mion music school

音楽をはじめるために
知っておきたいこと-初心者にオススメのギター・ピアノ・ボイトレの話- ボーカル

ボーカル 2017.12.12

人気のクリスマスソング特集!ボイトレの練習曲にもオススメ!〜15選〜

こんにちは!ボーカル講師の岡田です!

 

もう今年もあと1ヶ月!早い!
12月に入り、世間はクリスマスムード一色ですね!

 

今日はこの時期にピッタリの話題!
クリスマスソング特集〜!!

 

ボーカルレッスンでも人気でオススメのクリスマスソングをご紹介していきたいと思いまーす!

 

歌に自信がないという初心者の皆さんにもオススメ!クリスマスソング5選

それではまずはボイトレ初心者からでもチャレンジしたいクリスマスソングの名曲をご紹介していきましょう!

 

クリスマス・イブ(山下達郎)

邦楽史上、最も有名なクリスマスソングと言っても過言ではありません!

クリスマスの時期になると毎年チャートランクインしていて、「日本のシングルチャートに連続でチャートインした最多年数の曲」でギネス記録にもなっています。

 

この曲は聞き馴染みのあるメロディで音程も一部フェイクを除いてそこまで高くないので初心者にとっても練習曲に打ってつけです!

 

いつかのメリークリスマス(B’z)

日本を代表するロックバンドといえば「B’z」

そんなB’zが1992年にリリースしたクリスマスソング。
今までもさまざまなアーティストにカバーされてきた名曲ですが最近ではMr.BigのVocal、エリック・マーティンがカバーしたことでも話題になりましたね。

 

B’zといえばパワフルでハイトーンな印象が強いですがこの曲は音域も全般的に高くなく、一番高い音でも最後のサビに1音だけhiA(ラ)が出てくる程度です。
あまり歌い慣れていない方にもオススメの曲と言えます。

 

メリクリ(BoA)

もともと声が高いという女性の方にオススメの曲がコチラです!
K-POPアーティストの先駆けと言えるBoAさんのクリスマスソングです。

 


裏声を多用していて一見難しそうに聴こえますがそうでもありません。
地声と裏声を自由に行き来するのはテクニックが要求されますが地声から裏声への移行だけならそこまでの難易度ではなく、むしろ裏声の実践的練習になって良いのです。

 

冬がはじまるよ(槇原敬之)

槇原敬之さんが1991年に発売したこちらの曲はビールのCMソングだったんですね!

しっかり歌詞にビールを入れるあたりさすがです。槇原さんの楽曲は作曲家としても作詞家としてもリスペクトです。

 

本音を言えば、個人的にチキンライス(浜田雅功と槇原敬之)を推したいところでしたがリズムが難しいので今回は「冬がはじまるよ」に軍配!笑
でもチキンライス(浜田雅功と槇原敬之)もかなりの名曲なのでぜひ聴いてほしい!歌ってほしい!笑

 

恋人がサンタクロース(松任谷由実)

これまたクリスマスの定番ソングですよね。

 

ユーミンはキーが低い女性でも歌いやすい音域なので練習にはとっても良いですよ~。
ユーミンソングは音程が難しい曲も多い中、メロディの難易度も低い曲でなおさらオススメです!

 

自信があればチャレンジしたい!レッスンでも大人気のクリスマスソング!5選

ここからはちょっとだけ難しいなー、でも良い曲だなーってクリスマスソングを紹介していきます!

 

白い恋人達(桑田佳祐)

桑田佳祐さんがソロで出されたこちらの楽曲。

 

MVではピアノの弾き語りを披露されています。
この曲はずば抜けて難しいというわけではないのですが特有の桑田節で音程が取りづらかったり、ブレスのタイミングが難しいという理由で記載しました。

リズムに関しては良い練習になって良いと思います。

 

Winter,again(GLAY)

はい。サビ高いです。
しかも後半にかけてこれでもかというくらいに最高音付近を連発しなくてはいけないため、まるでボディブローを食らっているかのように疲れます。

 

この頃のGLAYの曲にこのタイプの曲が多く、こういったハイトーンのフレーズが何度も出てくるような楽曲を歌う際はヘッドボイスを習得しておくと難なく歌えます。

 

ヘッドボイスについても以前ブログで紹介していますので詳しくはコチラをご覧ください!

ヘッドボイスとは?出し方やコツ、練習法まで一挙に公開!

