mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2018.04.12

ボイトレは地声から!レッスンでも効果的だった地声練習フレーズ集

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

先週はミオンのイベントで花見を開催しました!
花粉の過剰摂取におびえていたのですが無事問題なく、盛大に楽しいお花見(ほとんど呑んだくれただけ。笑)となりました!

 

さて今日は『地声』にスポットを当てたお話です。
地声で歌うにも弱々しくなってしまったり、高音になるときつくなってしまったり。
安定した地声を出すのもなかなか難しいですよね。

 

今日は『地声』を強化するために普段、ミオンミュージックスクールのボーカルレッスンでも実践している練習フレーズを大公開しちゃいます〜!

 

地声発声を上達させるには閉鎖筋がカギ!

地声を強化すると音程が安定したり、高音域もはっきりした声で出せたり、疲れにくくなったりと良いことだらけ!

 

地声を発声する際には「閉鎖筋」という筋肉が働いて声帯同士を振動させることで声が出ています。
左右に位置する2つの声帯の周りを首輪のように閉鎖筋が繋がっていて声を出すときに閉鎖筋が締まることで声になっているという感じです。なんだか想像すると恐いですが。笑

 

この閉鎖筋の筋力や柔軟性を高めることで地声が強化されていきます!
この閉鎖筋を十分に動かして地声を強化するための練習フレーズについて次で解説していきましょう。

 

ボーカルレッスンでも実践!地声を強化するための効果的な練習フレーズ!

地声を強化するための練習について説明していきます。

 

地声強化に適した発音で練習フレーズを歌おう!

まずは地声強化するための発声練習として以下のような発音で発声してみましょう。
音階練習用の簡単な音源を用意したので音源に合わせてやってみましょう!

 

地声練習エクササイズ①「マ行で音階練習」

マ行は一度口を閉じて開けないと発音できません。
マ行での発声練習は声の瞬発力を上げるのに効果的なのでボーカルレッスンでも積極的に取り入れています。
以下の練習音源に合わせてすべて「ま」で発声してみましょう。
男女別に音源を用意しましたが自分に合った音域の方をお使いください。

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声練習エクササイズ②「マ行で音階練習」

続いてもマ行での発声練習フレーズです。
以下の音源に合わせて「マメマメマ」と発音していきましょう。
今度はなかなか早くて大変ですが「素早くハキハキと」を意識して頑張ってついてきてくださいね!

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声練習エクササイズ③「濁音で音階練習」

ここからは濁音での発声練習。
濁音での発声は地声の源、「閉鎖筋」に直接働きかけるため、地声強化には即効性のある練習なんです!
濁音でも特に「ガ行」はオススメです。
以下の練習音源に合わせて「ガッ!ガッ!ガッ!ガッ!」とスタッカートで歌ってみましょう。

 

「ガ」の発音の前に小さく「ん(N)」を入れると分かりやすいですよ!

 

発声イメージ)が!が!が!が!が!

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声練習エクササイズ④「エッジボイスで閉鎖筋を鍛える!」

地声を安定させるために不可欠な閉鎖筋の強化。
これに打ってつけなのが「エッジをかけた発声練習」。

 

過去の記事でも何度か紹介しているエッジボイス。
何度も紹介してるくらいなので超オススメってことですよ!
ボイトレにおいて大活躍のエッジボイスですが特に安定させにくい低音域~出しづらい高音域まですべての音域の地声を安定させることに繋がるんです!
もう練習に取り入れないわけにはいかないですね!

 

練習方法ですが最初は声にならないくらい低い音程からエッジをかけながら以下の練習音源の音程まで引きずり上げてください。
早く音程を付けようと焦ってしまうとうまくエッジがかからないのでゆっくり小さな声で良いです。
参考音源を聴きながらやってみてください。

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

地声練習エクササイズ⑤「出せる限界の低さまで発声する」

これも以前、ハイトーンを出すための練習として紹介しましたがハイトーンを地声で出すのも閉鎖筋の筋力が不可欠です。

 


低くなればなるほど安定して出しにくくなります。
低音まで安定して発声する練習をすることで閉鎖筋のコントロールが上達します!
結果、地声の強化になるのです!
音域は人それぞれなので皆さんの出る音域までで結構です。
大事なのは震えないように真っ直ぐ安定して出すように心がけること!
これは口を開けずにハミングで練習してみましょう。

 

 

練習音源(男性用)

 

練習音源(女性用)

 

 

今回は「地声」の強化につながる練習について説明しましたがどれも実際にボーカルレッスンでやっている内容ばかりでした!
次回は裏声の練習方法について詳しく解説しようと思います!
お楽しみに♪

 

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

ヨガや体幹トレを取り入れた「これが歌の練習?」と思われるようなユニークなボーカルレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み