mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2018.04.17

裏声を上手に出したい!ボーカルレッスンでも実践する裏声練習フレーズ集

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

先日は半年に一度のアコースティック系発表会『アコースティックスタイル』が開催されました〜!今回は下北沢での開催でした!
ベテランさんはもちろん、とってもフレッシュな出演者たちも多かったのですごく楽しい一日になりました♪

 

さて先日、地声練習フレーズについて特集しましたが今日は前回に引き続き、裏声練習フレーズについて解説していきたいと思います!

 

裏声って地声以上にちゃんと出すの難しいですよね!でも安定した裏声で歌えるようになりたい!
ミオンのボーカルレッスンに通われている方も最初は結構苦戦してます!
今日はレッスンでも実際にやっている裏声練習フレーズを特別に大大大公開しちゃいます!!!

 

裏声を強化するには輪状甲状筋のトレーニングを!

裏声ってそもそもどうやって出ていると思いますか?
裏声を出すために働いているのが「輪状甲状筋」という筋肉です。
これは声を出すために閉じた声帯をさらに下に引っ張って声を高くしている役割を担っています。
ギターの弦をイメージしてもらうと分かりやすいのですが太い弦は音程が低く、細い弦は音程が高いんです。
「輪状甲状筋」が声帯を下に引っ張って声帯を引き伸ばし、高い音を出しているわけです。(輪ゴム引っ張ると細くなる的な)

 

だから裏声になると地声じゃ出ないような高さも楽に出るんですよね。
この輪状甲状筋が発達することで裏声をしっかり出せるようになったり、裏声の音域を拡げたりすることに繋がるのです。

 

ボーカルレッスンでも効果的だった!裏声を強化する練習フレーズ!

それでは実際にボーカルレッスンでも行われている裏声練習の中でも特に効果的だった練習メニューとフレーズをご紹介していきます!
今回も男女別に練習用音源を用意しましたが自分の音域に合った音源を活用してください!

 

裏声強化に適した発音で練習フレーズを歌ってみる!

地声練習の特集では地声に適した発音での練習をオススメしましたが同じく「裏声を出しやすい発音」というものもあります。
裏声が出しやすい発音を練習に組み込んでみましょう。

 

裏声練習エクササイズ①「ハ行発音による音階練習」

 

ハ行は息抜けが多く、裏声に転じやすい発音です。
以下の音程を「ホー」という発音で下ってみましょう。
大きな声で力強く声を出してしまうと地声になってしまいますのでリラックスを心がけて裏声で歌うようにしましょう。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

裏声練習エクササイズ②「ハ行でスタッカート練習」

今度は以下の音源に合わせて「ホッホッホッホッホッ」スタッカート(短く切って)発声していきます。
もちろん裏声で出します。
発声する際は、腰に手を当ててしっかり腹式で発声できていることを確認しながら練習しましょう。
この練習で輪状甲状筋の瞬発力が上がるのでとっさに裏声を出さないといけないようなフレーズでもスムーズに裏声が出せるようになります。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

裏声練習エクササイズ③「ハミングからの裏声へ」

以下の練習用音源に合わせてハミングで地声を出してみましょう。
そしてハミングで声を出したまま口を開けてみます。
「ん~あ~」という感じになりますよね。
この時、口を開けた瞬間に力強い裏声に切り替わると思います。
この練習で弱々しくなりがちな裏声をしっかり、はっきりとした発声で出せるようになります。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

裏声練習エクササイズ④「裏声の声量をコントロールする練習」

以下の音程に合わせて「出来る限り小さな声で裏声」を出していきましょう。
そこからだんだん大きくはっきりした裏声に移行してみましょう。
最初はなかなか綺麗に移行できないと思いますがだんだん声帯のコントロールが安定していきます。

 

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

 

裏声練習エクササイズ⑤「裏声で限界の低音域まで発声してみよう」

「ホー」の発音で裏声を歌う。
そのまま練習音源に合わせて音程を下っていきます。ただこの時、地声で出さずに練習音源の最後まで裏声だけで歌ってください。

 

裏声にも音域があります。
この練習により、裏声の音域が拡がるので曲中でも安定して裏声を使えるようになります。

 

練習音源(男性)

 

練習音源(女性)

 

 

今回は「裏声」の練習についての特集でした!
地声練習の記事と同じくミオンのボイトレでも実践している内容ばかりでした!
次回は地声と裏声を併用したさらに難易度の高い練習方法について詳しく解説します!
お楽しみに〜♪

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

ヨガや体幹トレを取り入れた「これが歌の練習?」と思われるようなユニークなボーカルレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み