 

DEAR…again(広瀬香美)

もうね、冬の女王ですよ。

この方をクリスマスソング特集で特集しないわけにはいかないですよ。
広瀬香美さんの声色(声の響かせ方などで変わる音色)の使い方が非常に上手です。

 

本当に参考になります。ぜひこの冬にチャレンジ!

 

クリスマスソング(back number)

最近の新定番クリスマスソングといったらこの曲がまず思い出されるのではないでしょうか。

中高生をはじめ人気の「back number」よりコチラの1曲。

バクナンの楽曲は歌詞が詰まっていたり地声裏声の行き来が多かったする曲が多くて息継ぎが大変なんですよね。

基本的な発声が出来ていないと息が続かず歌えない曲でもあります。

 

雪の華(中島美嘉)

中島美嘉さんは最低音もなかなか低くてサビは高いので音域が広くないと歌えません。

そしてクリスマスソングはこの曲をはじめ、バラードの名曲も多いです。
ここまで紹介してきて今更ですがバラードは誤魔化せません!

 

発声も安定していて歌唱力がないと聴かせられません!
皆さん頑張って歌の練習しましょう(他人事)!笑

 

最後に名曲揃いの洋楽!クリスマスソング5選

最後に洋楽枠だー!
クリスマスが特別なのは日本に限った話じゃありません!

 

洋楽のクリスマスソングを紹介していきましょう!

 

Last Christmas(Wham!)

今、思い返せば私が生まれて初めて自分のライブでクリスマスソングを歌ったのがこの曲だったような。
遠い記憶ですが!笑

Wham!のジョージ・マイケルが2016年12月25日(クリスマス)に亡くなられた時は、そんな偶然あるのかと驚いた方も多かったのではないでしょうか。

3コードや4コードの少ないコード進行で弾けるので弾き語りにもおすすめです!

 

Happy Xmas(War Is Over)(John Lennon)

ベトナム戦争への「争いを止めよう」というポジティブなメッセージが込められているジョンレノンとオノヨーコによる名曲です。

 

クリスマスの曲にラブソングが多い中、メッセージソングとして語り継がれる名曲となったあたりはさすがジョンレノン様です。

 

All I Want For Christmas Is You(Mariah Carey)

この曲、何度もボーカルレッスンでやってますけど難しすぎ!笑

毎年、苦しみながらクリスマスまでに歌えるようになる!と意気込んでたくさんの生徒さんがチャレンジしています。

 

もちろん歌えるようになった生徒さんはミオンのクリスマスパーティーで盛大に披露しています!もちろんどや顔で!笑

 

ジャスティンビーバーとデュエットもしているので今回はコチラを貼っておきます!ご覧ください!

 

Santa Claus is coming to town(ジャクソン5)

邦題でいう「サンタが街にやってくる」ですね!
ジャクソン5もカバーしていますがマイケルジャクソン上手すぎ!笑

 

Someday At Christmas(Stevie Wonder)

洋楽を聴く時、よく和訳を調べたりするのですがこの曲の歌詞を紐解きながら聴くと本当に良い!
詞と曲が相まって本当にクリスマスの名曲です!

 

そしてこの曲はスティーヴィー・ワンダー本人が書いた曲ではありませんがこの音源を含めてクリスマスアルバムを発売したのが17歳。恐ろしい。笑

 

今回のクリスマスソング特集はいかがでしたでしょうか?

 

いざクリスマスソングを選ぼうと思ったら名曲がありすぎて選びきれませんでしたが今回はこのへんで。
今日ご紹介したクリスマスソングを今から練習すればクリスマスには間に合うかも!?

 

ミオンのボーカルレッスンについて生徒さんにインタビューした記事はコチラ!

 

ミオンミュージックスクールHPはコチラ!

ギター教室・ピアノ教室・ボーカル教室・ボイトレはコチラ!

image

この記事を書いた講師

岡田勇志(ボーカル講師)

ヨガや体幹トレを取り入れた「これが歌の練習?」と思われるようなユニークなボーカルレッスンをします。

\ この記事をシェアする /

  • facebook
  • googlePlus
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • socialButton
We’re mion music! たのしい講師があなたをお待ちしています♪
ミオンの無料体験レッスン お電話からでもご予約OK!ご気軽にどうぞ
  • 体験レッスン 詳細はこちら
  • 体験レッスン お申し込み