mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.06.08

雨の日に歌いたいオススメの名曲、人気曲〜厳選10曲〜

皆さんこんにちは。ボーカル講師の岡田です。

春夏秋冬、四季を目一杯感じられて日本に生まれてつくづく良かったなと思います。

 

だがしかし!

 

梅雨でジメジメしたこの季節は大嫌い!

私は傘をさすのが嫌いなんです。

もしかしたら私の前前前世は外国人だったかもしれません。

ポツポツ雨が降り始めても「これくらいの雨なら大丈夫だろう!」と強がった結果、風邪ひいちゃったりなんかして。

 

そしてとうとう今年も梅雨入り!

 

こんなジメジメした季節を思いっきり歌って吹っ飛ばす!

歌えば元気になれます。前向きになれます。
気分が晴れます。天候も心なしか良くなってきたような気もします(?)。

というわけで今回はこんな雨の季節にピッタリの名曲から、
ボーカルレッスンでも人気のオススメ曲までをワンポイントアドバイス付きでご紹介しちゃいます!

雨の名曲。歌うなら絶対コレだ!厳選した5曲

雨にまつわる曲はたくさんあります。

その中でも特にオススメの名曲を厳選してご紹介していきましょう!

 

レイニーブルー(徳永英明)

数々の名曲を残してきた徳永英明さんの代表曲の一つでもある「レイニーブルー」。

最近ではカバーアルバムも続々と発売されて精力的に活動されている徳永英明さんですがこの曲はカバーされることも多く、EXILEのATSUSHIさんなどもカバーしています。

この曲を歌うときにはラストのサビ終わりのメロディが変わるところからとにかく音程が高いので、高くてきついと感じたら無理に地声で歌おうとせず裏声も使いながら優しく歌い上げるのもアリかなと思います。
高い音程を無理して歌うと聴き苦しく感じるような歌い方になってしまうので無理せず曲のイメージを大事に歌いましょう。

 

ENDLESS RAIN(X)

弱いとか悲しいとかそういったイメージの多い雨の曲ですがこの曲は邦楽史上「最も強い」雨の曲ではないでしょうか。笑

この曲はとにかく音程が高い!本当に高い!笑
無理して歌うと本当に喉を痛めます!
もし歌うなら声を出していない状態からいきなり歌わない!
そしてボイトレをしっかり学んでからトライしてみてください。笑

 

真夏の通り雨(宇多田ヒカル)

日本を代表するアーティスト宇多田ヒカルさんが久しぶりに新曲を出したと思えばこの名曲です。さすがの一言です。

宇多田ヒカルさんの曲全般に言えますが歌うポイントとしては、

宇多田さんの歌い方で皆さんがすぐに実践できる特徴として
囁くように歌う「ウィスパーボイス」と「裏声」があります。

全体的に優しく、囁くように。

そして地声と裏声の併用がたくさん出てくるので
どこからが裏声に切り替わるのかをよくチェックしてから歌うと良いでしょう。

 

Rain(秦基博)

大江千里さんの曲を秦基博さんがカバーしたこの作品は、
「君の名は」で大ヒットした新海誠監督の作品「言の葉の庭」のエンディングテーマでした。

この曲は一番高い音程でもかなり低いため注意が必要です!

キーが低いとどうしても音程が合わせづらくなったり滑舌悪くなったりしてしまうので歌う際は、
歌の譜割りをよく覚えてからはっきり歌うようにすると良いでしょう。
フレーズの入りに特に注意しながら歌うとリズムがしっかり出て盛り上がれると思いますよ!

 

Rainy Days And Mondays(Carpenters)

日本でも根強い人気を誇る兄妹デュオ「カーペンターズ」の雨の名曲といえばコレ!

サビの最後にフレーズ「Rainy days and Mondays always get me down…」は沁みる名フレーズです。
雨と月曜は憂鬱なものですよね。

この曲を歌う時に気を付けたいことは、

・フレーズ頭の入りはしっかり、語尾は囁くように終わる。

これだけで随分カーペンターズになれちゃいますよ!

そして是非一緒にハモれる人を探してください。

素敵なコーラスワークはこの曲の醍醐味。一人で歌うのもいいですが数人で歌いたいですね。

 

雨の人気曲。ボイトレで歌うなら外せない5曲を厳選!

 

Squall(福山雅治)

福山雅治さんの曲はどの曲も音域が低く歌いやすい曲が多いです。

特にこの曲は音域が低く、ゆっくり歌えるバラードですのでボイトレを始めて間もない方は、
発声に集中できておすすめの曲です。

有名な曲なので上手に歌えるようになればカラオケでのレパートリーにも良いですね♪

 

雨あがりの夜空に(RCサクセション)

バンドの発表会などでもよく演奏されているこの曲。

メロディーがあまり急激に動いたりしないで適度に声も張れる高さなので、
男性のボイトレには非常にとっつきやすくてオススメですよ〜。

 

サボテン(ポルノグラフィティ)

数々の名曲を生み出してきたポルノグラフィティの中でも初期の名曲と呼ばれているバラード「サボテン」。

ポルノグラフィティは音域も広くリズムも複雑で、基本的には難しい曲が多いですがこの曲は歌のメロディーもシンプルで歌いやすいです。

これからの時期にピッタリな1曲でした。

 

Rain(YUI)

今も中高生から大人の方たちまで幅広い支持を得ているYUIさんの曲の中から雨の1曲をご紹介。

YUIさんに憧れて弾き語りをしたいとレッスンに来られる方も非常に多いです。

YUIさんの曲は全般的に歌いやすいので、
音程やリズムなどをしっかり確かめながら歌うにはちょうどいい曲が多いのです。
音域もそこまで高くないのでボイトレ始めにはオススメですよ。

 

最後の雨(中西保志)

最後に昭和の名曲です。

この曲も発売後、数々のアーティストにカバーされたカラオケでも人気ナンバーですね。

サビも部分的に少し高いフレーズが出てきますが、
それはかえってボイトレでやる曲としては良いと思います。

一音だけ高い音程が出てくるくらいが発声がまだ安定していない段階の方にはコツをつかむのに打ってつけだからです。

ボイトレで選曲に悩んでいる方はとりあえず練習曲としてこの曲から始めてみてください。

 

初心者専用音楽教室 自分の声が好きになるミオンボーカルスクール!

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

ヨガや体幹トレを取り入れた「これが歌の練習?」と思われるようなユニークなボーカルレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み