岡田先生:いくらでも押しますよ!是非やりましょうよ!
ソロでの出演はやったことないですしね!

小宮山さん:やりたいです〜。
まだまだやったことない曲もたくさんありますから。

ただこれまでボイトレをやってきて本当に良かったと思ってます!
カラオケでも今まではなんとなく知ってるだろうと思って歌ってみてうまく歌えなかった曲とかもサラッと歌えるようになっていたり自分でも上達を実感しますし、家族にも友達にも上手くなったねと言われるのでこれからも楽しく続けていきたいと思っています!

岡田先生:今日はインタビューにお答えいただき、本当にありがとうございました!
これからも楽しくやっていきましょうね!

ボイトレと共に軽音部でも活躍中!

今回インタビューに答えてくれた小宮山さんは現在、ミオンミュージックスクール内で行われているアンサンブル「軽音部」にも所属していてボーカルとして6月のバンド発表会にも出演されます!
アコースティック系発表会、バンド発表会にと大活躍中です!
今後の活躍も楽しみですね!

 

ミオンミュージックスクールでは初心者〜ベテランの方まで、世代もお子さんからシニアの方までさまざまな方が通われています!

ボーカルレッスンに興味がありましたらお気軽にお問い合わせください!

 

ご要望にお応えして無料体験レッスンのお問い合わせフォームリンクを追記しました!

 

 

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

 

 

 

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

身体の使い方で本当に歌が上手くなるの?と疑問に思われる方にこそ体感してもらいたい。そんなレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み