mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.04.16

ボイトレする人は知っておきたい声の病気と対策

ボーカル講師の岡田です。
今日は、これからボイトレを始めようと思っている方、既にボイトレに励まれている方に読んでもらいたい声に関する病気についてのお話です。



喉を傷める原因には、いろいろなケースが考えられますがボイトレはバランスが大事。歌いすぎは何より禁物です。
どんなに理想的で喉への負荷の少ない歌唱法を手に入れたとしても所詮、喉は消耗品。
ボイトレに長く通われている生徒さんにもありがちなのですが正しい基礎の発声法をマスターして喉が楽になった、気持ち良く歌えるようになったからと、長時間酷使しがちなのです。



理想的な発声法に自分の歌が近づいた所で声の出る仕組み上、声帯が閉鎖して擦れ合うことで声が出ていることには変わりありません。
正しい発声について触れる時、よく「喉が開く」と例えられますが声帯が開いているわけではないのです。
大事に使いたいものです。

歌う人に多い代表的な喉の病気と対策

歌を歌う以上、普段から声帯をよく使うでしょう。
そうなると必然的に喉を傷めてしまう可能性も出てきます。
歌う人に多い、喉の病気について触れていきましょう。

プロの歌手も手術したと話題になる事も多い「声帯ポリープ」

皆さんも耳にはしたことがあるでしょう。
ポリープは激しく炎症することにより、出血が起き、粘膜上皮下の血管が破れてしまい、血腫が出来てしまいます。
よくニュースなどでも歌手の方が手術をしたなどと話題になります。
現に声帯ポリープを発症したアーティストの方は、
・ATSUSHIさん(EXILE)
・平井堅さん
・YUKIさん
・福山雅治さん
・徳永英明さん
・Soweluさん
・鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
・前田亘輝さん(TUBE)
など挙げるとキリがありません。
歌手の方以外にもお笑い芸人さんや女優さん、アナウンサーの方など、やはり喉を酷使する職業に多く見られます。
「初期症状と原因」
一番最初に分かるのが声のかすれです。
ハスキーボイスになり、日常会話ですら、かすれます。
血腫が出来てしまい、喉や気道を狭めてしまい、かすれ声になってしまうのです。
風邪が悪化した時など、話し声も息しかでないような声になったことはありませんか?
その場合もポリープの可能性があります。
ポリープは軽度の場合、安静にすることで自然治癒するものですが症状が軽いうちに病院でしっかり診察してもらい、早めに治療を始めてください。
「対策」
声を酷使しないことはもちろんなのですが、日ごろから気を付けたいのが飲食。
辛い物は刺激になり喉の炎症の原因になります。
そして鍋などとにかく熱いものや、辛い物、逆に冷たい氷や水など、温度差も刺激になってしまうので注意が必要です。

ポリープに続いて多いと言われる声帯結節

声帯ポリープと何が違うのか?
ポリープは高い声を無理やり出したり、大きな声を出すことで出血することから始まります。
声帯結節は大きな声を出し続けることにより、声帯の粘膜が固くなり、たんこぶのような状態になります。
ちなみに私も2年前にこの声帯結節の治療を受けています。
その際は声楽専門の病院で治療を受けましたがやはり声帯結節もほとんどが声を使う職業の方とのことでした。
慢性的な声帯の擦れ合いにより、声帯の粘膜が固くなりやすく、歌手などのように日常的に声を張る習慣のある人は再発率も高いため、別名で歌手結節とも呼ばれることもあるそうです。
最近でも、
・川上洋平さん(Alexandros)
・日高光啓さん(AAA)
・岡井千聖さん(℃―ute)
などが発症しています。
「初期症状と原因」
原因は前述したように、声を出し続けることにありますが声帯結節は風邪が起因する場合もあるそうです。
初期症状はガラガラ声になり、声帯にたんこぶが出来た状態なので圧迫されて息苦しさもあります。
軽度の場合はポリープと同じく自然治癒できるのですがとにかく早めに専門機関で診てもらうに越したことはないです。
「対策」
喉をできる限り酷使させないこと。
それから喫煙なども大きく影響すると言われています。
声帯の粘膜が固くなるのは体質もあるそうで一度の発症した方は再発率も高いと言うことだそうです。
発声時は少しでも声帯を潤滑にしておくこと、乾燥させないことが重要です。

ボイトレも休み休みやる。頑張りすぎない。

今日お話しした声帯ポリープと声帯結節以外にも様々な喉の病気はありますがとにかく喉は消耗品。
休み休み行ないましょう。



一日に人がパフォーマンスを保った歌が歌える時間は2時間とも言われています。
もちろん喉が強い人、弱い人というのはあるのでこの2時間という目安は一概には言えませんがボーカルレッスンを通じていろんな方の歌を聴いていてもだいたい良い線をついているな、と思います。
それ以上の練習は喉を疲労させるだけ、パフォーマンスを低下させるだけです。



そしてそんなに人間、集中力も保てません。

酷使しすぎないように気を付けながら上手にボイトレに取り組んでいきましょう。

東京の初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み